5年かけて「普通の人」に戻ったので、働き続けられる仕組みを作りたい。震災の日に思うこと

震災の日
SPONSORED LINK

3月11日は東日本大震災が発生した日だ。

僕は震災が発生した当時、岡山に住んでいたが、前年となる2010年9月までは千葉県に住んでおり、液状化現象などが発した、幕張勤務だったので他人事とは思えなかった。

またこの当時僕は、

うつ病による休職期間中

だったこともあり、いろんな意味で『自分の無力さ情けなさ』を思い知らされた出来事でもあった。

この思いがその後の活動のベースになったともいえ、

あの時から僕は成長できたのか?

というのを毎年考える日でもある。

SPONSORED LINK

2011年の東日本大震災発生当時の僕

2011年3月11日は、冒頭に書いたとおり僕はうつ病による休職期間中だった。

こんな大変な時に、僕は何やってるんだろう

と思ったし、無力感も感じたが、無理なものは無理。

こんなんじゃダメだ。世の中に貢献できるように頑張ろう

なんて意識高いことを思ったわけでもなく、被害の映像が流れる中、被害の酷さや原発事故など、非日常的過ぎて逆に冷めた感じもあり、日々を淡々と生きていた。

ただ、この時傷病手当金を受け取るなど、『完全に社会に支えられる側』になってみて思ったことはあって、

元気なうちは働き続きつづけよう

ということだった。
楽しく生きるためには、お金があるだけではダメで、『働く』ことの重要性を実感したので、この頃から『定年退職』には全く興味が無くなった。

定年なんて関係なく、動ける限りは働いて、動けなくなったときは、年金など全力で社会に支えてもらおうと思った。

大震災から7年間でやってきたこと

2011年以来、当たり前だが色んなことがあった。

仕事に復帰し、なんとか元の自分を取り戻し、会社員として普通に働けるようになったなどもあるが、プライベートを見ても、

など、様々な出来事があり、楽しいことも苦しいこともたくさんあった。

ただ、通院や投薬が完全になくなった2012年から1年経った2013年以後は、僕の中で毎年テーマをもって生きてきた。

一気にはできないので、段階的に守備範囲を増やして来た

結果色んなことができるようになったかなぁ、とは思っている

ようやく『普通の人』になりました

そして、2017年は個人的に大きな転機の年だった。

投薬や通院が終わった2012年から『5年』経過した

なんのことだろうと思うだろうが、例えば、

  • 健康保険の加入
  • 各種ローン

などの契約における『告知義務』により、かなり制限を受けていたがこれがようやく外れた。

うつ病になると保険が契約できません。告知義務で生命保険・医療保険はNG、入れるのは緩和型くらいです

2012.09.03

僕は2013年にマイホームを建てたが、一番苦労したのが住宅ローンだったわけで、『限定型』と言われる不利な条件を受け入れざるを得なかった。

この時、

自分では治ったと思っても、社会は認めてくれないんだな

と思ったものだ。

『病人』なんだと思って暮らしてきたし、ある意味それは『逃げ』にもなったが、それから遂に5年経ち制限が外れた。

晴れて『普通の人』に戻れた

嬉しいことだが、同時に厳しい目にもさらされることになる。

2017年は転機の年だった

終わりに

普通の人に戻った、2018年は挑戦の年になる。

自信があるかと問われたら正直よく分からないが、なんとか頑張れるかなと今は思っている。

うつ病になっていた2011年当時と大きく違うのは、

  • 子供など家族がいて
  • ブログやイベントを通じて知り合ったたくさんの仲間がいる

ということだ。

特にイベントを通じた『居場所作り』にはこだわって来たし、不安は案外無い。

地方イベント運営ノウハウと、講義で語らなかったコミュニティ作りをする『本当の理由』。第8回岡山ブログカレッジ開催レポート

2017.12.29

まあなんとかなるっしょ

と思いつつ、元気なうちはずっと働き続けられる『仕組み』を作って行きたいなぁと思っている。

SPONSORED LINK

震災の日

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)