iPhone 12シリーズ発表!詳しくはこちら

ロボット掃除機「ネイト Botvac D7 Connected(BV-D701)」レビュー。この形が完成形?見た目は変わらず、吸引力・段差対応がアップした便利家電【PR】

ネイト Botvac D7 Connected(BV-D701)レビュー
SPONSORED LINK

「ネイト」というロボット掃除機を知ってますか?

近年は日本メーカーも進出しており、Panasonic「ルーロ」などあるが、ロボット掃除機の総称が「ルンバ」と言われるくらい、ルンバのシェアが圧倒的だろう

ただ、全体的に見て「海外の家電メーカー」が強い分野なので、海外メーカーも積極的に進出しているようだ。

ネイトロボティクス社もその1つで、「ネイト Botvac Connected(ボットバック コネクテッド)」シリーズを長年展開している。

実は2年前、レビュー依頼を受けて我が家に始めてやってきたロボット掃除機が、「ネイト Botvac D5 Connected BV-D502」。

Botvac D5 Connected

ロボット掃除機 「ネイト Botvac D5 Connected BV-D502」レビュー。短時間で掃除が終わるのが魅力!【PR】

あれから約2年……。
実は今も「毎日」掃除してくれている。

そして、今回ネイトの最新モデル「ネイト Botvac D7 Connected(BV-D701)」のレビュー依頼をいただいたので、早速紹介しようと思う。

チー
パッと見た印象は何も変わらないんだけど、ネイトが理にかなった形状だったことは「最新モデルのルンバ」を見たら分かる!
この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

「ネイト Botvac D7 Connected(BV-D701)」のスペック概要

ネイト Botvac D7 Connected(BV-D701)

ネイト Botvac D7 Connected(BV-D701)」のスペックのうち、僕の気になる部分をピックアップすると以下の通り。

モデル名BV-D701
バッテリー大容量リチウムイオン
ネットワーク対応Wi-Fi(2.4GHz帯)
スケジュール機能あり
専用アプリあり
スマートホームGoogle Home
価格99,000円(税別)

といっても、ロボット掃除機の場合、基本は「自動運転」なのであまりスペックを意識することもないと思う。

前モデルとなる「ネイト Botvac D5 Connected」と比較した、進化のポイントは主に3点。

  • Eco・Turboモードの切り替え対応
  • 「フロアプランナー」に対応し、部屋ごとに掃除の有無を設定可能
  • 本体ユーザーインターフェースの改善

正直スペックだけ見ると、あまり代わり映えがしないし、「99,000円(税抜)」という価格を含めて、なかなか購入に踏み切れないかもしれない。

それくらい完成度が高かったともいえるが、その象徴が「形」。

ネイトD7

この形、見覚えがある方がいればロボット掃除機にかなり詳しい方(笑)

s9+
引用:アイロボットストア

日本では2020年2月に発表された、ルンバの最新モデル「s9+」にそっくり

ルンバと言えば「円形」だったが、始めて形を変えた「フルモデルチェンジ」といえるのがこのモデル。

機能的な比較をしてもキリがないので、この記事では割愛するが、アメリカのロボット掃除機大手2社が、「似た形状」を採用していることは1つの結論を示している。

ロボット掃除機に最適な形は「この形」

ということなんだろう。

ネイトロボティクス社はロボット掃除機専業メーカーで、シェアNo.2です

そういう意味でも、ネイトロボティクス社の技術力は高いと確信したし、実際使ってみて、「ネイト Botvac D7」にはスペック表には見えない「進化」がいくつもあった。

チー
今から買うのなら「D7」の方が断然おすすめ

5年ほど使って感じた「ロボット掃除機に必要な3機能」

我が家での利用スタイル

実家で使っていた5年程前のルンバ含めて、いくつか使った感想として、2020年現在のロボット掃除機に必要な最低限の機能は以下の3点。

ロボット掃除機の必須機能
  • Wi-Fi接続・アプリ対応(=ネットワーク経由でON・OFFなどに制御ができる)
  • スケジュール起動
  • なるべく強力な吸引力

