キャリアメールをやめた後の連絡手段はどうなった?やめるデメリットは皆無でした

先日忘年会のための連絡でキャリアメールにメールしていたのだが、そういえば友人相手でキャリアメール宛てに送る事って本当に激減したなぁと思った。

2012年はそれまで使っていたドコモメール(iモードメール)をやめて、iCloudメールとGmailに完全移行した。やる前は色々困ること多いかもと思っていたが、全然困らないというかむしろ便利なことも多い。逆にメールする方が面倒に感じるくらいだ。

キャリアメールの利用をやめて得たメリットなどの感想を紹介しようと思う。

僕がキャリアメールの利用をやめた理由

やめる必要があるの?

って思う人も多いだろうが、キャリアに依存したメアドを持っていたら、それこそがキャリアに縛られる原因になってMNPとかがやりづらくなる。

長年使ったメアドを手放すのは名残惜しいが、一度やってしまえば案外スッキリする。理由と経緯は以下の記事で紹介しているのでご覧いただけたら。

とはいえ、一気にやめるのはお勧めしない。友人や会社の同僚などにやめるという連絡をして、1〜2ヶ月程度は様子を見てからキャリアメールの利用を停止 or 解約する事をお勧めする。

<

h2>キャリアメールをやめた後のメール運用はGmailにほぼ一本化/h2>
この結果として、現在メールのほとんどはGmailに移行した。

ただ、特にiPhoneでGmailを利用する場合の欠点は、キャリアメール的な使い方(プッシュ配信)が不安定である事。この為、キャリアメールに置き換える形でiCloudメールを併用する形としている。
※Gmailでプッシュ通知はやろうと思えば出来るのだが、僕の場合DM含めて1日数十通のメールが届くため、これがプッシュ通知されると頻繁すぎてうっとうしいのだ

そして、iCloudのメールは受信メールを全てGmailに転送。これによって、受信メールは全てGmail上にアーカイブされ、バックアップとかは基本的に考える必要がなくなる。

ただ、実際のところこれがきっかけになり、連絡手段としてのメールはほとんど使わなくなった。

キャリアメールをやめた後の連絡手段はどうなった?

色々あるのだが、以下に集約されていて普段連絡取ってる人の9割はそれでカバーできてしまう。

  • iMessage
  • TwitterのDM
  • Facebookのメッセージ
  • LINE

特に妻がiPhoneに移行した事に伴い、夫婦間の連絡はiMessageに集約された事が大きい。結果、いわゆる携帯メール的な使い方(今から帰る。今どこ?みたいなメール)をする事はほとんど無くなった。

使い分けるのめんどくさいくない?と思う人も多いだろうが、一度でもやりとりしていたら過去のやりとりもすぐに見えるし、ログが残ってるから「この人は何で連絡すればいいんだっけ」って探すにしても、2・3個のアプリを立ち上げて確認してみるくらいで大した手間じゃない。

また、これらの連絡方法にはメリットもある。
それはTwitterのDMを除き既読管理が出来ること。メール最大の欠点って、相手がメールを開封したのかが分からない事。結果、数日経っても返信無いけど、忙しくて返信できないのか見落としているのかが判断できない。これが、とりあえず「開封済み」になればとりあえず見てくれたと分かるので、精神的にも余裕が出来る。

終わりに

携帯メールでのコミュニケーションって昔はほんと良くやったものだけど、今やほんと古くさいものになったなぁと思った。あれにはあれの良さがあると思って、iPhoneを買ってからも「メール使いホーダイ」というマイナーなプランにしてdocomoメールは残していたが、最終的には別にメリットないよなぁという結論になってしまった。

敢えて言うなら今でも存在する、携帯キャリアのドメインでなければ登録が出来ないサービスくらいだろうか。まあそういうものも徐々に減っていくと予想されるし、脱キャリアメールは僕みたいな携帯オタクじゃなくても、やれば普通に便利になると思うので、色んなしがらみで躊躇していた人も是非ご検討いただけたら。

ほんとになくても困らないし、キャリア変えてもメアドの事考えなくていいという開放感はでかいですよ。

SPONSORED LINK