iPhone 12シリーズ発表!詳しくはこちら

ワイヤレスANCヘッドホン「Mu6 Space2」レビュー。2万円以下で恐るべきコスパ。ノイキャンヘッドホンのダークホース!?【PR】

右イメージ
SPONSORED LINK

こんにちは、三重野です。

「Mu6」というメーカーをご存知ですか?

マグネット式無線充電スタンドの「Mu6(ミューシックス)」で話題になったメーカーです。

この記事で紹介する「Mu6 Space2」は、アクティブ・ノイズキャンセリング(以下「ANC」)搭載の最新ワイヤレスヘッドホンです。

三重野
周囲の喧騒から逃れ、静寂の中、音楽や映像の世界に没入できるのは、やはり「ANC ワイヤレスヘッドホン」だと思います

早速、ご紹介しましょう。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

「Mu6(ミューシックス) Space2」のスペック概要

「Mu6 Space2」

Mu6 Space2」のスペックは以下の通りです。

製品型番Mu6 Space2
BluetoothバージョンBluetooth V5.0
対応コーデックApt-X,Apt-X LL,SBC,AAC
ノイズキャンセリング性能ハイブリッド式ANC
ANC有効周波数帯域20Hz~1000Hz
ANCピーク値40dB
連続再生時間20~25時間
充電USB-C、4時間
ワイヤレス充電なし
バッテリー容量800mAH
重さ約290g
ソフトウェアアップデートアプリ経由で更新
価格Makuake(クラウドファンディング)で「16,200円〜」

本機のノイズキャンセリングは、「ハイブリッド式」アクティブノイズキャンセリング(ANC)です。

何が「ハイブリッド」なのか?

それは、外側の集音マイク(フィードバック)と内側の集音マイク(フィードフォワード)の2つを搭載しているためです。

この2つを組み合わせることで、最大40dB(デシベル)騒音を減少させることができます

気になる価格は、定価24,800円ですが、クラウドファンディングでは数量限定で「最大40%オフの14,880円」で販売中です

一般販売価格24,800円
Makuakeでの特別価格14,880円~(最大40%OFF、 先着・数量限定)
Mu6
¥14,880
\ 先着・数量限定で最大40%OFF /

「Mu6 Space2」の特徴

アクティブノイズキャンセリング機能

ANCヘッドホン市場は、2020年現在SONYとBOSEの2強時代です。

新参メーカーのMu6は、そこにどう挑むのか?

Mu6 Space2」をレビューしてみて特に感じたのは、既成概念にとらわれないその商品力です

Mu6 Space2 の特徴
  • 洗練されたデザイン、高品質な仕上がり
  • ワイヤレスヘッドホンの密閉感とアクティブ・ノイズキャンセリング(文中、ANC)の没入感
  • クリアーな高音と深みのある低音、上質なオーディオ体験
  • 25時間連続再生可能なバッテリー
  • 伸縮部分はステンレス製で高い耐久性

デザイン、ANC性能、進化したタッチセンサー、専用アプリまで開発し、コスパの良さは、圧倒的と感じました。

洗練されたデザイン、高品質な仕上がり

耳当て

耳当ては、柔らかくふかふか、暖かいです(笑)
ついでに頭頂部も、ソフトパッドでふかふか。「L / R」もわかりやすい。

物理ボタン

電源とANC切替操作は物理ボタン

だから、イラッとする誤動作がない!

有線ケーブル

オーディオ有線ケーブルにも対応

電池切れでも使えます。

専用ケース

専用ケースは高級感があります。

伸縮ステンレス

伸縮部分はステンレス製

細部までしっかり作り込まれ、ソフトパッドのステッチなども丁寧で、完成度の高さには感心します。

右側はタッチセンサー対応。「外音取り込みモード」にも対応

タッチセンサー

右耳の外側はタッチセンサーになっていました。

  • 再生/停止
  • 曲送り/曲戻し
  • 音量上げ/下げ

などの操作ができます。

ユニークなのは、右耳カップ全体を手で覆うとトランスペアレンシー(外音取り込みモード)になることです。

僕は、取扱説明書を読むまで気づきませんでした(笑)

タッチセンサー操作方法

それから、

画面の真ん中、L側のカップ内部にあるのは、明るさセンサーです。

話しかけられたりして、とっさにヘッドホンを耳から外すとセンサーが反応し、再生が一時停止、そしてかけ戻すと、スーッと再生に戻ります。

そんな、きめ細かい賢い機能まで搭載されています、実に素晴らしい。

一時停止のタイミングや、かけ戻した時の再生はとてもスムーズで上質感があります(笑)

一度体験すると、その心地良さが忘れられなくなります。

Mu6
¥14,880
\ 先着・数量限定で最大40%OFF /

Mu6 Space2 の開封レポート

パッケージ

改めて、開封レポートです。
化粧箱からすでに高級感が漂ってきます。

箱を開けると、

開封1 上蓋裏クッション

なんと、蓋の裏にスポンジが貼られています。こんなところまで……。

ス・ゴ・イ。

開封

同梱品は以下です。

Mu6 Space2 の同梱品
  • 本体
  • 専用ケース
  • USB-C充電ケーブル
  • 2.5mm/3.5mmオーディオケーブル
  • 取扱説明書・保証書
  • メッセージカード
ガイド