1つ目と2つ目は使い勝手に左右する。

ロボット掃除機は「勝手に」掃除してくれるのが一番便利。

なのでスケジュール起動は必須機能だし、忘れた時も外出先から起動できるような仕組みがないと、ロボット掃除機を使う意味が無い。

リビングを掃除する「ネイト Botvac D5 Connected BV-D502」

ロボット掃除機を有効活用するなら「スケジュール起動」!「ネイト Botvac D5 Connected BV-D502」本音レビュー【PR】

ただ、はっきりいってロボット掃除機の吸引力は、一般的な掃除機と比較すれば「弱い」。

髪の毛・ホコリはほぼ吸ってくれるが、少し大きなゴミだとわりと残してしまうので、吸引力の強さは重要。

吸引力が強くなれば、音も大きくなる

しかし、普通なら欠点になる「音の大きさ」は、ロボット掃除機では大した欠点にならない。

会社員など日中家にいない方が多く、ロボット掃除機は不在時に稼働するからだ。

そのためか、ネイト Botvac D7」は大幅に強化してきた

僕は今フリーランスで、基本は自宅作業。

ロボット掃除機が稼働する中、仕事をしているのでよく分かる。

チー
吸引力が強くなったのはよく分かるけど、その分うるさい(笑)

「ネイト Botvac D7 Connected(BV-D701)」開封レポート

「ネイト Botvac D7 Connected(BV-D701)」パッケージ

簡単な開封レポートを。

箱を開封

箱を開封すると、本体と説明書が登場する。

同梱品 アクセサリ類

同梱品は以下の通り。

同梱品
  • 本体
  • 充電台
  • 電源コード
  • 二重らせんコンボブラシ
  • 超高性能フィルター
  • ブラシ & フィルタークリーニングツール
  • 磁気テープ (2M)
ネイトD7

全て本体に装着済みで、超高性能フィルターは予備が1つ付属している。

電源をに接続すればすぐに使えるというのは、ロボット掃除機とはいえ「家電」なので嬉しいポイントだ。

アプリで設定する

ただ、より便利に使う場合は、アプリを経由したWi-Fi接続が必要になる。

基本的な流れは以下の通り。

  1. 専用アプリをダウンロードする
  2. ネイトアカウントを作成する(作成済みの場合は、既存アカウントを使う)
  3. ネイトの初期設定
  4. ネイトを自宅のWi-Fiに接続する

という感じで、詳しい手順は説明書を参照して欲しいが、それほど難しいものではないと思う。

LEDが点灯する

全てのセットアップが完了すると、本体のLEDが点灯する。

前モデル「D5」の場合、Wi-Fi接続が切れてしまうことがよくあったが、アプリを見なければ確認できなかった。

しかし「ネイト Botvac D7」では、本体の表示ですぐに分かるので助かる。

D5の時は月に1回くらいWi-Fi再セットアップが必要でしたが、D7は1ヶ月程利用して1度も再セットアップしていません
D7とD5比較1
左:ネイト Botvac D7
右:ネイト Botvac D5
D7とD5比較2
左:ネイト Botvac D7
右:ネイト Botvac D5
D7とD5比較3
左:ネイト Botvac D7
右:ネイト Botvac D5
D7とD5比較4
左:ネイト Botvac D7
右:ネイト Botvac D5

新旧モデルを簡単に比較すると、見た目はほとんど変わらない。充電器に至っては全く同じだった。

D7のブラシ D5のブラシ

唯一違うのはブラシの形状くらい。

これが現時点における「完成形」ということなのだろう。

「ネイト Botvac D7 Connected(BV-D701)」のここがよかった

ネイト Botvac D7 Connected(BV-D701)レビュー

ネイト Botvac D7 Connected(BV-D701)」を実際に使ってみて、感じたことを紹介しようと思う。

まずは良かった点。

良かった点
  • 段差に強くなった
  • Wi-Fi接続が安定した
  • Turboモードの吸引力は騒音と共に大幅アップ
  • 「掃除済みエリア」の表示が便利

