Apple Watch Series 6発表!詳しくはこちら

12インチMacBook(Earyl 2016)本当のバッテリー駆動時間は?使い倒した実感は「6時間」

6時間は余裕で使える
SPONSORED LINK
Y!mobileバナー

2016年4月に12インチMacBook(2016 Early)を購入して、1年以上経過した。

この間、旅行(ほぼわーすたを追っかけたアイドル遠征だが)、仕事、セミナーなど、ほぼ全て移動はMacBook共にあった。

まさに相棒という感じになっていて、2016年に購入したベストプロダクトどころか、ここ数年でも一番満足度の高い製品だ。

【レビュー】12インチMacBook(Early 2016)は最高評価!1年以上使い続けた感想のまとめ

とにかく、MacBookなしの生活は考えられないくらい気に入っているが、その要因として、

  • 薄くて軽くてコンパクト
  • バッテリー駆動時間が長い

ということがある。
重量などはスペックをみれば分かることなのだが、バッテリー駆動時間は利用状況によっても異なるため、実際はどんなものなのかが気になる方も多いと思う。

というわけで、この記事では1年以上使った感想として、12インチMacBookのバッテリーはどれくらいもつのかを紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

12インチMacBookのバッテリー駆動時間

google-chromescreensnapz149

Apple公式サイトに掲載さされている、12インチMacBookのバッテリー駆動時間は公称値としては以下。

  • 最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
  • 最大11時間のiTunesムービー再生
  • 最大30日のスタンバイ時間

前提条件はこんな感じ。

  • ワイヤレスインターネットテストでは、ディスプレイの明るさを最低輝度から12回クリック、または75%に設定した状態で、25の一般的なウェブサイトを閲覧し、バッテリー駆動時間を測定
  • iTunesムービーの再生テストでは、ディスプレイの明るさを最低輝度から12回クリック、または75%に設定した状態で、HD 1080pコンテンツを再生し、バッテリー駆動時間を測定
  • スタンバイ時間のテストでは、Safariとメールアプリケーションを起動し、すべてのシステム設定をデフォルトのままにした状態で、ワイヤレスネットワークに接続してiCloudアカウントにサインインしたシステムのスタンバイモードへの切り替えを許可し、バッテリー駆動時間を測定

となる。

とはいえ、ほぼ全ての方がこんなに使えるわけないと感じていると思う。

ポイントは最大という記載で、比較的長続きするような測定方法なのだから当然だ。

特に大きな違いは、上記測定は連続稼働で測定してること。
現実はといえば、特にモバイルPCの場合10分とかで起動とスリープを繰り返すわけで、こんなにバッテリーが持つことはまずない。

じゃあ、実感としてどんなものなのか。

半年間使って感じた12インチMacBookのバッテリー駆動

6時間は余裕で使える
6時間は余裕で使える

6時間は余裕で持つ

というのが僕の感覚値だ。僕は自宅ではほぼMacBookを使わない。

外出先で使う事がほとんどで、利用スタイルとしては、

  • iPhoneのテザリング(インスタントホットスポット)を使ってインターネット接続
  • iCloud、Dropboxに接続しデータを同期
  • 使用するアプリケーションはブラウザとマークダウンエディタが多い(ブログ記事執筆に使用)
  • 1時間程度の利用を繰り返す

という感じだ。
事情としては、僕は会社の昼休みにブログ記事を書くために利用しているため、1日の利用時間は大体30〜60分

それを5日間繰り返して、金曜日の終了時点でバッテリー残量が大体30%ということがほとんどだ。

1日1時間程度の利用なら、1週間充電無しでも持つというのが凄くいい。

バッテリー駆動時間が長いことのメリット

僕は今まで数多くのPCやガジェットを買ってきたが、モバイルPCを買うのは初めてだった。

やはり、

  • スピードが遅かったり
  • 案外バッテリーが持たなかったり
  • 持っていくことを悩んでしまったり

するものだが、MacBookではそれがない。

躊躇なく持ち歩けて、朝から夕方程度の外出なら充電なしでも十分バッテリーは持つ。

この事で、ACアダプタとケーブルを持ち歩く必要がなくなる
実はこれが地味だけど非常に大きい。少なくとも日帰り旅行では荷物が減るというメリットがある

実際、2016年9月に日帰りで煌めき☆アンフォレントのライブを見に三重に行ったとき、

ACアダプタとケーブル無しで、往復の新幹線(片道約1時間半)と現地で作業をしたが、帰るまでバッテリーは持った。

僕も経験があるが、PCを持ち歩く場合、念のためとケーブル類を持ち歩く事は多い。ケーブルやアダプタを持ち歩くと結局重くなってしまう。

日帰りならMacBookだけでOK

と判断するので、悩みから解放され、躊躇なく持ち歩き、気軽に使う事が出来ている。

モバイルPCなので『雑に使う方がいい』

12インチMacBookがピッタリ収納出来る
12インチMacBookがピッタリ収納出来る

もう1つ、手軽に使う為に気を付けた方がいいのが、

きれいに使おうとしすぎないこと

だと思う。
自宅と違い、外で使えばどうしても汚れ易くなる。

落としたり、傷がついたりすることもあるだろう。それでも、持ち運び時のスリーブケースくらいはともかく、ケースを付けるなど、汚れを気にしすぎない方が良いと思う。

結局それも、出先で気軽に使えるというメリットが失われてしまうので。

僕は1年以上ほぼ毎日持ち歩き、アルミニウムの本体には細かい傷が結構目立つようになって来た。

だが、これでいいと思っている。
モバイルパソコンは多少『雑』に扱うくらいの方がいい。

12インチMacBook用「Inateck PCケース」レビュー。バッグのように持ち歩ける「取っ手」が便利!

