マイクロソリューションiPhone 5/5s/5c用保護ガラス「PRO GUARD CRYSTAL GLASS ラウンドエッジ強化ガラス」レビュー。価格の安さとコスパが魅力

今年はよくミスをする。

1ヶ月ほど前の話だが、またiPhoneを落としてしまった。本体は無事だったがSPIGEN SGP「GLAS.t」は割れてしまった。今年2度目の話だ。

また同じのを買おうかと思ったが、毎回同じのも芸が無いので色々物色していたら、マイクロソリューションがいつの間にか強化ガラスを発売していたので、試してみることにした。

「GLAS.t」シリーズに出会うまで、保護フィルムはマイクロソリューションのものを購入していたので、品質が高いことはよく知っている。なので、ガラスフィルムもどうなのか気になった。「PRO GUARD CRYSTAL GLASS ラウンドエッジ強化ガラス」という商品名で、品質もさることながら1,500円程度と非常に安い事が大きな特徴だ。

マイクロソリューション「PRO GUARD CRYSTAL GLASS ラウンドエッジ強化ガラス」開封の儀

液晶保護フィルムでもそうだが、マイクロソリューション製は非常にシンプルなパッケージ構成となっている。
DSC05300
届いた時でこの状態w
DSC05301
最初何が来たのか分からなかったが、よく見たら商品名が書いてある。
DSC05302
これが商品本体。これまたシンプルな構成だ。
DSC05303
中にはガラスフィルム・背面保護フィルム・貼り付け前のホコリ除去用シール・クロスという構成。パッケージはシンプルだが、中味は他社製に劣っているわけではない。
DSC05304
これがガラスフィルム本体。
DSC05305
ホームボタンの当たりはこんな感じ。写真では分かりにくいが、ラウンドエッジ加工がされているため、指に引っかかるような感じはない。厚さは0.3mm。

貼り付けてみた

ガラスフィルムの貼り付けは、今使っているiPhone 5sだけでも3回目。さすがに手慣れた感じだw
DSC05308
SPIGEN SGP「GLAS.t」では、貼り付け前に濡れたクロスで拭くが、マイクロソリューション製はシールでホコリを除去する。これ、何気に便利だった。
DSC05310
貼り付け後の状態。
DSC05311
角の当たりも0.3mmなのでそれほど出っ張った感じはない。

使ってみての感想(主に「GLAS.t」との差)

この製品を購入したのは約3週間前なので、使用期間もそれくらいだが、非常に良好だ。基本ガラスフィルムは「GLAS.t」しか使った事がないため、それとの比較になってしまうが、とてもいい。

僕がSPIGEN SGP「GLAS.t」シリーズに惚れ込んでいた理由は、一番が指を滑らせた時の滑らかさだった。この部分に関しては、ほぼ遜色がないと言っていいが、質感はやはり「GLAS.t」の方が上と思った。

基本的にフィルムでもガラスでも、防指紋コーティングの効果は限定される。大体フィルムで1ヶ月、ガラスで3ヶ月と言われていて、この部分は多少の差はあっても「GLAS.t」だから長くて、マイクロソリューション製だから短いという事はない。

また、厚さが0.3mmと現在「GLAS.t」シリーズでは最薄である「GLAS.tR NANO SLIM」の0.23mmと比べたら少し分厚いが、これは全く気にならなかった。

Touch IDとの干渉もない。

終わりに

全体的な品質はやはりSPIGEN SGP「GLAS.t」の方が高い。が、その差はわずかだ。

逆に価格は、「GLAS.t」シリーズは4,000円ほどするのに対して、マイクロソリューション製はAmazonだと1,500円くらいとほぼ3分の1。この差は滅茶苦茶大きい。

これなら3ヶ月に1度買い替えても、それほどお財布が痛くないレベル。このコスパの高さは異常と言えるレベルと思った。

ガラスフィルムは使ってみたかったけど、通常のフィルムに比べて価格が、、、と思っていた方、これは凄くお勧めです!1度お試しあれ!
で、これ使ったらもう通常のフィムルには戻れなくなるでしょうw

SPONSORED LINK

iPhoneの液晶保護フィルム・ガラスに関するレビュー

SPONSORED LINK