スマートロック「セサミ」の賃貸住宅利用レビュー。Qrioと比較して低価格・高機能、アダプターまで作成するサポート力が魅力

スマートロック セサミ スマートホーム
SPONSORED LINK

2016年に、日本でもGoogle Homeが発売され、様々なスマートホーム製品が登場した。

その中の1つスマートロックは、スマホなどから、家の鍵を操作できるスマートホーム製品。

スマートロックは様々な製品が発売されているが、「セサミ」という製品は最近ユーザーが増えているようだ。

セサミの特徴
  • スマートスピーカーやIFTTTと連携できる
  • 外出先でも鍵の管理や状態が確認できる
  • 家族や友人と鍵のシェアができる

僕もセサミを購入したので、使い方や魅力を紹介しようと思う。

Yuhei FUJITA
最初は不満もあったけど、アップデートで一気に改善されて、今は使いやすくなった!

SPONSORED LINK

必要なのはセサミ本体とWi-Fiモジュール

今回購入したのは、以下の2製品。

  • セサミ本体
  • Wi-Fiモジュール

まずは、セサミ本体から。

セサミ本体

中には、セサミ本体と、簡単な取扱説明書が入っている。

Wi-Fiモジュール

次に、Wi-Fiモジュール。

こちらも、基本的に本体と簡単な取扱説明書のみだ。

詳しい使い方は、説明書代わりのアメブロ公式ブログをチェック

セサミ公式アメブロ

セサミには詳しい使い方などの説明書が入っていない。

しかし、初めてスマートロックを使う人にとって、説明書がないのは困ると思う。

実は、セサミは詳しい使い方などを、アメブロで紹介してる。

  • トラブルシューティング
  • 日々のアップデート情報

なども、ブログ記事として紹介されており、僕も何度かこのブログのお世話になった。

もしセサミで困ったことがあれば、こちらをチェックするのがおすすめだ。

また、メールによるサポートもしっかりしているので、公式ブログをみても分からなければ問い合わせてみよう

セサミの機能を活かすなら「Wi-Fiモジュール」は必須

セサミのWi-Fiモジュールは必須アイテム

「セサミ」はWi-Fiモジュールがなくても利用可能だ。

しかし、せっかく買うならWi-Fiモジュールもぜひ買って欲しい

何故かと言うと、これがないと、セサミの魅力でもある、外部サービス連携や、リモート操作が出来ないからだ。

他社と比較してスマートロック「セサミ」を購入した理由

冒頭にも記載したが、スマートロックは様々な製品が販売されている。

今回僕は「セサミ」を購入したのだが、その理由は大きく分けると以下の4点だ。

セサミを購入した理由
  • 他社製品は2万円以上、セサミは2万円以内ですべて揃う安さ
  • 工具は一切不要、両面テープで簡単に取り付け
  • 日本の一般的な鍵ならほとんど対応
  • もし鍵の形状が合わなくてもアダプターを提供