しばらく使わなくてもバッテリーが残っている

モバイルパソコンは時期によっては使わなくなる事もある。

僕の場合、

  • 社外勤務の時は平日でも必ず持ち歩く
  • 社内勤務の時はあまり持ち歩かない

という感じでライフスタイルで利用頻度が上下する。これは他社のセキュリティを考慮したものなのだが、場合によっては2週間程度触らないこともある

こうなった時、かつてのノートパソコンでよくあるのは、

バッテリーが完全に放電してしまい空になっている

という現象。これじゃ台無しですよね。

だが、12インチMacBookは2週間無操作で放っておいても、10%もバッテリーが減っていない

全く減らないわけではないが、ほぼ減らないので、使おうと思ったときにバッテリー切れで充電しながらじゃないと使えないと言う事にならない。

これは地味だがモバイルパソコンとして凄く便利だ。

終わりに

大満足のMacBook
大満足のMacBook
  • バッテリーはほんとに持つのか
  • ちょっと文字を打つくらいならiPhoneで十分
  • タイプ感の薄い『バタフライ構造キーボード」は使いづらそう

なんて事を正直思いつつ、12インチMacBookは購入した。

だが、バッテリーが持つというメリットは、それ以外の懸念事項を吹き飛ばすくらいのインパクトがある。

モバイルPCにとって一番大切なのは『機動力』

いつでもすぐに使える事が大事なので、12インチMacBookはサイズ感含めて、モバイルPCとしては本当に使いやすい。

確かに、動画編集やRAW画像の現像など重い処理には向かないと思う。

だが、移動中や外出先でこんな事をする人は少ない。ほとんどの場合、ネット・メール・オフィス系アプリと相場は決まっているわけで、モバイル専用PCと考えたら、MacBookはほんといい端末なのでおすすめです!

MacBook Pro/Airは、Appleストアや家電量販店で販売されています。

購入後のカスタマイズは不可能なので、スペック選定は慎重に行ってください。

ノート型のMac
チー
僕は2020年9月現在は、「16インチMacBook Pro」をメイン、「MacBook Air」をサブに使用しています。

2020年モデル以降は評判の悪かった「バタフライキーボード」を廃止し、全てが変わった「Magic Keyboard」を採用しよくできているので、旧モデルはおすすめしません

Macはどこで買うのが安いのか?

パパンダ
Macは10万円以上する高い買い物だし、「少しでも安く」買いたい!
チー
それなら「ビックカメラ」か「Amazon」がおすすめかな。ポイントは大してたまらないけど、特に「dポイント」が使えたりするので。
簡単に比較するとこんな感じ。
2020年9月時点の「2020年モデルのMacBook Air」販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗タイプ定価(税込)値引き実質価格
Apple Store256GB115,280円-115,280円
512GB148,280円-148,280円
Amazon256GB115,280円1,153ポイント114,127円
512GB148,280円1,483ポイント146,797円
ビックカメラ.com256GB115,280円5,764ポイント109,516円
512GB148,280円7,414ポイント140,866円
チー
Macの場合、CTO(カスタマイズオーダー)したい人も多いと思うので、その場合Apple認定整備済製品を狙うのもあり!
\ 整備済製品はApple Storeだけ /

Mac整備済製品をチェック

  • 送料無料
  • メーカー保証1年あり
  • 最大15%引き

また、店頭モデルを購入する場合、SoftBank・Y!mobileユーザーは条件を満たせば、Yahoo!ショッピングで買うと「最大20%還元」なのでお得だと思います

Macを買うならどこがお得なのかを考察

Macはどこで買うのが安い?値下げはいつ?Apple Store・家電量販店・Amazonで比較してみた

MacBookのメモリ増設について

MacBookはカスタマイズができないので「16GBメモリ」を推奨していましたが、近年のモデルはストレージ(SSD)が高速なので、以前ほど大容量メモリの必要性は下がりました。

チー
ただ、迷ったときは、「メモリを16GB」に増設しておくとかなり快適に使えます!

MacBook Proはメモリ16GBへ増設がおすすめ!メモリ不足に悩まされた体験と後悔の記録

一緒に使いたいおすすめアクセサリ

チー
僕がMacBookユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。

特にThunderbolt 3」対応製品はチェックしてみて欲しい!
Thunderboltを推進するのはApple

Thunderbolt 3とUSB Type-C(USB-C)は何が違う?高いけど使うメリットは?MacBookがより便利になる「ワンケーブルソリューション」が魅力

RAVPower 「RP-PC112」レビューゆりちぇるアイキャッチ

RAVPower「RP-PC112」レビュー。世界最小・最軽量サイズのUSB-C急速充電器!MacBook Proの純正アダプターと徹底比較【PR】

MacBookシリーズのまとめ記事

MacBook Pro16インチで完成した作業環境

MacBook Pro 16インチ 2019購入レポート。専用GPU搭載で4Kディスプレイ3枚への出力も平気!Proならカスタマイズ必須

MacBook Airスペースグレイ

MacBook Air 2018購入レポート。カスタマイズは必要?メモリ8GBの「吊るし(店頭モデル)」を買ってみた

【レビュー】12インチMacBook(Early 2016)は最高評価!1年以上使い続けた感想のまとめ

2007年以来のMacユーザーである管理人が、これまで書いて来たMac関連レビューを、Macカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年9月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!