取扱説明書は、日本語にも対応。

使う前に、まず充電。Mu6 Space2 の充電端子は「USB-C」です

USB-C

使い方は簡単です。初めて使う時、スマホなどとペアリングするだけです。

手持ちの iPhone SE、iPad mini 5、Galaxy Note8で、接続安定性や音の遅延についても確認しましたが、全く問題ありません

遅延についてシビアなゲームなどは、自己責任でお願いします

次からは、電源ボタンを「長押し」すると自動的につながります。

「Bluetooth Connected」という女性の音声ガイドが流れ、接続が確認できます。

なお、専用アプリが用意されていますが、インストールしていなくても問題なく使えます

現状では、ノイズキャンセリング機能の強弱程度しかコントロールできないので、インストール不要かもしれませんね。

詳しくは、後述します。

Mu6
¥14,880
\ 先着・数量限定で最大40%OFF /

有名メーカーにひけをとらない静寂感!「Mu6 Space2」はノイキャンがすごい

アクティブノイズキャンセリング機能

特徴は、記事の前半で紹介したとおりですが、「Mu6 Space2」の目玉機能は「アクティブノイズキャンセリング(ANC)」なので、重点的に紹介します。

仕事柄、エンジン音が凄まじい「船」に乗る機会が多いので、ANC効果には特に関心があるんです。

結論からいえば、「Mu6 Space2」のANCは、SONYやBOSEなど有名オーディオメーカーに引けを取らない完成度で、期待以上でした。

三重野
エンジン音が魔法のように消えます。

耳に負担を感じさせない自然なノイズキャンセリングは、お見事です!

「静寂がもたらすオーディオ体験」

は、まさに至福の時間です。

また、本機には周囲の音の取り込む「トランスペアレンシー(外音取り込み)モード」もあり、ヘッドホンを外すことなくスマートに会話をすることができます。

この切替動作(右耳カップ全体を手で覆う)も、スムーズで感心しました。

Mu6 Space2 のここがイマイチ

左イメージ

とても良くできたワイヤレスヘッドホンですが、強いて挙げれば以下の3点が欠点かもしれません。

イマイチな点
  • 知名度が低い
  • タッチセンサーの誤動作
  • 専用アプリの完成度がイマイチ

知名度が低い

Mu6は新興メーカーなので、知名度はありません。

なので、いいものを買い嬉しくなって知人などに自慢しても、理解してもらえないかも(笑)

でも、生み出すプロダクトは本物です!

タッチセンサーの誤動作

タッチ操作

タッチセンサーの欠点は、やはり誤動作しやすいことです。

センサー感度の問題ではなく、使い方の問題ですね。物理ボタンと異なり、操作には「コツ」があります。

「落ち着いてゆったりと操作する」余裕が解決してくれるでしょう。

専用アプリの完成度がイマイチ

取説・アプリ Mu6 Connect iOS Androidアプリ

「Mu6 Connect」という専用アプリがiOS、Androidそれぞれに用意されています。

しかしまだ、「未完成」のようです。ノイキャンの強弱程度しかコントロールできません

今のところは「無くても困らないかな」という印象です。

アプリをインストールしなくても、問題なく使えます
三重野
アップデートに期待してます!
Mu6
¥14,880
\ 先着・数量限定で最大40%OFF /

終わりに

右イメージ

専用アプリ以外の完成度は、驚くほどです。

クラウドファンディング「Makuake」で、4月10日から販売されており、最大40%オフで購入できます

Mu6への期待も込めて購入検討をしてみてはいかがですか?

ANC ワイヤレスヘッドホンのダークホースは、この「Mu6 Space2」かもしれません。

Mu6
¥14,880
\ 先着・数量限定で最大40%OFF /

ワイヤレスイヤホン・ヘッドセットに関する記事

AirPodsの登場以来、「完全独立型ワイヤレスイヤホン」が増えています。まだまだ、進化中の製品ですが便利なので是非使ってみてください。

チー
今一番のおすすめは、5,999円でこのタイプとしては安価な「Mpow M5」です。

「ケーブルってこんなに邪魔だったの!」と驚くくらい、便利なので1度体験してね!
▼マイナーメーカーですが品質は高いです!
Mpow T5レビュー

「Mpow T5(M5)」レビュー。6,288円で買える、使い勝手もよく、音質に優れ、高級感のある完全ワイヤレスイヤホン【PR】

▼価格は高いですが、ノイズキャンセリング機能付き「決定版」と言える品質と機能!
SONY完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」レビュー

SONY「WF-1000XM3」レビュー。遅延・バッテリー駆動時間の短さを解消した、ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンの決定版!

▼iPhoneユーザーなら使い勝手含めて一番のおすすめ
第2世代AirPodsレビュー

Apple「第2世代AirPods」レビュー。第1世代と比較して何が変わった?ワイヤレス充電は便利、バッテリー交換も少し安くなったよ

▼iPhoneユーザーでノイズキャンセリング機能が欲しいなら「Pro」
AirPods Proレビュー

Apple「AirPods Pro」レビュー。買って満足!アクティブノイズキャンセリング機能・つまむ操作が使いやすい!

Apple(アップル)
¥29,480 (2020/10/28 11:17:23時点 Amazon調べ-詳細)

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年10月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!

ABOUT US

1962年5月 倉敷市生まれ 妻と子供3人 趣味:秘密基地とリトルカブ ◇Mac mini 2018 ◇iPad mini5 ◇Galaxy Note8 ◇iPhoneSE & AppleWatch4 GPS ◇MAZDA Demio ◇HONDA PCX125 & LittleCub 75cc ◇THETA SC