ソロデビュー?安倍なつみが「おけいさんと安倍なつみ(モーニング娘。)」名義でCDをリリース

2003年3月に発表された、なっちこと安倍なつみさんが「おけいさんと安倍なつみ(モーニング娘。)」名義で「母と娘のデュエットソング」という楽曲をリリースニュースを聞いて感じた事を紹介します。

この記事は旧サイト(2001〜2004まで運営していたモーニング娘。ファンサイト)で公開していた記事のリメイクです。最新記事とは文体などかなり違いますが、敢えて当時の雰囲気を残しているため、略称など分かりづらい点があることはご了承ください

安倍なつみとモーニング娘。

なっちを見ているとよく矛盾した考え方をしてしまいます。

  • モーニング娘。となっちは切っても切れない関係。でもモーニング娘。のなっちを見るのは少ししんどい
  • だからこそ、ソロデビューをして欲しいが、それによってモーニング娘。を卒業するなんて考えたくもない

そんなボクの考えが伝わったのかと思ってしまうほど、今回のソロデビューは微妙な感じです。

言うなれば今後への布石、という印象を持たせてお茶を濁している感じがします。ボクはこのニュースを聞いた時、特別なことは何も思いませんでした。

あえて言うならほっとしたという言うべきでしょうか。

あぁ、忘れられているわけではなかったんだ」

と。でもそれは喜びにはなりませんでした。

デュエットでのデビューという微妙さ

2002年の安倍なつみはボクの目から見れば完全にモーニング娘。のメインでした。

  • 2年ぶりに出た4thアルバム「4th いきまっしょい」しかり
  • シングル曲の扱い
  • ライブでのポジション

しかし、それによってもうモーニング娘。の安倍なつみに望むものが無くなってしまったのもまた事実です。そして、モーニング娘。と平行して行うソロ活動には意味を感じなくなってしまいました。

多分、今ボクはなっちがモーニング娘。を卒業するのを望んでいます。たとえそれによってどんなにショックを受けたとしても。そして、贅沢を言うならごっちんや圭ちゃんのように意思を感じない卒業になって欲しくはありません。モーニング娘。のなっちに残された義務はもうこれだけしかないと思うです。

たとえデュエットであろうともソロデビューという言葉を使うのは、卒業してからにして欲しかった。

ハロプロに関するお勧め記事

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)