他社製品は2万円以上、セサミは2万円以内ですべて揃う安さ

Wi-Fiモジュールとセットで買うと1000円引き

「2万円」と聞くと、あまり安く感じないかもしれない。

しかし、スマートホーム製品は、どの分野でも1万円以下の製品は少ない。

スマートロックだと、5万円ほどするものも、あったりする。

スマートロックといえば「Qrio」という製品が有名だが、Wi-Fiモジュール付きの同じような構成で価格比較すると、7,000円ほど高い

セサミQrio
本体14,800円19,810円
Wi-Fiモジュール6,000円7,634円
合計20,800円27,444円

ちなみに、セサミはWi-Fiモジュールとセットで買うと、19,800円になる。

Qrio本体だけよりも安い。

たしかに、2万円は安い買い物ではないが、スマートホーム製品としては、比較的低価格といえる。

工具は一切不要、両面テープで簡単に取り付け

固定には3Mの両面テープを採用

セサミは取り付けに一切の工具が不要で、両面テープで固定するようになっている

そのため、ドアに傷がつく心配もない。

賃貸でドアに加工ができない人には、特に嬉しいだろう。

また、固定用の両面テープには、3Mの製品を採用している。貼り付けると、しっかり貼り付き簡単には剥がれない。

しかし、剥がすときはあとも残らず、綺麗にはがせる。

一般的な鍵ならほとんど対応

世界中の鍵に対応

セサミの嬉しいところは、鍵の対応の豊富さだ。

日本に限らず、世界中の鍵の形状に対応している。

どんな鍵でも対応

緑の部分が、上下・左右に動く

その秘密はセサミの構造にある。
セサミのマウント部分は、鍵に合わせて自由に動くよう設計されている。

これによって、鍵のつまみの形や位置が多少ズレていても、対応することができる。

もし鍵の形状が合わなくてもアダプターを提供

しっかり固定できない

上側の両面テープが浮いてしまっている

実は、僕の住んでいるマンションの鍵は、セサミに対応していなかった。

これは僕が事前にチェックしていなかったのが悪いのだが、鍵に高さがあり、固定が出来なかった。

そんなとき、ふとこんな物があったのを思い出した。

無償でアダプター制作の文字が

そこで、鍵の形状を写真で送ると、数日後には3Dプリンターで作ったアダプターが届いた

3Dプリンターで作ったアダプター

取り付けてみるとピッタリ!

どうやら、未対応の鍵用に、いくつかアダプターを用意しているようだ。

しっかり鍵の形状にあっている

この上にセサミ本体を固定してみたが、グラつくこともなく、完璧に設置できた。

セサミを設置したところ

形状が合わないとわかったときはかなり焦ったが、これで一安心!

アダプターによってしっかり固定できた

今まで、こんなサービスのある製品は出会ったことがない。

さすが、鍵の形状の対応数をアピールするだけのことはある。

スマートロック「セサミ」を使うメリットと率直な感想

このような感じで無事導入したスマートロック「セサミ」だが、実際に使ってみて以下の点が便利と感じた。

セサミの便利なポイント
  • セサミアプリからワンタップで鍵を操作
  • オートロックで鍵の閉め忘れゼロに
  • スマホを操作せず解錠できる「手ぶら解錠」と「ノック解錠」
  • 家族や友達と簡単に鍵をシェアできる

セサミアプリからワンタップで鍵を操作

アプリを開くと、自動でペアリングされる

セサミで鍵を操作するのは、とても簡単だ。

セサミのアプリを開くと、自動でセサミを探し始める。

Sesame, by CANDY HOUSE 1.44(無料)
カテゴリ: ライフスタイル, ソーシャルネットワーキング
販売元: CANDY HOUSE – CANDY HOUSE, Inc.(サイズ: 57.9 MB)

セサミが見つかるとペアリングが始まり、2〜3秒ほどで操作可能状態になる

あとは、画面中央のアイコンをタップすれば、解錠/施錠が可能だ。

以下の動画は、実際に動作している様子。

オートロックで鍵の閉め忘れゼロに

セサミには、解錠を検出すると一定時間で自動的に施錠してくれる機能がある

この設定をしておけば、出かけたあとに「あれ、鍵閉めたっけ?」と不安になることもない。

オートロックまでの時間は、「5秒〜4分」の間で設定できる

オートロックまでの時間を設定

1ヶ月ほど使ってきたが、オートロックが動作しなかったことは一度もない。

解錠はアプリなどから行うが、施錠は基本的にオートロックまかせだ。

スマホを操作せず解錠できる「手ぶら解錠」と「ノック解錠」

セサミには、アプリを操作することなく解錠できる便利機能がある。

これを使えば、荷物で両手が塞がっているときでも、簡単にドアを解錠できる。

この解錠機能には2種類の方法がある。

  • 手ぶら解錠
  • ノック解錠(iOSのみ)