段差に強くなった

子ども用のマットなど段差に強くなった

我が家ではネイトを1階リビングの掃除で使っている。

7歳と5歳の子どもがいるので、以下の写真のようなマットをフローリングの上に敷いているのだが、「約1.5センチ」ほどの段差がある。

高さ約1.5センチの段差

「ネイトD5」はこれが苦手だった。

具体的には、掃除が終わって、充電ステーションに戻る途中に上れなくなり、止まってしまうケースが多く、少し不便だなと感じていた

頻度的には毎日動かして、月に4、5回程度です

これが「ネイト Botvac D7」になると、全く発生しなくなった。

月数回からゼロ

というと大して変わってない感じもするが、止まる心配がないという安心感はかなり大きい

チー
家に帰ったとき、「止まってるネイト」を戻す残念感が強かったんですよ……。

安心して掃除をお任せできるのは嬉しい!

Wi-Fi接続が安定した

アプリで設定する

「段差で止まる」のと同じく、「ネイトD5」を使う上でストレスだったのが、定期的にWi-Fi接続が不安定になること

具体的には、接続できなくなり、スケジュール起動もしなくなり、解決のためにはWi-Fi設定をリセットし、再接続するしかなかった。

手順そのものは、初期セットアップを繰り返すだけで、所要時間は10分程度。

慣れたら大した作業ではないのだが、「信頼性」という面ではイマイチだった。

これが「ネイト Botvac D7」になると、全く発生しない。

今までは月1程度でリセットしていたが、1ヶ月以上経過しても発生しないので、Wi-Fi接続が安定したのは間違いないと思う。

Turboモードの吸引力は騒音と共に大幅アップ

D7のブラシ

ネイト Botvac D7」の特徴として、Eco・Turboモードの切り替え可能となったことがある。

「吸引力の強弱」を表すわけだが、余程広い部屋を掃除しない限りEcoモードを使う理由はないと思う

約30平方メートルの、我が家の1階リビング全体を掃除してもバッテリ切れにはならない(所要時間は約30分)。

Turboモードの方が吸引力は強いわけで、掃除機ならゴミを吸ってくれないと意味が無い。

ただ、Turboモードの欠点はある。

うるさい

当たり前と言えばそうなのだが、僕はフリーランスで基本は自宅作業。

「ネイトD5」の時はそれほど気にならなかったが、ちょっとうるさいと感じる(笑)

チー
AirPods Proのアクティブノイズキャンセリング機能が大活躍

掃除した場所が分かる!「カバレッジマップ」の表示が便利

カバレッジマップ

これは、「ネイト Botvac D7」オリジナル機能ではなく、ネイトシリーズ共通の特徴なのだが、レーザーマッピング機能を持つネイトは、掃除した部屋の形を記憶している

このため、掃除が終わると、今回掃除したエリアを必ず通知してくれるのだが、これが驚くほど正確。

リビングを掃除した後

上記画像はリビング1階を掃除した後の情報。

チー
ダイニングテーブル・ゴミ箱を置いている所が、キレイに切り抜かれている!

我が家では、毎日9時半にネイトが起動しリビング全体を掃除するのだが、洗面所なども含め、全部屋掃除することにしている。

例えば、「扉を開け忘れた場合」など掃除できないこともあるのだが、すぐにわかるので本当に役に立つ。

大多数の方は、通学・出勤など「家にいないとき」使うので、掃除が終わったかどうかだけでなく、正確に掃除してくれたかを出先で確認できるのはありがたい。

「ネイト Botvac D7 Connected(BV-D701)」のここがイマイチ

ネイト Botvac D7 Connected(BV-D701)レビュー

逆にイマイチだったところもある。

僕が感じたのは2点。

ここがイマイチ
  • 価格が高い
  • Google Homeで日本語対応したが「ネイト」の認識率が低い

価格が高い

「ネイト Botvac D7 Connected(BV-D701)」パッケージ

価格に関しては文句を言っても仕方ないのだが、「99,000円(税抜)」という価格はちょっと強気すぎると言わざるを得ない。

ネイトはアメリカの会社で、日本の家電メーカーを意識している感じはしない。

ライバルはルンバ

というのは明確で、ルンバの最新モデル「s9+」が似た形状になったことからも、その傾向はますます強まっている。

このため価格面で、真正面から戦っている。

比較すると以下の通り。

ルンバの価格は、2019年3月時点の「アイロボットストア」での価格です
モデル名自動ゴミ捨て機能価格(税込)
ネイト Botvac D7×108,900円
ルンバs9+186,780円
ルンバi7+142,868円
ルンバi7×109,868円
ルンバ960×76,868円

