【割引クーポンあり】スマホ(iPhone・Android)の画面をUSB接続でサクッと映せる!「DBPOWER ミニ プロジェクター」レビュー【PR】

iPhoneから投影
SPONSORED LINK

スマホの画面をプロジェクタに映したい!

そう思うことはないだろうか?

僕は、

というイベントを運営していることもあり、普通のプロジェクタは既に所有しているが、地味に扱いに困るのは、スマホの画面をちょっと共有したいというシーンだ。

方法は色々あるが、メインのスクリーンはそのままで、補助的に使いたい場合、モバイルプロジェクタみたいなモノが欲しくなる。

その場の勢いで使う場合Wi-Fi接続は案外不便だ、

  • ケーブル接続でスマホ側の特別な設定無しに使える
  • サブなので軽くて安価なモノ
  • バッテリー駆動する
  • 小型

この辺りが欲しい機能となるわけだが、今回紹介するのは1つ目と2つ目を満たす、モバイルプロジェクターだ。

実売1万円以下のインパクトは大きいと思うので、早速紹介しようと思う。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

「DBPOWER ミニ プロジェクター」の概要

「DBPOWER ミニ プロジェクター」概要

今回紹介する「DBPOWER ミニ プロジェクター」は以下のような製品だ。

項目内容
技術タイプLED+LCD
明るさ1500ルーメン
ランプ駆動時間20000時間
フォーカスモードマニュアルフォーカス
解像度800*480で、1080PフルHDにも対応
画面4:3/16:9
画像サイズは32~170インチまで調整可能
AVインタフェースUSB/SDカード/HDMI/AV/VGA
サイズ187×149×77mm
重量950g
特記事項
  • スマホ(iPhone・Android)画面出力対応
  • スピーカー対応

普通のプロジェクターとしてみた場合、安価でコンパクトというくらいしか特徴はない。

会社の会議やセミナーなど、メインスクリーンに投影するには少し心許ない性能だと思うが、僕が便利と感じたのは、

スマホ(iPhone・Android)の画面出力対応

だ。

冒頭で記載した通り、僕はイベント運営を行っているが、

参加者のスマホ画面を一時的に共有したい

というケースがわりとある。
こんな時に、特別な設定不要で、USBケーブルで繋ぐとサクッと投影できるというのが便利だなと感じた。

価格はAmazonで「10,800円」となっており、プロジェクターとしては安価だと思う。

メーカー様よりAmazonで利用できる、クーポンを発行頂いたので、購入時は是非ご利用ください!

クーポンコードO5GBYHPQ
割引内容20%OFF
有効期限2018/8/31

「DBPOWER ミニ プロジェクター」開封レポート

「DBPOWER ミニ プロジェクター」のパッケージ

簡単な開封レポートを。
パッケージは特別なものではないが、持ち運びできるように取っ手が付いている。

開封後の状態

開封後。付属品は

  • 本体
  • 電源コード
  • HDMIケーブル
  • AVケーブル
  • リモコン(電池は同梱されていない)
  • 取扱説明書

だった。ちなみに取扱説明書は、

マニュアル マニュアルは日本語対応している

ちゃんと日本語化されており、操作に迷うことも多いプロジェクターだが、その点は安心だ。

本体をチェックしてみる。

「DBPOWER ミニ プロジェクター」本体

一般的なプロジェクタの外観だと思う。

iPhone Xと比較

iPhone Xと比較してみる。
こうして見ると、コンパクトなプロジェクタであることは分かるかと思う。

高さは『77mm』なので、一般的なサイズ感です
「DBPOWER ミニ プロジェクター」裏面

裏面は高さ調節用のネジを差し込む穴があるくらいで、あとは通気口。

映像入力ポート類

コンパクトなプロジェクタだが、インターフェースは充実している。

  • USB
  • SDカード
  • HDMI
  • AV
  • VGA
VGA・赤外線ポート USB・AV・SDカード・HDMIポート

一般的な用途で困ることはほぼないだろう。

以降は、僕が一番期待していた、iPhoneなどスマホの画面を投影した場合、どんな感じかを紹介しようと思う。

スマホ(iPhone)の画面をプロジェクタに投影する方法

スマホの画面表示は、iPhone・Androidどちらでも対応しているのだが、今回はiPhoneに絞って紹介する

メニュー画面を表示する

まずは本体またはリモコンを操作し、メニューを表示し、「ソース」を選択する

ソースにスマホを選択

ソースは右下のスマホアイコンを選択する。

この後は、実際にiPhoneを接続だ。

2種類あるUSBポートのうち「OUT 5V」のポートに接続する Lightningケーブルをそのまま接続

USBポートは2つあるが、スマホ画面を表示する際は、「OUT 5V」のポートに接続する

接続するケーブルは、iPhoneであればLightningケーブルだが、Androidの場合microUSB・USB-Type Cなど色々あるので、利用するスマホ応じて選択為て欲しい。

ケーブルの条件は特に記載されていないが、純正ケーブルの利用が無難と思う。

iPhone側にダイアログが表示される

PCに接続した時と同じく、「このコンピューターを信頼しますか?」というダイアログが表示されるので、「信頼」を選択。

同時に充電も開始するので、表示中にバッテリーが切れる心配はない

iPhone のホーム画面が表示される

しばらく待つと、iPhoneが画面が表示された。

あとは、普通に操作すると、ほんの少しだけ遅れてプロジェクタ側の画面も連動する。

動画の再生もOK

大好きなアイドル「わーすた]」のYouTube動画を再生してみたが、バッチリ映った。

ちなみに、スピーカーも内蔵しているので、プロジェクターから音声も再生される。

この時は昼間だったので、暗くなった夜間にも再生してみた。

夜に再生

暗い部屋で再生すると臨場感抜群だ。

「DBPOWER ミニ プロジェクター」の欠点

これはなかなか便利だなぁと思ったが、欠点もある。

一番大きな欠点は、『暗い』ということだ

今回の投影距離は1メートル程度で行っている。

後ろから見た状態 上から見た状態

これなら、昼間の明るい部屋でもなんとか見える。

2メートル程度離れる 2メートル程度離れるのを上から見た状態

だが、2メートルも離れるとかなり見えづらい。

公称スペックの明るさは『1500ルーメン』で、一般的なプロジェクタと比較しても遜色ないが、実際使ってみると重いのほか暗いと感じた

まあ、ミニプロジェクタなので、

  • 少人数の集まり
  • 狭い会議室
  • 照明を落として暗くする

という用途で使うものと考えたら、十分な性能だと思う。

欲を言えば、モバイルプロジェクタのように、バッテリ駆動またはモバイルバッテリーなどから給電して動くと最高だなと思った。

終わりに

iPhoneから投影

実売1万円程度で安価な、小型プロジェクタということで、本格的な利用には少し厳しいように感じた。

だが、今回紹介したような、

スマホ画面の投影

は非常に便利で、誰でもUSBで繋ぐだけで映せるのはとても便利だなと感じた。

僕は今後主催イベントで使おうかと思っている。

特にイベント運営を行っている方、サブプロジェクタとしていかがだろうか。

メーカー様よりAmazonで利用できる、クーポンを発行頂いたので、購入時は是非ご利用ください!

クーポンコードO5GBYHPQ
割引内容20%OFF
有効期限2018/8/31

SPONSORED LINK

iPhoneから投影

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)