帰宅時に自動で解錠できる「手ぶら解錠」

セサミの手ぶら解錠

「手ぶら解錠」機能はスマホのGPS情報を元に、帰宅を検出して自動解錠してくれる機能だ。

これを使えば、帰宅時にスマホを取り出して、アプリを操作する必要がない。

完全ハンズフリー解錠だ。

これは、スマホのGPSとBluetoothを使うことで、実現している

ユーザーが、一定距離まで自宅に近づくと、自動でセサミとBluetooth接続を開始する。

そして、スマホがBluetooth接続範囲内(半径10m程度)になり、セサミと接続できると、自動で解錠してくれるわけだ。

これのおかげで、最近は「帰宅時に玄関の鍵を開ける」という概念すらなくなってきた。

「ひらけゴマ!」を実現する「ノック解錠」

セサミのノック解錠

そして、もう一つの機能がスマホをノックするだけで解錠できる、「ノック解錠」だ。

こちらも、原理は「手ぶら解錠」と同じ。

違うところは、

帰宅しても勝手には解錠されない

という点。

「勝手に解錠されるのは不安だ」という人は、こちらを利用すると良い。

ただし、今の所iOS版しか提供されていないので、Androidユーザーは利用できない。

ちなみに、これが実際にノック解錠を使っているところだ。

接続と認証で、多少タイムラグがあるが、鍵やスマホのアプリを操作するより早い。

家族や友達と簡単に鍵をシェアできる

そして最後が、スマートロックだからこそ手軽にできる機能「鍵のシェア」だ

そして、セサミのシェア機能はとても柔軟で、誰とでもすぐに鍵のシェアが可能。

セサミには、3種類のユーザーを設定できる。

  • オーナー(最初にセットアップした人)
  • マネージャー
  • ゲスト

各ユーザーは、権限の多さが異なる。

解錠・施錠マネージャーの管理ゲストの管理履歴の閲覧最大数
オーナー1人
マネージャー×4人
ゲスト×××99人

基本的に「マネージャー」には家族を、「ゲスト」には友達などを、設定することになるだろう。

セサミアプリ上で、マネージャーやゲストの管理ができる

特定の日時だけ鍵をシェア出来るゲストが便利

ゲストは、権限の時間制限が可能

実は、マネージャーとゲストには、権限以外にも大きな違いがある。

マネージャーとして登録されたユーザーは、オーナーが権限を削除しない限り、権限が付与されたままだ。

それに対して、ゲストの場合は日付や時間を指定して、権限を付与することが出来る

更にこれは、繰り返しの設定まで可能だ。

  • 訪問する時間帯だけ
  • 毎週末だけ

といったように、必要な期間だけ権限付与が出来る。

ガジェット好きに嬉しい「マニアックな活用術」

ここまでの機能は確かに便利なのだが、スマートロックであれば「セサミ」以外でも提供されている機能が多い。

しかし、セサミの真髄は僕のようなガジェット好きが活用出来る機能が、たくさん提供されていることじゃないかと思う。

具体的には以下のような機能だ。

マニアックな活用術
  • Google HomeやAmazon Echoを使えば声で操作できる
  • Googleアシスタントのルーティン連携で朝が快適
  • 可能性は無限大、IFTTT連携に対応
  • プログラマならAPIで機能拡張できる

Google HomeやAmazon Echoを使えば声で操作できる

Wi-Fiモジュールを使うと、セサミとスマートスピーカーを、連携させることができる。

これにより、声で指示すると、以下のようなことができるようになる。

  • 鍵の状態の確認
  • ドアの解錠
  • ドアの施錠

友達が来たときなどに、わざわざ玄関まで鍵を開けにいなくてよい。

セキュリティ面も考慮、解錠にはパスコードが必要

スマートスピーカーに話しかけるとパスコード付きでも操作できる

しかし、声で解錠/施錠出来るのは便利だが、やはりセキュリティ的に不安な面もある。

そのため、スマートスピーカーで解錠するには、パスコードが必要になっている。

スマートスピーカーで解錠する手順は、以下の通りだ。

  1. スマートスピーカーを起動する
  2. 「○○の鍵を開けて」と言う
  3. パスコードを求められたら、パスコードを答える
  4. 解錠される

Google HomeとAmazon Echoでは、設定方法が異なる。

詳しくは、以下のセサミ公式アメブロを見てほしい。

パスコードを声に出すのは、セキュリティ的に微妙な感じもするが、自宅内でならそこまで気にならないかもしれない。

実際に、Google Homeから操作してみた。

Yuhei FUJITA
玄関のロックを解除して パスコード 123456

のようにいえば、ワンフレーズで解錠も出来る。

Googleアシスタントのルーティン連携で朝が快適

スマートスピーカーと連携

僕はセサミ以外にも、Nature Remoなども、Google Homeと連携している。

ここで便利なのが、Googleアシスタントの「ルーティン」だ。

「ルーティン」とは、複数の操作を1つのボイスコマンドで、実行できる機能。

そこで僕は、「いってきます」というコマンドに対して、こんなルーティンを設定している

  1. 天気の確認
  2. セサミで玄関を解錠する
  3. テレビを消す
  4. 照明を消す

朝バタバタしていても、

Yuhei FUJITA
OK Google いってきます

だけですべてが解決する。

オートロック機能もあるので、わざわざ施錠する必要すらない。

可能性は無限大、IFTTT連携に対応

IFTTTを活用するとセサミはさらに便利

もう一つ連携可能なサードパーティサービスに、「IFTTT」がある。

IFTTTとは、様々なサービスを連携させることが出来る、とても便利なサービスだ。

IFTTTを活用すると、以下のような連携が可能になる。

  • 解錠したら、Gmailからメール送信
  • 解錠したら、Nature Remoで照明を点灯
  • 10:00になったら、自動解錠(店舗など)

