「Apple Watch ミラネーゼループ」を使って感じた、2つの良いところ悪いところ

先日購入した「Apple Watch 38mm ミラネーゼループ」。
約8万円もするこの製品を、今回僕は実物を全く見たことも触ったことも無い状態で購入した。なので、手元に届いた時が初見だったわけだが、やはり良いところ悪いところが見えてきた。

その辺りを紹介しようと思う。良いところ、悪いところ2つずつある。
良いところは予想通りだった部分で、悪いところは事前に触っていたら気づけたかもしれない話で、若干後悔している部分になる。

「Apple Watch 38mm ミラネーゼループ」の良いところ

主に2つある。

フィット感が抜群

IMG_6940-1
ミラネーゼループは金属製のバンドだが、布のようにしなやかな素材で試着した人もフィット感が抜群と言っていて、評価が非常に高かった。そして、予約開始日に試着に行った人の声が、僕の最終決断を促したわけだが、この評価は確かに間違いない。

固定はマグネットで行うわけだが、マグネットを使用するメリットは無段階で調整できる事。ものすごくきつく巻くことも出来るし、逆に緩めることも出来る。

場合によっては、手首よりもかなり上に巻くことも出来て、自由自在に調整できる事はかなり嬉しい。これ、今まで使っていた腕時計では出来そうで出来なかったことなのだ。

金属製故の高級感があり、服装を選ばない

IMG_6939-1
Apple Watchはステンレス素材のケースであるため、バンドもシリコンやレザー製より、金属製の方が相性がよいと僕は思う。質感と色のバランスが絶妙で、高級感があると思うからだ。

この事で服装を選ばないというメリットが出てくる。
僕は普段私服通勤だが、客先に常駐したりするとスーツになったりする。私服だとあまり気にする必要は無いが、カラフルなシリコン素材のバンドとスーツというのは、お世辞にも似合わないと思うので、服装を選ばないバンドというのは大きなメリットだ。

「Apple Watch 38mm ミラネーゼループ」の悪いところ

こちらも2つある。

マグネットが強力すぎて、装着しづらい

IMG_6942-1
IMG_6943-1
フィット感が良いというメリットと相反する話になるが、バンドを固定するマグネットが思いの他強力だ。

このお陰で、何かに引っかかって外れるという事はまずないのだが、逆にすぐに引っ付いてしまうため、装着が非常にやりづらい。あまりにすぐに別の場所に引っ付いてしまうから、イラッとしますね。

Mac・PCを使用する際の干渉が気になる

IMG_6941-1
これはミラネーゼループというバンドに限らず、金属素材のバンド全般に言える事だが、手首に巻いてMac・PCを操作するとどうしてもパームレストに当たって傷がついてしまう。

PCはプラスチック素材である事が多く案外気にならないが、Macはアルミ製だし、Apple Watch自体にも傷が付きやすくなることはデメリットと言えるだろう。

ミラネーゼループの場合、手首よりも上の方に巻くことで解決は出来るが、まあついつい忘れてしまうこともあるし、ここは難しいところだ。

PCでのデスクワーク主体の人で、質感重視であれば、レザー素材のバンドを検討した方が良いかもしれない。

終わりに

実物を見たことも無い状態で、購入するとやはりこういう事になってしまうなぁと思う。気に入っているし、後悔する程ではないが、ベストな選択にならなかったことは否定しない。

特にマグネットが強力過ぎるっていう部分は、恐らく触らないと気づかないし、知っていたら購入を躊躇したかもしれない部分だ。

質感の高さなど、所有欲は満たしてくれるし、ほとんど不満はない。が、身につける端末はいかに存在を意識させないかが重要であるとも思うので、今だったらレザー素材のバンドを選択したかもしれない。恐らく万人向けのバンドはクラシックバックルやモダンバックルなどレザー系じゃないかと思った。

レザー系は夏場汗が染みこんで、臭いが気になるなんて問題もあるけど。
そう言う意味で、純正品として様々なバンドがあり、交換可能なApple Watchは案外実用的なのかもしれない。

SPONSORED LINK