MVNO(格安SIM)はどこが良い?無難な選び方はNTT系のOCN モバイル ONE/IIJmio/ぷららです

2014年から月1,000円程度で2GBのデータ通信が可能となり、そのコストパフォーマンスの高さから一気に普及してきた感のあるMVNO。

それに伴い、参入する業者も激増。今やほとんど変わらない価格帯で、多数の業者がひしめいている状態だが、当たり外れも大きいようだ。

というのも、2015年2月から2ヶ月間「BIGLOBE LTE・3G」のデータSIMを使ったが、これが本当に遅い。地域や時間帯による面はあるだろうが、僕の場合はほとんど使い物にならなかった。

「BIGLOBE LTE・3G」を岡山市・倉敷市中心部で利用した結果

利用している端末はiPad Air 2(SIMフリー)
1月までは「ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン」を使っていたが、僕の利用シーンにはあまり合わなかったので、速度アップと通信料低減のために「BIGLOBE LTE・3G」を使う事にした。

BIGLOBEを選択した理由は特にない。
ネットを始めた頃使っていたプロバイダーが、BIGLOBEとぷららだったので、両社に何となく親近感があったくらいだ。

ところが、この「BIGLOBE LTE・3G」は速度が実に遅い、、、。僕は会社帰りに岡山駅から倉敷駅の電車内で利用する事が多いのだが(座れることが多いので)、本当に遅い。

IMG_0021
上記はスピードチェックの履歴だが、たまに4Mbps程度のスピードが出ることはあるものの、概ね1Mbps以下。はっきり言って「ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン」よりも遅かった。

僕はiPadではdマガジンで雑誌を見ることが多いが、遅くて読み込めず、結局docomoのSIMが刺さっているiPhoneにテザリングで繋ぎ直す状態となってしまった。その時のスピードが上記画像上から3つ目の18Mbps出ているもの。

ほぼ同じ時間、同じ場所、同じdocomo回線でも、MNOとMVNOだとこれほど差が出るのだ。

当たり外れが多いMVNO(格安SIM)の無難な選び方は?

別にこの事をもって、「BIGLOBE LTE・3G」はダメだという気は無い。
場所・時間帯による面もあると思うし、データ通信が出来ないわけでもない。ただ、安いなりの理由があるんだなぁと再認識したまでだ。

この事で、思い出したのはインターネット普及期のプロバイダー(ISP)。
まだADSLも無かった頃は、23時になると多くの人が一斉にネットに繋ぎ混雑したわけだが(テレホタイムと言われた)、その頃も接続率の高さや、安定した通信を売りにしていたプロバイダーがいた。

その筆頭は、日本最初のプロバイダーと言われるIIJ。当時僕は大学生だったので高くて使えなかったが、ある種の憧れでしたよね。

今のMVNOにはそれと同じようなものを感じる。
何だかんだ言って 日本ではやはりNTT系が強いのだ。IIJはNTTが大株主の会社、OCNを運営するNTTコミュニケーションズは、言わずと知れたNTTグループ。ぷららだってNTT系。

人気のあるMVNOは、NTT系の会社が運営している印象が非常に強い(BIC SIMもバックボーンはIIJmio)。

MVNOの通信速度比較

それを裏付けるのが、以下のようなMVNOの通信速度調査。

場所や時間帯によるため、一概に言えない面もあるが、MVNOだと「OCN モバイル ONE 」と「IIJmio」が、一番安定しているような印象を持ってしまう。

終わりに

かつてのプロバイダーは価格で随分差があった。高ければ高いなりに安定していた面が確かにあったのだが、MVNOの場合料金は基本的に横並び。
むしろ、ユーザーが多い大手の方がスケールメリットを活かしやすいのか、価格・サービス面で先頭を切っているイメージがある。

実際、IIJmioが2015年4月から料金はそのままで、データ通信量を軒並みアップする発表を行ったが、

その後、他のMVNOが追随する形となっている。
もはやチキンレースの状態だ。単純に価格やデータ通信量では比較的無くなってきている。であれば、大手を選択するのが無難 という結論になる。

というわけで、次はMVNO(格安SIM)大本命のIIJmioを契約してみようと思う。

「BIGLOBE LTE・3G」の契約はこちらから

僕の場合は合わなかったが、この記事の公開後「めっちゃ快適に使えてます」というコメントを多数いただいた。やはり 利用する場所・時間によってかなり違うようだ

試す価値はあると思うので、使ってみようと思う方はこちらからどうぞ!


お勧めMVNO

2016年12月現在では以下のMVNOがお勧めです。
  • DMM mobile
    MVNO最大手であるIIJmioと同じ回線で、通信量が1GBからとより安価に始められます
  • OCN モバイル ONE
    NTT系列の安心感が魅力。通信速度が低下しても回線増強がわりと早いです
  • mineo
    MVNOはdocomo回線を使うものが多いですが、au系を使うならここ。キャンペーンも充実しています。
  • ぷららモバイルLTE
    速度が3Mbpsに制限されますが無制限に通信出来る事が最大の魅力です

MVNO(格安SIM)の感想・注意点・コラムの一覧

SPONSORED LINK