おしゃれにスマホやスマートウォッチを飾りたい。「Humixx 携帯電話スタンド」レビュー【PR】

【Humixx 携帯電話スタンド】スマホを乗せる その他の機器
SPONSORED LINK

いつもスマホを机に、ポンッ!と放り投げているパパンダ(@papanda_life)です。 (´・ω・`)どうも

ママンダ
あたなっ。物は大切にしないさいよね
パパンダ
ご、ごめん…

たとえば、普段スマホを持ち歩いているときには、スマホの定位置って決まっていませんか?
僕の場合は、ズボンのポケットに入れていますよ。

自宅の場合も、定位置が決まっているのならいいんですが…(;’∀’)

でも僕は、そこらへんにスマホをポイッ!と置いています(`・ω・´)。だから、よくスマホを見失っちゃうんですよねぇ。

チー
だったらちょうどよかった。

依頼されたので、「Humixx 携帯電話スタンド」をレビューしてみてください!

スマホの定位置にしておくと、もうどこに行ったのか探さなくてよくなるかもよ~

いいね!(`・ω・´)

Humixx 携帯電話スタンドを実際に使ってみたので感想を紹介しますね。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

Humixx 携帯電話スタンドの概要

【Humixx 携帯電話スタンド】

▼Humixx 携帯電話スタンドの概要は、以下のとおり。

項目スペック
サイズ140×120×165mm
重量400g
材質アルミニウム合金
適応場所テーブル
パッケージ内容
  • スマホスタンド×1
  • 組付けセット×1
  • 取扱説明書×1
補償期間6ヶ月間
スタンド搭載可能インチ4インチ~7.9インチ
乗せられる物
  • スマホ
  • タブレット
  • スマートウォッチ
  • イヤリング
  • ネックレス
  • キー 等
最大負荷1Kg

価格はAmazonで2,999円。このお値段は、お安いの?お高いの?

▼参考までに比較してみましょう。「スマホ スタンド」で商品検索をしてみましたよ。
Amazon商品検索「スマホ スタンド」の結果

単純な構造のスマホスタンドは、お安めですね。
やっぱりデザイン性に優れているので、Humixx 携帯電話スタンドはそれなりのお値段。

パパンダ
2台乗せられるしね!!

▼その他特徴として以下のことがあげられます。

Humixx 携帯電話スタンドの特徴
  • 2台同時に充電&整理
  • iPhone、iPad、Androidをはじめとした、 Apple Watch、タブレットで使用可能
  • ナノマイクロ吸着剤が四隅に施されているので滑り止め効果抜群
  • シルバーフレームとシンプルなデザインがとてもクール
  • 吸着が弱くなった場合、冷水でホコリを洗い流せば吸着力が復活
パパンダ
オシャレなところもポイントだよ
【Humixx 携帯電話スタンド】おしゃれ

開封レポート

【Humixx 携帯電話スタンド】スマホを2台乗せる

簡単に開封レポートをしますね。

▼商品が入っているパッケージ。シンプルな感じですね。
【Humixx 携帯電話スタンド】外装

▼中から、スルスルっと白色の箱を取り出します。
【Humixx 携帯電話スタンド】外装と内箱

▼白色の箱を開けると、以下のような感じ。部品と何やら紙が何点かありますね。
【Humixx 携帯電話スタンド】内箱を開ける

▼さらに開くと、スタンドの土台が出てきました。
【Humixx 携帯電話スタンド】内箱をさらに開ける

▼箱の中に入っていたものを並べてみますよ。

  1. スタンド部分(大)
  2. スタンド部分(小)
  3. スタンド土台
  4. ネジが入っている紙袋
  5. 説明書
【Humixx 携帯電話スタンド】入っちたもの

▼スタンド部分の「大」と「小」を手に持ってみました。何だか発芽した植物の葉っぱみたいですね(*‘ω‘ *)
【Humixx 携帯電話スタンド】スタンド大小を手荷物

ぱんさん
かわいい~

▼土台の裏側は、こんな感じ。四方に滑り止めが付いています。
あとは、スタンドの取りつけ穴と、スマホのケーブルを逃がす溝と穴です。
【Humixx 携帯電話スタンド】土台の裏側に滑り止め

スマホケーブルの穴は、どんなふうに活用するのか、あとで紹介しますね。

同梱品

同梱品は取扱説明書だけ。日本語表記があり、僕にはうれしい点です(*‘ω‘ *)
【Humixx 携帯電話スタンド】日本語の説明書

スタンドを組み立てる

Humixx 携帯電話スタンドは、商品がそのまま入っているのではなく、組み立てが必要です。

ママンダ
あらっ。でもわたし、組み立てとか苦手よ。道具だってないし
パパンダ
大丈夫!特になにも用意しなくていいし、組み立て自体は簡単だよ

▼説明書にも、しっかり手順が載っています。
【Humixx 携帯電話スタンド】日本語の組み立てて順

▼使用する部品は、こちらの紙袋に入っていますよ。
【Humixx 携帯電話スタンド】六角レンチとレジが入った紙袋

▼中を取り出すと、小さなパーツがビニール袋に入っていました。
【Humixx 携帯電話スタンド】六角レンチとレジが入った紙袋の中身

▼ビニール袋に中には、六角レンチとネジが5本。
スタンドを接続する穴は全部で4つなので、ネジは1本予備ってですね。
【Humixx 携帯電話スタンド】六角レンチとネジ

パパンダ
ネジは小さいから、なくさないようにね!
【Humixx 携帯電話スタンド】六角レンチとネジは小さい

▼矢印と矢印のところで、接続しましょう。
【Humixx 携帯電話スタンド】ネジを取り付ける位置

▼ネジは、土台の裏側から差し込んで、六角レンチでクルクルと時計回りに回し、締めていきます。
【Humixx 携帯電話スタンド】ネジを六角レンチで締める

▼どちらからでもいんですが、片方ずつ取りつけていきましょう。
画像は、スタンド(大)のほうから取り付けています。
【Humixx 携帯電話スタンド】スタンドの大を取り付ける

▼両方を取り付けた状態です。
【Humixx 携帯電話スタンド】スタンドを両方とも取り付ける

ぱんさん
これで完成よ。ニョキっと葉っぱが出てきているみたいで、かわいいよね

別角度から見てみる

完成したときは、正面からの画像でした。
念のため、別角度の3枚も撮ったので見てみましょう。

▼本体の左側。
【Humixx 携帯電話スタンド】横

ママンダ
あら、角度が違うのね

▼後ろ側。
【Humixx 携帯電話スタンド】後ろ

▼本体の右側。
【Humixx 携帯電話スタンド】横

▼ちょっとかっこよく、斜めから。
【Humixx 携帯電話スタンド】斜め

オシャレなカタチですよねぇ(*‘ω‘ *)

スマホをスタンドに置いてみる

それでは完成したところ、実際にスマホを置いてみましょう。

置く前に重要な点が1つ。
▼保護フィルムがついているので、はがしましょう!
【Humixx 携帯電話スタンド】保護シートをはがす

ぱんさん
完成したからって、焦ってスマホを乗せようとしたら、滑って落っこちてしまうわよ

▼スタンド(小)のほうは、保護フィルムをはがす取っ掛かりがないので、セロテープを貼りつけてからはがすと、ラクですよ。
【Humixx 携帯電話スタンド】保護シートをはがす

▼スタンド(大)のほうに、スマホ(HUAWEI nova2)を乗せました。
【Humixx 携帯電話スタンド】スマホを乗せる

パパンダ
なんか、かっこいいわぁ

▼裏から見ると、こんな感じ。特になにも固定するものはなく、滑り止め(吸着剤)のみでスマホが乗っかっているのが、わかりますね。
【Humixx 携帯電話スタンド】スマホを乗せた裏側

▼ちなみに、結構傾けても落ちたりはしませんでした。保護シートをはがしたばかりだからかなぁ(´・ω・`)
【Humixx 携帯電話スタンド】スマホは落ちない

無理しないでね

▼スタンド(小)にも、別のスマホ(iPhone 6s)を乗せてみましたよ。
ここには、例えばスマートウォッチ(Apple watchなど)など時計を乗せると、カッコイイですね!!
【Humixx 携帯電話スタンド】スマホを2台乗せる

パパンダ
誰か、スマートウォッチ、ちょうだい

▼吸着剤の素材は、水洗いで吸着力が戻るそうで、21日(3週間)に1回くらい洗うとよいみたい!
【Humixx 携帯電話スタンド】吸着剤

土台からスマホのケーブルが逃がせる

スマホをスタンドに置いたまま、充電をしたいときだってありますよね。
そうなると、スマホのケーブルがジャマになるかもしれません。

でも、Humixx 携帯電話スタンドには、ケーブルを逃がす穴と溝がありますよ。

▼実際に、スタンドにスマホを置いたまま、ケーブルをつけてみました。
【Humixx 携帯電話スタンド】ケーブルを逃す

▼穴のあたりを拡大です。
【Humixx 携帯電話スタンド】ケーブルを逃す

▼土台の裏側からも診てみましょう。
【Humixx 携帯電話スタンド】ケーブルを逃す

ぱんさん
親切設計だね。うれしい!

タブレットをスタンドに乗せてみる

スマホやスマートウォッチだけではなく、タブレット(iPad等)も乗せることができます。
【Humixx 携帯電話スタンド】4インチから7インチまでのせられる

▼スタンドにiPadを乗せてみました。
【Humixx 携帯電話スタンド】iPad2をのせる

チー
ずいぶん古いタイプだね…。しかもオーバーサイズ…

▼ここで、各機種の重さを見てみましょう。

機種重さ
iPad2
9.7インチ
601g
iPad Pro(第3世代)
12.9インチ
631g
iPad Pro(第3世代)
11インチ
468g
iPad Pro(第2世代)
12.9インチ
677g
iPad Pro(第2世代)
11インチ
469g
パパンダ
iPad2が乗るから、最近のiPad Proの小さいほう(11インチ)は、大丈夫かなぁ。
タブレット自体が、軽めなら全然問題ないと思う~
チー
そうだね。一応規程されているのは、7.9インチまでだけどね
パパンダ
iPad 2でも、少し不安定な気がするから、慎重にね!

おわりに

チー
Humixx 携帯スタンドは、どうだった?
パパンダ
オシャレなデザインがいいねぇ。スマホを置いていないときでも、さまになっているよ~
ママンダ
大小とスタンドがあるから、2人で使うのもありよね!

スマホをポイッと、そこらへんに放り投げるのではなく、定位置を決めていくことによって、見当たらなくなることもなくなりますよね。
あと、見た目もスッキリ(*´ω` *)

見た目も気にするのであれば、このスタンドはよいかと思いますよ。

お読みいただきありがとうございました。それでは(´・ω・`)ノシ☆

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年9月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK