運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

僕は満足しない病気。煌めき☆アンフォレントプロデューサー「へなぎさん(木本憲志)」に聞く、2018年上半期まで振り返り

へなぎさん(木本憲志)インタビュー
SPONSORED LINK

へなぎPが考える2018年上半期のベストステージ

達成感は大きかった2017年9月のダイヤモンドホール公演
約1年の間でも、

  • 全国ツアー
  • メジャーでのCDリリース
  • メンバーの卒業と加入
  • 卒業メンバーの「復帰」

など、本当にたくさんの出来事がありました。

見ているファンは楽しかったでしょうね。

やってる人(メンバー)は大変だったでしょうけど(笑)

へなぎ
結局僕が、「満足しない病気」なんですよね。

プロデューサーという立場なので、今発表している予定の、常に半年以上先を見て動いているわけですよ

そうなると、「その時に、こうなってなきゃいけない」と考えてしまい、「今」を過程の1つと捉えてしまいがちなんです……。

逆に聞きますけど、今まで満足したことあるんですか?

へなぎ
ないですね

達成感という意味で大きかったのは、2017年9月のダイヤモンドホールのライブだったと思います。

ただ、それすら始まったら、もう次のことを僕は考えてるわけですよ。

だから、「僕って非情だな」って思ってることがあって、メンバーに対して「おつかれ」とか「頑張ってね」とかって言わないんです

言えないんですよ。

もう終わったときには、次のこと考えているから。

ビジネス的立ち位置で仕事する人の、辛いところですね

へなぎ
そうなんです

だから、メンバーも辛い思いしたりとか、「ふざけんな」って思ったことも沢山あると思います。

ですけど、「僕は仕事で結果を出していくしかない」と思っているので、そこで頑張ると決めてます

そんな中で、満足しないまでも、「2018年上半期ベストステージ」みたいなものはありますか?

へなぎ
それは、2018年6月2日に新木場STUDIO COASTで行われた「アイドル甲子園」ですかね。

「煌めき☆アンフォレント」がステージに立つ前後の、お客さんの動きがものすごかったんです。

ガーっと集まって、サーと引くみたいな(笑)

実はこの時の裏事情として、「煌めき☆アンフォレント」がTIFに出られない問題がありました。

昨年(2017年)は出たんですけど、この時点では「難しいかも」と言われていたんです

そんな中、TIFのプロデューサーさんが新木場STUDIO COASTのメインステージを見に来てくれました。

他のアイドルを見に来ていたんですが、無理矢理お願いして「煌めき☆アンフォレント」のステージを見てもらったんですね。

自分でいうのもなんですけど、この時の「煌めき☆アンフォレント」のステージは優勝でした。

新木場STUDIO COASTってすごく、音がすごくいい会場なんです。

  • このステージ
  • この音
  • このお客さん
へなぎ
これだけ揃ってTIFが無理なら諦めよう

というくらいのステージでした。

しかも、その日はうち(TOY Planet*)が3周年の日だったんです

運命っぽいじゃないですか(笑)

そして、後日の話として、このステージが決め手になって、TIFの出場が滑り込みで決まったんです

なので、新木場STUDIO COASTのステージは、2018年上半期としては一番印象に残っています。

運営者チーのおすすめ記事

チー
2児の父親でありながらアイドルヲタクという、残念な大人ですが、記事を書き続けていることには、それなりの理由があるんです。
アイドル記事を書き続けている理由
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!