プログラマならAPIで機能拡張できる

APIを公開しているため、プログラミングで拡張可能

ちょっと専門的な話になるが、セサミはAPIを公開している

もしプログラミングが出来るのであれば、自分で機能を拡張することも可能だ。

セサミの公式アメブロでは、Amazon Dash ボタンを使ったプログラムを、紹介している。

ハードルは高くなるが、使いこなせば拡張性は無限に広がりそうだ。

Qrioと比較したセサミの良さは、豊富な機能とカスタマイズ性

ここまでの内容で、セサミの多機能さは十分伝わったかと思う。

他機能であることがセサミの魅力ともいえるわけで、実際スマートロックの代表格である、Qrioと機能比較すると以下のようになる。

セサミQrio
対応鍵の多さ多い(アダプター無償提供)普通
オートロックタイマー式センサー式
解錠方法
  • スマホ
  • Apple Watch
  • ノック解錠
  • 手ぶら解錠(自動解錠)
  • 音声アシスタント(3種類)
  • 外部連携(IFTTT/API)
  • スマホ
  • Apple Watch
  • ハンズフリー解錠(自動解錠)
  • Qrio Key(専用物理キー)
  • 音声アシスタント(2種類)
専用物理キー
(スマホが不要)
代用法を模索中(将来実装?)Qrio Key
リモート操作Wi-Fiモジュール(USB給電/小さい)Wi-Fiモジュール(コンセント直挿/大きい)
鍵のシェア
音声操作
  • Google Assistant
  • Alexa
  • Siri
  • Google Assistant
  • Alexa
外部サービス連携IFTTT×
API公開×

この通り、セサミはQrioのほとんどの機能を搭載している上に、Qrioにはない機能も多い

特に注目したいのは、Qrioが自社製品内で完結させようとする中、セサミは連携機能を強化し、カスタマイズ性が、高くなっている。

セサミの欠点は「動作の遅さと不安定さ」だが、アップデートで日々改良されている

このように使えば使うほどメリットを強く感じるが、もちろん不満点もある。

具体的には、以下の3点。

セサミの不満
  • 接続に時間がかかることがある
  • サードパーティサービスからだと動作が遅い(5秒くらいかかる)
  • 手ぶら解錠やノック解錠は動作が不安定

購入してすぐの頃は、接続が不安定でオートロックに閉め出されたり、手ぶら解錠やノック解錠が全く動作しなかったりした

しかし、2019年3月〜4月に公開されたアップデートでかなり改善されてきた。

特に気になっていた、手ぶら解錠とノック解錠に関しては、4月中旬のアップデートで、8~9割以上ちゃんと動作するようになった。

まだまだ改善点は残っているが、それも今後改善されていくのでは、と思っている。

最後に

僕はこの春、東京に引っ越したのだが、それ以降スマートホーム化を進めてきた。

今回購入したセサミも、そんなスマートホーム化の一つだったのだが、実際使い始めると、思っていた以上に便利だった。

スマートロック「セサミ」の魅力は以下の3点。

  • 低価格設定
  • 機能の豊富さ
  • 拡張性の大きさ

実は、最初は「Qrio Lock」を購入しようと思っていたのだが、セサミの多機能さに魅了されて、購入してしまった。

セサミを購入して1ヶ月。

今や、玄関の鍵を見てすらいないし、生活から鍵を開け閉めするという概念自体、無くなりかけている

確かに、解錠に数秒かかるなど、まだまだ改善点はある。

しかし、アプリや本体のアップデートは、定期的に行われているので、今後改善されていくと思う。

そして2019年5月、CANDY HOUSEは、後継機の「セサミ mini」を発売する。

すでに初回生産分の予約は品切れだが、これから買うなら「セサミ mini」も有力な選択肢になるだろう。

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年7月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK