運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

「MOFT Snap-On iPhone 12シリーズ専用スタンド」レビュー。Magsafe対応で簡単着脱・コンパクトに収納できるスマホスタンド【PR】

「MOFT Snap-On iPhone12シリーズ専用スタンド」レビュー
SPONSORED LINK

外出先でもスマホスタンドを気軽に使いたい

スマホを使う主な用途として「動画視聴」を上げる方は多いだろうし、デスクなどではスマホスタンドを常設している方もいるだろう。

「立てかける」ことで確実に見やすくなるのだが、実際は「手持ち」の方が多いはず。

  • スタンドつきのケースはデカくて重い
  • スマホスタンドは荷物になるし邪魔

スタンドを使わない理由は、大体この2つに集約されるのではないだろうか。

僕もそんなパターンでほぼ使っていなかったのだが、iPhone 12シリーズ以降が対応する磁石で簡単に取り外しできる「MagSafe」の登場で状況が変わった。

Apple純正の「レザーウォレット」など、着脱式アクセサリが増えているが、この記事で紹介する「MOFT Snap-On iPhone12シリーズ専用スタンド」は着脱式スタンド

  • 本体に直接くっつけて、単独で使うもよし
  • ケースに引っ付けて、組み合わせで使うもよし
  • 普段はカバンなどに入れて、持ち歩くもよし

柔軟な使い方ができる「スマホスタンド」だ。

早速紹介しよう

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

「MagSafe」対応アクセサリで、スマホスタンドでは一番使いやすい

「MagSafe」対応

MOFT Snap-On iPhone12シリーズ専用スタンド」は、マグネットを内蔵しiPhone 12シリーズにピッタリ装着できるスマホスタンド。

最大の特徴は「MagSafe」に対応し、iPhone 12シリーズならそのまま装着できること

この手のスマホスタンドは昔から数多くの製品が販売されているが、大別すると2パターン。

  • スマホケースに内蔵するスタンド
  • ケース・スマホに「貼り付ける」スタンド

スタンドが必要なシーンは限定されるので、正直使い勝手は悪く、僕はあまり使っていなかった。

しかし、磁力で吸着させる「MagSafe」はiPhone 12シリーズ以降に搭載されている「標準機能」なので、特別なことをしなくても使えるのが大きなメリット。

使いたいときだけ装着し、不要なときは簡単に外すことができる

正直「充電器」としては使いにくかったMagSafeだが、着脱式のスマホスタンドはもっともメリットを感じやすいアクセサリではないかと思う。

「MOFT Snap-On iPhone12シリーズ専用スタンド」の特徴

3つの使い方ができるスタンド

「MOFT Snap-On iPhone12シリーズ専用スタンド」は、スタンド・カード収納機能に特化している。

といっても、カード収納機能はついでという感じで、スタンド機能が目玉機能。

  • フローティングモード
  • 横置き
  • 縦置き

に対応しており、スマホスタンドとしては非常に高性能。

「MagSafe」に対応しているため、簡単に着脱できるのはもちろんだが、強力なマグネットを内蔵しているため、「ケースを付けたままでも着脱可能」となっている

ケースの種類によりますが、Apple純正シリコーンケースでは大丈夫でした
ケースをつけたままでも「MagSafe」対応

たったそれだけといえばそうだが、普段はほぼカードサイズで薄くて軽いので、カバンなどに入れておいても便利だろう。

価格は、「3,180円(税込)」。

ちょっと高く感じるかもしれないが、ケースではないため、「おそらく」iPhone 12シリーズ以降のモデル(2021年9月に発売見込みの後継モデルなど)にも対応できるはず。

長く利用できるので、iPhone 12シリーズ以降を持っているなら1つもっておいて損はないだろう。

開封レポートと使用感

パッケージ表面 パッケージ裏面

簡単な開封レポートを。

スタンド本体 吸着側

といっても、パッケージを外したら本体が登場。

貼り付く
使う時は、iPhone 12の本体裏側に貼り付ける。ただそれだけ。

MagSafe対応のiPhoneでのみ使えます

実際の使用感。

縦置き
縦置き
横置き
横置き
横置き(後ろ側から)
横置き(後ろ側から)
フローティングモード
フローティングモード

手持ちする時に、スマホリングのようにホールドさせることもできる。

ホールドも可能

カード収納にも対応しているが、個人的にはクレジットカードを入れるのはおすすめしない

Apple純正の「レザーウォレット」を使っていたが、クレジットカードの磁気部分が使えなくなってしまったからだ(ICカードでの利用は問題なし)。

メーカーとしても注意点として記載しているため、カードを収納する場合は注意して欲しい。

終わりに

「MOFT Snap-On iPhone12シリーズ専用スタンド」レビュー

個人的には、ケースが分厚く・重くなるので今まで「スタンド機能」は使ってこなかった。

チー
ずっと使うわけじゃないし、邪魔なんだよね

その点、

着脱式のスタンド

というのはとても使い勝手がよく、今後はカバンに常備しておこうと思った。

使い勝手の良いスマホスタンドを探している方は、是非試してみて欲しい。

iPhone 12はAppleおよび、大手キャリアから販売中です。

AppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされ、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

買い方のポイント
チー
一番大事なのは、オンラインショップで購入することです
今はとにかくスマホが高いので、少しでも節約しましょうね。
iPhone 12 Pro・12 mini長期利用レビュー

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でもたくさんのメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

ゆりちぇる
2021年9月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

注目の料金プラン「ahamo」・「5Gギガホプレミア」

2021年3月以降、料金プランが大きく変わります。ほとんどの方はプラン変更する価値があるので理解しておきましょう。

ahamo」が目立っていますが、1,000円値下げされて、テザリング込みで「データ通信無制限」の「5Gギガホプレミア」はヘビーユーザー要チェックプランです

ぽんイケ
やはり注目は「ahamo」です!
元携帯ショップ店員の僕も驚くようなプランで、各社同種のプランを出しましたが、以下の記事で詳しく解説しています
ahamo 元携帯ショップ店員が徹底解説
docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」とは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

SIMのみ契約なら「初期費用0円」

ドコモSIMのみ契約

分離プランの開始後、SIMのみで契約も可能になりました。

チー
ドコモSIMはとても使いやすいので、何気におすすめです!
ドコモSIMのメリット
  • IMEIロックなどややこしい縛りがない
  • 「5G」はもちろん、スマホ・タブレット・ルーターがSIM交換なしで使える
  • 新プラン「ahamo」にも対応
\ オンラインショップは初期費用0円 /

ドコモのSIMをチェック

iPhone 12の考察記事

iPhone 12 Pro/iPhone 12発表
iPhone 12のおすすめストレージは128GB

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!