私がキャリアメール(ドコモメール・ezweb・SoftBankメール)をやめる理由とメリット

フィーチャーフォン(ガラケー)
SPONSORED LINK

先日キャリアメールからiCloudメールに移行しようとして、キャリアメールの迷惑メールフィルタリングに苦労したという記事を書いた。

現在は出会ったドコモユーザーに対して

この前送ったメアドの変更通知届きました?

なんて地道な確認作業をやっている状態だ。一応1ヶ月〜2ヶ月程度移行期間は設けるので、すぐにキャリアメールをやめるわけではないのだがなんと非効率な作業、、、と思いながらやっている。とはいえこれに成功すれば大きなメリットがある。

今回はそもそも僕がなぜキャリアメールをやめるのか。
理由とメリットを紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

キャリアメールを辞めるメリット

大きくいうとメリットはこの2つだ。

  • メールバックアップをGmailに一元化(iCloudの受信メールはすべてGmailに転送)
  • MNPがやりやすくなる

スマートフォンを使うようになって、AndroidならGmail、iPhoneならiCloudメールを使うという人が増えた。これらのメールはインターネット上にメールデータが保存され、スマートフォンに限らずPCからでも閲覧が可能となっている。また、携帯キャリアに依存しないメールでもある。

利便性はキャリアメールよりも上なのだ。
なのに多くのユーザーが何故不便なキャリアメールを使い続けているのかと言えば、

  • 今までのしがらみ
  • 変更連絡が面倒くさい

という事に尽きると思う。ただ、この面倒くささを乗り越えたらかなり便利になる。

メールのバックアップが自動化出来る

キャリアメールはバックアップする場合、microSDに行うというのが通常。
今や当たり前になったWEB上に保存するという仕組みはあまりない(ドコモの場合ドコモWEBメールというのに保存は出来るが、Gmailとかに自動転送は出来ない)。

なので基本は古いメールから捨てていく。はっきり言ってその捨てる(削除する)という操作すら面倒だ。基本的には削除せず貯め続けるという方が楽。

キャリアからの縛りがなくなりMNPし放題

そして一番大きいのはキャリアメールから脱却すると、基本的にキャリアからフリーになれることだ。

MNPの開始によって、電話番号は他社に移行できるようになったが、メールだけは無理。スマホの普及によって従来のキャリア主導でのコンテンツ課金も崩れつつある今、キャリアに残された最後の砦ってキャリアメールなんじゃないかと思う。

だからこそ、ドコモは色々な問題を抱えながら、SPモードメールというサービスを急いで始めざるを得なかった。10年以上使ってるなんていうのが珍しくないキャリアメールは、ユーザーにとってもとても大事なものだから、このアプローチは決して間違いじゃないと思うし、だからこそドコモに限らず全キャリアが似たような事をやっている。

しかし、逆に言えばこれを解消すればキャリアにこだわる理由は薄れる。多くの人が知っているとおりMNP新規契約というのは、最新端末でもほとんどただ同然で入手出来る事が多く、各種キャンペーンも併用すれば2年間の維持費はかなり安く抑えられる。2年ごとに同一キャリアで機種変更するくらいなら、MNPでポートアウトしてしまった方が断然お得。今みたいな施策が未来永劫続くとはいわないが、ここ数年は間違いなくそうだし、これから数年でなくなるとは思えない。

終わりに

基本デジタルガジェットヺタクなんで、新しいものはどんどん使いたいが、金が湯水のごとく有るわけではないし、今は妻帯者。昔のように好き勝手は出来ない。そんな人は、多少のめんどくささを乗り越えキャリアの縛りから解放されたら、楽しい生活が送れるんじゃないかと思う。

しかし、iCloudのドメイン「me.com」って案外知られていないようだ。「これどこのキャリア?」なんて返信が何人来たことか。Apple、Mac、iPhone、iPadは知っていてもiCloudのメールサービス(前身のMobileme含めて)はまだまだ認知度が低いらしい。

あわせて読みたい

SPONSORED LINK