簡単に使えて、通話料が半額になる「楽天でんわ」はよいサービスだと思う理由

先日楽天が「楽天でんわ」という、とても良いサービスを発表した。

特にLTE対応スマートフォンを使う人で、不満が多かったのは通話料金の高さ。この不満、特に営業の仕事してる人は口を揃えて言いますね(だからスマホは使わないという人も多い)。

3G時代は無料通話とかもあったのに、LTEプランでは全て無くなって一律料金。一定金額払うことで通話料が半額になったり、キャリア内定額などのサービスは実現されているが、それがどの程度有効かは人による。

「楽天でんわ」はそういうオプション契約必要無しで使える事が、大きな魅力と思う。

「楽天でんわ」の概要

詳しくは以下。

楽天でんわ: 電話アプリ


抜粋してポイントを説明すると、

  • 基本使用料不要
  • 30秒10.5円で通話可能(SoftBankで言うWホワイトと同じ料金体系)
  • 発信番号は利用している携帯番号をそのまま使える
  • 利用には専用アプリを使用

こんな所だろうか。
ちなみに通話のバックボーンはフュージョンらしいので、実績も有り信頼性はかなり高いと思う。

「楽天でんわ」の魅力

基本使用料不要で使った分だけ請求されるというのもあるが、一番大きいのは自分が使っている携帯番号が発信番号になる事だと思う。要するにかかってきた人には、いつも通りの携帯発信か楽天でんわ経由での発信かは分からず、知らない番号からの発信のため電話に出てもらえない、なんて事は発生しない。

僕は長年契約し続けているdocomoのガラケーが電話発信のメインで、iPhoneはサブ程度にしか使わない。なぜかと言えば、iPhoneの番号はほとんどの人に教えていないし、キャリアもコロコロ変わるから教えるのが面倒なのだ。ちなみに今の構成は、

対docomo、SoftBank、ウィルコム向け:docomoガラケー
対au向け:iPhone
固定電話向け:iPhoneの050Plusアプリ

という構成になっていて、まあぶっちゃけメンドイ。我ながら、よく使い分けていると思うw

これを仮にウィルコムにすれば発信番号は統一出来るが、それでも現状は番号が変わってしまうためややこしい。何種類かの電話番号を教えてると、教えられた側も混乱するし(事実、この番号は仕事用だっけ?とかって会った時に聞かれる事は多い)、電話番号は1つに統一出来るに越したことはない。

そういう意味で「楽天でんわ」ってすごく魅力的なサービスだ。

VoLTE(Voice over LTE)までの繋ぎ?

楽天でんわの発表時にも言われていたが、VoLTE(Voice over LTE)の繋ぎという見方は確かにある。VoLTEはLTEの音声版で、来年辺りdocomoがまずは開始すると言われているが、これに合わせて実現する可能性が高いのが本当の意味での通話定額だ。

これが実現されたら、確かに楽天でんわの存在価値はほぼ無くなる。
だが、対応端末がほぼ全てのユーザーに出回る期間を考えたら、2・3年で収束するとは思えず、当分の間魅力的なサービスである事には変わりないと思う。

終わりに

LTE時代になってデータ通信は大幅に高速化されたが、その設備投資を回収するためか電話料金は非常に高くなった。はっきり言って、電話はもう使うなと言われている感じもするが、災害時など緊急時のライフラインとして電話の重要性は変わらない。いくらデータ通信が主流になっても、ここはやめられないと思う(ただそういうキャリアはあってもいいと思うが)。

民間企業である以上営利を追求することを否定できないが、携帯電話はもはやかつての固定電話に変わるライフライン。こういうサービスを作ってくれた楽天はすごいなと思うが、公共電波を使ったユニバーサルサービスという観点で、携帯キャリアも「電話」サービスというものの重要性を今一度考えて欲しいものだなぁと思う。

ただ、あのアイコンはiPhoneのホーム画面には正直おきたくないw

SPONSORED LINK