ノイキャン入門・お試しにおすすめ。ノイズキャンセリングイヤホン「DECOKA DK100」レビュー【PR】

Android ASUS Zenfone3 Ultra
SPONSORED LINK

こんにちは、三重野です。

今回、DECOKA社さんよりご提案いただいた「DECOKA DK100」 は、有線タイプのノイズキャンセリングイヤホンです。

iPhone7で3.5mmイヤフォンジャックが廃止されたことをきっかけに、音の聴き方に注目が集まりました。

有線コードは、確かに絡まりやすくて煩わしいですが、バッテリーを気にする必要がないというメリットもあります。

その一点で、3.5mmイヤフォンジャックがある iPhone 6SやSEをわざわざ使っているという方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

・・・かくいう私もその一人です(笑)

私がノイズキャンセリングイヤホンを愛用する理由も含めてご紹介します。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

ノイズキャンセリング機能が便利な理由

3.5mmイヤフォンジャック

イヤフォンジャックが使いたいなら、Lightning変換アダプタを使えばいいじゃないか?

確かにそういう意見はあると思いますが、『変換アダプタ』を使う地点で、やっぱり使い勝手が悪いですよね。

現在、Bluetooth無線接続を中心に様々なタイプのイヤホンやヘッドフォンがありますが、本製品は、有線タイプの『ノイズキャンセリング』機能付きイヤホンです。

有線タイプは、前述の通り絡まりやすくて煩わしいですが、バッテリーを気にする必要がないというメリットもあります。

比較すれば、音質も有線タイプの方が良いようにも思います。

しかし、そこはもう好みの部分でしょう。

それよりも、皆さんはノイズキャンセリングイヤホンって使ったことありますか?

ノイズキャンセリング、略して「ノイキャン」は、簡単に言えば、外部の騒音・雑音をシャットアウトする機能です。(以下、ノイキャン)

ちょっと特殊な機能なので、必要性を感じる場面がなければ、興味を持つことは無いかもしれませんね。

私の場合、仕事柄、高速船に乗る機会が多いので、乗船中にうるさいエンジンノイズをシャットアウトして、静かに音楽を聴ける、Bluetooth無線接続ノイキャン機能付きのイヤホン(SONY MDR-EX31BN)を愛用しています。

SONY MDR-EX31BN

SONY MDR-EX31BN

今回のレビューに当たって、いろいろな状況で実際に聴き比べてみましたが、本製品は、
しっかりと体感できる、ノイキャンの効き具合でかなりコストパフォーマンスの良い製品だと思います。

ただ、『有線』である点をどう考えるかでその評価は、全く変わると思います。

また、バッテリー部分が大きくて邪魔な点も気になります。

詳しくご紹介していきましょう。

ノイズキャンセリングイヤフォン「DECOKA DK100」

商品名DECOKA Active Noise Cancellation EARPHONE
型番DK100
ノイズ低減システムアクティブノイズ消去技術
周波数レスポンス10Hz-22kHz
充電コネクタmicro USB
ノイズ消去最大28dB
再生時間20時間
充電時間1.5時間
重量30g
化粧箱

オシャレな化粧箱に入っています。

同梱品

中には、

  • 本体
  • 充電ケーブル(microUSB)
  • イヤーパッド
  • イヤーフック
  • ポーチ
  • 取扱説明書

が入っていました。

イヤーパッドとイヤーフック

自分の耳に合うように、イヤーパッドとイヤーフックがS/M/Lの3種類付属しています。

ANC(アクティブノイズキャンセリング)スイッチ

ANC(アクティブノイズキャンセリング)スイッチ

ONにすると、外部のノイズが、すっと消えて、聞きたい音がはっきりと聞こえるようになります。

ただ、「プチッ」というスイッチングノイズが気になるのは、ちょっとチープな印象です。

リモコンスイッチ

リモコンスイッチ

再生/停止、音量調整、スキップが出来ます。

ケーブル

ケーブルの長さは1.3mです。

円形のバッテリー部分 ノイキャンスイッチもここにあります。

円形のバッテリー部分 ノイキャンスイッチもここにあります。

それなりの大きさがあり、邪魔といえば邪魔です(笑)

グリーンに小さく光るLEDランプ

グリーンに小さく光るLEDランプ

時的に周囲の音をはっきり聞き取れるようにする、モニタースイッチ

時的に周囲の音をはっきり聞き取れるようにする、モニタースイッチ

micro USB 充電端子

micro USB 充電端子

充電中も使用出来ました。

ちなみに、バッテリー切れでも、イヤホンとして普通に使えます

もちろん、ノイキャンは効きません。

取扱説明書

取扱説明書

多言語対応で日本語もあります

18ヶ月のメーカー保証なので安心です

価格はAmazonで、3,999円です。

ノイキャン性能と音質について

SONY MDR-EX31BNとDK100

SONY MDR-EX31BNとDK100

音質はそれなりによい

音質は、素直で聞きやすいと思います。

ノイキャン機能は、MDR-EX31BNの方が自然な効き具合で、正直なところソフトウェアのチューニングの差を感じました。

L R表記あり

L R表記あり

ただ、実売価格が倍ぐらい違うわけですから仕方ないですよね。

【注意】リモコン機能について

使っていて1つ気になる点がありました。

iPhone 6s Plus

『iPhone 6s Plus』ではリモコン機能は問題なく動作します。

Android ASUS Zenfone3 Ultra

『Android ASUS Zenfone3 Ultra』ではリモコンは機能しません(原因不明)。

Android docomo dtab d-02

『Android docomo dtab d-02H』はリモコン機能は動作します。

Androidだからダメというわけでもないようで、原因は不明です。

手元にある端末での動作状況です。

使用される端末での動作については、メーカーの動作確認機種リストなどは無いようで自己責任になると思います。

注文時にはくれぐれもご注意ください。

終わりに

DECOKA Active Noise Cancellation EARPHONE
  • 有線なのに充電が必要
  • バッテリー部分が邪魔になる

など確かに不満点はあります。

しかし、3,999円という驚きの価格で、しっかり実感できるノイキャン機能があるのは素晴らしいと思います。

ノイキャン未体験の方に、入門用としてオススメします!

SPONSORED LINK

Android ASUS Zenfone3 Ultra

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)