1万円程度のトイドローンなら家の中で飛ばせる!「RYZE TELLO Powered by DJI」レビュー【PR】

GAMEVICEでドローンを操作 その他の機器
SPONSORED LINK

ドローンを買ったことありますか?

空を飛ぶガジェットという意味で、ドローンはかなり有名になったし、商用利用するシーンも増えてきた。

しかし、有名になったが故に、制限が増えたのもまた事実で、例えば許可無しに、街中で飛ばすなんてことは出来なくなった

このため、高価な商用ドローンはある意味使いづらくなったが、逆に自宅でも飛ばせるような安価かつ小型のドローンに人気が移っている。

いわゆる「トイドローン」と呼ばれる製品だが、今回は「RYZE TELLO」という製品を紹介しようと思う。

1万円弱だが、ドローンとしての性能は十分で楽しいぞ!

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

「トイドローン(Toy Drone)」とは

まず、今回紹介する「RYZE TELLO」などが分類される、トイドローンと呼ばれる製品について。

実は明確な定義があるわけでは無く、「Toy(オモチャ)」という単語から、子供向けと思う方も多いだろうがそうでもない

ざっくりとした定義としては、

  • 1〜3万円と比較的安価
  • 航空法の規制外となる、飛行重量200グラム未満

あたりが、トイドローンと呼ばれる製品だ。

「RYZE TELLO Powered by DJI」の概要

RYZE TELLO Powered by DJI

「RYZE TELLO」のスペック概要を記載すると以下のようになる。

区分内容
サイズ9.2 x 9.8 x 4.1 cm
重量81.6g
最大飛行時間13分
最大飛行距離100m
価格12,800円

重量が軽く、価格もドローンとしては安いので、まさに「トイドローン」だ。

だが、この手の製品は安かろう悪かろうという製品も多いのだが、

RYZE TELLO Powered by DJI

と名付けられているように、高性能ドローン「Mavic」、商用利用されることも多い「Phantom」など、ドローンメーカーの代表格とも言えるDJIが販売している製品だ

実際使ってみて感じたが、初心者でも扱いやすく、ドローンを体験するにはもってこいの製品だと思う。

「RYZE TELLO Powered by DJI」の開封レポート

パッケージ表面 パッケージ裏面

簡単な開封レポートを。

パッケージは見ての通り、ドローンが目立つ外観となっている

同梱品 バッテリーと予備のプロペラ

同梱品は非常に少なく、

  • 本体
  • バッテリー
  • 取扱説明書
  • 予備のプロペラが2枚

となっている。

充電はmicroUSBケーブルで行います

ケーブルは付属していません

取扱説明書は多言語対応しており、日本語版にも対応している

「RYZE TELLO Powered by DJI」上から

これが本体の外観。
小さいが本格的なドローンだ。

「RYZE TELLO Powered by DJI」下から

裏面はこんな感じ。

iPhone Xと大きさを比較

iPhone Xと比較するとこんな感じで、非常にコンパクトであることが分かるかと思う。

バッテリーを差し込む

バッテリーは外付けタイプなので、初回利用時は本体に差し込む必要がある。

片手で軽く持てる

持って見ると、本当に軽い。
オモチャみたいだ。

電源ボタン

側面を見ると、まずは電源ボタン、

microUSB端子

反対側には充電用のmicroUSBケーブルがある。

カメラ

さらにドローンと言えばもちろんカメラもついている。

500万画素のカメラで、720PのHD動画が撮影可能です

「RYZE TELLO Powered by DJI」を家の中で飛ばしてみた

ドローンを飛ばす

それでは早速飛ばしてみる!

飛ばす場合、まずは専用アプリ「TELLO」のダウンロードが必要となる。

iOS、Androidどちらでも対応しているので、お使いのスマホに合わせてダウンロードしてほしい。

僕はiPhoneユーザーなので、以降の画面はiOS版となる

アプリをダウンロード後、まずは本体の電源をONする。

すると、チカチカ光り始めるので、操作するスマホのWi-Fiアクセスポイントで「TELLO」で始まるものが表示されるので接続する。

専用アクセスポイントに接続

パスワードなどは不要なので、接続すると今度はTELLOアプリを起動する。

専用アプリ ファームウェアアップデートもアプリ経由

初回起動時はファームウェアバージョンアップがあるかもしれないが、アップデートしてアプリを起動する。

アプリ経由で離陸操作

すると、アプリ画面上で離陸などの操作ができるので、離陸させると

ドローンを飛ばす

飛び上がった!

ちなみに、音はそれなりに大きい(特に風切り音が)。

我が家は5歳の男の子と、4歳の女の子がいるのだが、男の子は大喜び、女の子は怖がって泣いてしまった

自宅でも問題なく飛ばせるが、操作には気を付けて欲しい。

操作にはゲームパッド「GAMEVICE」も使える

GAMEVICEで操作できる

基本的にアプリ画面上から、タッチパネルで操作可能なのだが、やはり若干操作は難しい。

コントローラーが欲しくなるのだが、ゲームパッド「GAMEVICE」が対応している。

GAMEVICEでドローンを操作

以前レビューしたことがあるのだが、セットで使うと操作性はかなりよくなった。

まあ、自宅でちょっと遊ぶ程度に、高度な操作は不要だとは思う(笑)

だが、軽くて簡単に操作できるので、逆に言えば壁に当たったりして壊れやすい

その点は注意して欲しい。

スマホゲームのタップ操作が苦手な方へ捧げるコントローラー。「GAMEVICE Game Controller for iPhone v2」レビュー【PR】

2018.08.02

終わりに

空飛ぶオモチャには夢がある

僕はこの記事を書いている2018年8月時点で38歳だ。

僕の感覚でドローンはラジコンヘリなのだが、僕が子供の頃にもちろんこんな物は持っていなかったし、触ったこともなかった。

だが、これほど高性能なものが1万円弱で手に入るという衝撃

子供のオモチャとしては少し高価だが、それでも買えなくはない価格なので、本当にすごい時代だなと思った。

  • 空を飛ぶ
  • 飛行機を飛ばす

というのは、大人でも子供でもワクワクできる体験だからだ。

1度子供達とドローンを飛ばして遊びたい、そんなことを思うくらいワクワクする製品だった。

ただ、くれぐれも、

街中では決して飛ばさないように気を付けて欲しい

商用ドローン「PHANTOM 4(ファントム)」が来た!第40回岡山スマホユーザー会開催レポート

2016.05.19

ドローンに夢中な大の大人達。第57回岡山スマホユーザー会開催レポート

2017.10.23

あわせて読みたい

SPONSORED LINK