地方都市在住者にこそむしろWimaxをお勧めする理由

Wimaxを契約して数週間が経過した。
現在の生活範囲(自宅、職場)での利用、移動先(大阪とか)でMacbook AirやiPhoneで使ってみたが若干心配していたエリアの問題も殆どなく快適に使えている。Wimaxは都会ではそれなりにエリアが広がってきたが地方ではまだまだ弱いというのが一般論だが、地方在住者として使ってみた実感としては「十分実用に耐えうる」だ。というか、むしろWimaxが使える地方都市に住んでいるのであれば、これ一本でも十分ではないかとすら思える。Wimaxをお勧めする理由をまとめてみる。

1.スピードが早い
現在ADSLを利用しているが、ぶっちゃけスピードがほとんど変わらない。

<ADSLでのスピード>
Google ChromeScreenSnapz018.jpg

<Wimaxでのスピード>
Google ChromeScreenSnapz019.jpg

うちのADSLは遅いんだけど、Wimaxとほぼ互角。時間によっては10Mbpsとか出るのでむしろWimaxの方が早いくらいだ。さすがに光には敵わないが、それほどスピードを求めていないユーザー、ADSLでスピードがそれほどでないユーザーは固定回線の置換えとしても十分使える。

2.料金が安い
現在ADSL回線に月額4,000円払っているが、Wimaxは1年契約で3,880円。僅かな違いだがWimaxの方が安かったりする。モバイル回線といえば、高くつくイメージが強いが、今やほとんど変わらないくらいの料金になっていて、プラス持ち歩き可能だから出先でも使用可能と考えたら数百円の差以上のメリットがある。

3.契約の縛りが少ない
Wimax以外でモバイル回線を積極的に売っているキャリアといえば、docomo・SoftBank・イーモバイルくらいが思い浮かぶ。これらのキャリアの料金は、

docomo:5,985円+プロバイダー料金(2年契約時)
SoftBank:3,880円(2年契約時)
イーモバイル:3,880円(2年契約時)

となっていて、エリアの広さや安定性が売りのdocomoはちょっと特殊として、その他のキャリアは2年契約すればWimaxと同等の料金となる。これだけ考えるとWimaxよりエリアが広いSoftBankやイーモバイルの方がいいと思えるが、データ通信契約というのはまだまだ過渡期のものだと個人的には思っていて、2年契約というのは結構リスクが高いと思ってる。Wimaxにしても同じことは言えるが、とりあえず1年試してみてダメなら他のキャリアに移れるので、この差は結構大きいと思う。

4.通信規制がない
Wimax以外のキャリアというのは通信量が多くなると、一定の通信規制が行われる(詳しいことは不明)。これはメイン回線として使う場合、かなり大きな要素だと思っていて前日にYouTubeで動画見まくったら、翌日は視聴に耐えられなくなってしまったなんて事になり得る。だが、現在のところWimaxでは行われていない。Wimaxも公式に規制を行う予定はないと発表しているが、正直時間の問題かなとは思う。
だが、これはユーザーの多い大都市圏での話だと思っていて、地方ではほぼ無縁だと思われる。Wimaxの契約時に聞いたのだが、岡山県では現在のところ1万人程度しか契約者がいないらしい。ということは、回線はまだまだ空いているはずで、これこそが地方在住者がWimaxを使うメリットになるかと思う。

5.事前に通信状況をチェックできる
これは他のキャリアがやっていないことで、WEB等のエリア判定だけでなく、TryWimaxという制度を使うと、2週間無料で実機を使ったテストが出来る。モバイル回線だと、契約してみて実際は自宅は圏外でしたなんて事があり得るが、この制度を使えば事前に自分の生活範囲でどの程度使えるか試してから契約するかどうかが判断できる。

6.バッテリーの持ちが良い
回線効率のせいなのか詳しいことはわからないが、WimaxのWi-Fiルータは総じて長時間駆動だ。他社が大体5時間くらいが最大だけど、Wimaxではそれくらいはどの端末でも対応していて、僕が持っているURoad-8000にいたっては9時間も使える。
モバイルという性格上バッテリーの持ちは重要で、長時間駆動の端末が多いことは現時点でのWimaxの魅力の一つだと思う。

逆にデメリットは何かというとやはりエリアだ。
岡山みたいなわりと中途半端な場所でも、「市」と名のつく場所の中心部は大体使える。だが、それ以外はというと軒並みアウトで、田舎で使える可能性はゼロと言ってもいいくらいだ。なので地方でWimax使う場合、ある程度の大きい街に住んでいる人にしか勧められないし、自分の生活圏くらいしか使えないという割り切りは必要だ。

だが、思うんだけど頻繁に出張とかしてる人以外、移動しまくりながらデータ通信使う人がどれだけいるんだって話でモバイルとは言いつつ、この手のサービスはある程度使う場所は固定化するんじゃないかと思う。自分が普段いる場所がエリアに入っていればほとんどの場合は必要十分なはずで、それを判断できる制度があるWimaxはやはり優秀だと思う。

僕の場合で言えば、MacBook Airを持ちだして自宅と変わらぬ速度でネットに接続して作業ができるようになっただけでかなり大きなメリットがあるかな。

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)