「クリーンベース」と呼ばれる、自動ゴミ捨て機能を搭載したモデルと比較すれば、安く感じるかもしれない。

しかし、上記表を見れば、「ネイトD7」の直接のライバルは「ルンバi7」であることが読みとれる

オンライン販売がメインならまだしも、ルンバは今や家電量販店で見かけないことの方が珍しいくらい。

逆にネイトは、僕が住む岡山県の家電量販店で一度も見かけたことがない。

  • 価格で勝負する
  • 地方の家電量販店でも目に触れる機会を増やす

どちらかをやらないと、拡販は厳しいのではないかと言わざるを得ない……。

ネット通販が強くなったとはいえ、「家電は実物を見てから買う」傾向はまだまだ強いと思うからだ。

「10万円」は勢いでポチれる価格じゃない(笑)

チー
ただ「製品」としてはよくできてますよ。

2年使ってもノントラブルで使えるし、ロボット掃除機としての性能は、ルンバに勝る面はあっても、劣ることはほぼないはず

Google Homeで日本語対応したが「ネイト」の認識率が低い

Google Home対応

最後がスマートホーム対応。

まだまだ普及しているとは言い難いが、ネイトもAlexa・Google Homeなどに対応している。

ただし、日本語対応しているのは「Google Home」のみ

このため、日本で使えるのも自然とGoogle Homeのみになる。

これは、「ネイト Botvac D7 Connected(BV-D701)」の発売に合わせて対応されたようで、過去モデルの「ネイトD5」も合わせて対応された。

アメリカでは以前からGoogle Home・Alexaなどに対応していました

早速使ってみたのだが、「ネイト」という単語の認識率が低い……

僕は最初「リビングのネイト」という名前で登録していた。

この場合、以下のように呼びかけると掃除が開始する。

チー
OK Google 「リビングのネイト」で掃除して

なのだが、何度言っても「ネイト」を「Mate(メイト)」と認識してしまい、うまく動かない(笑)

これはネイトの問題ではなく、僕の滑舌が悪いかGoogle Homeの認識率の問題なのだが、どうあがいても解決できなかった……。

ただ「ネイトD7」とすると「一単語」と認識するのか、なぜかうまく行く(笑)

チー
OK Google 「ネイトディーセブン」で掃除して

これは認識する。最終的な結論としては、

リビングの掃除機

とかにしておけばほぼ確実に認識するので、この設定をおすすめする(笑)

Google Homeで認識しやすいネイトの名前
チー
我が家では「ネイトくん」で子どもも認識してるから、「ネイトで掃除して」って言いたかったんだけどねえ(笑)

終わりに

ネイト Botvac D7 Connected(BV-D701)レビュー

形は変わらないが、内部がより進化したネイト

ネイト Botvac D7 Connected(BV-D701)」に関しては、そういう表現が一番正しいのではないかと感じた。

ロボット掃除機は1・2年で買い替える製品ではないので、例えば「ネイトD5」を使っている方が、「ネイト Botvac D7」を購入するのはレアケースだと思う。

なので「違い」を実感することは少ないと思うが、数少ない両方使った人間の意見を言えば、

チー
「ネイト Botvac D7」の方が使い勝手は上

ということは断言できる。

値段は確かに高いのだが、もしロボット掃除機としてネイトを検討しているのであれば、「ネイト Botvac D7 Connected(BV-D701)」を是非選択して欲しい。

ロボット掃除機「ネイト」は使える?ルンバと何が違う?故障が少ないのが魅力。2年使った率直な感想をレポート【PR】

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年11月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!