Spigen SGP「iPhone 6用ネオ・ハイブリッド」レビュー。スペースグレイにお勧めのケース

昨日Spigen SGP「iPhone 6用ネオ・ハイブリッドEX」のレビューを書いたが、

本日は姉妹製品といえる「ネオ・ハイブリッド」のレビューを書いてみる。
※今回はiPhone 6向けだが、iPhone 6 Plus向けも同一製品があります

ネオ・ハイブリッドEXとネオ・ハイブリッドの違い

姉妹製品ということで名前は似ているが、見た目はずいぶん違う。

ネオ・ハイブリッドEXはバンパータイプで側面のみ保護されるが、ネオ・ハイブリッドは背面も保護される一般的なケースに近いビジュアルとなっている。

ただ、ハイブリッドという名前の通り、シリコンのケースとポリカのフレームという構成は同様となる。防御力という意味ではネオ・ハイブリッドの方が上だと思うが、覆う面が多い分、ケースとしての重量は重くなる。

この辺りの判断は悩ましいが、質感重視ならネオ・ハイブリッドEX、防御力重視ならネオ・ハイブリッドくらいの基準になる気がする。

また、現時点では黒基調のケースとなるため、シルバー・ゴールドのiPhone 6よりはスペースグレイ向けのケースと言えるだろう。

Spigen SGP「iPhone 6用ネオ・ハイブリッド」をチェック

DSCF0167
見ての通り、保護面が多い。
また、同社のタフアーマーなどにもある「クモの巣状の衝撃吸収パターン加工」という仕組みが導入されているようだ。
DSCF0168
DSCF0169
これが側面。
この辺りは基本的にネオ・ハイブリッドEXと同様。
DSCF0170
裏側はAppleロゴ含めてすっぽりと覆われてしまう。

「ネオ・ハイブリッド 」装着後

DSCF0172
僕のiPhone 6はシルバーで、ケースはレベントン・イエローというビビッドなカラーなので、少々きつい印象を与えるがこんな感じ。これはこれで結構渋い感じですけどね。
DSCF0174
DSCF0175
DSCF0173
側面はぴったりはまっている。
DSCF0176
裏から見ると、ホワイトのiPhoneであることはもはやわからなくなってしまう。

終わりに

手に持ってみると、やはり重量感が増したことは実感する。
重いとまでは言わないが、「ケースを付けた感」は確実に増す。この辺りは見た目を取るか、防御力を取るかのトレードオフになるだろう。

ネオ・ハイブリッドというケースは今回初めて手にしてみたが、タフアーマーシリーズ程ごつくないし、個人的には結構いいなと感じだ。

だが、EXとどちらが好きかと問われたらEXと答えるし、前面がホワイトのiPhoneだとやっぱりアクが強すぎる感じは否めない。

どちらかといえば、スペースグレイに最適なケースだなぁと感じたので、スペースグレイのiPhone 6をお持ちの方は、一度手に取ってみてはいかがだろうか(首都圏在住の方なら、渋谷パルコにあるSpigen SGPストアでは実物が触れます)。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK