東プレキーボード「リアルフォース」のバックライトに!USB式LEDライトが便利です

DSC02407

PC・Macでの作業効率向上を目的に液晶ディスプレイモニターアームを購入し、MacBook Proと組み合わせたデュアルディスプレイ環境を構築した。

さらに入力デバイスにも投資し、キーボードは東プレのリアルフォース、マウスはLogicool MX Anywhere2と我ながら豪華な環境が出来上がった

一連の取り組み主にブログ執筆の効率を上げることが目的で、実際これでかなり効率が上がった。生産性は1.5倍くらいになった印象がある。やはり広い画面かつ複数の画面と、快適な入力デバイスは重要。

ただ、1つ難点もあった。
特に週末のブログ執筆は、子供がお昼寝をしている13時〜15時の間で行っている。お昼寝中はカーテンも閉めて、部屋の中は真っ暗。これだとキーボードが全く見えない。特に僕が購入した東プレ「REALFORCE91UBK-S」はブラックなのでますます見えない。

MacBook Proにはバックライトが付いているのでよかったのだが、東プレのリアルフォースにそんな小洒落た機能は付いていない。

というわけで、照明を購入することにした。
ただの照明ではなく、USB接続式のLEDライトだ。

選定ポイントや用途を紹介しようと思う。

PC・Macのキーボード周りが暗いことの問題点

DSC02406
これが真っ暗な状態。
僕は一応タッチタイピング(ブラインドタッチ)は出来るので、キーボードのキーが見えなくてもタイピングそのものは出来る。

だが、見えないっていうのは意外に不安ってことになって分かった。ちょっと迷った時には見て確認すればいいと思っているから、安心してキーを見ないで打てる。

これが完全に見えなくなると、ミスできないみたいな意識が働いて、返って効率が落ちてしまう。

これはなってみるまで気づかなかった。

SPONSORED LINK

キーボード周りを明るくするのに最適な間接照明は

というわけで、照明を探す事になる。
とはいえ、子供のお昼寝中に暗くて困っているので、明るすぎる照明は使えない

手元とキーボードがうっすら明るい程度で十分なので、LED電球ですら明るすぎる。例えばこれとLED電球なんて案も考えたが、

明るすぎるため断念した。

というわけで、手軽に使えるUSB接続方式のLEDライトを探す事にした。

USB接続のLEDライト

LEDライトは2016年現在すっかり一般的な照明になったので、価格がかなり安い。

今回で言えば明るさにはそれほどこだわっていないので、PCのUSBポートから給電するようなタイプのLEDライトだと、2000円あればお釣りが来るレベル

メーカーや製品によって明るさは微妙に違うが、種類としては大きく3種類。

  • デスクライト
  • クリップライト
  • フレキシブルライト

この3種類になる。
僕の個人的趣味で、デスクライトは机を占有するため邪魔。

クリップライトとフレキシブルアームライトが残るわけだが、どちらにせよあまり目立たせたくなかった。普段は存在すら忘れるレベルでいい。

そう考えた時に、液晶ディスプレイ(FlexScan EV2450)が持つ、USBハブ機能を使えばいいなと思った。

EIZOのFlexScan EV2450は本体裏面にUSBハブ機能を内蔵している。給電はこのポートから行い、液晶の裏側に隠しておけば目立たない。

というわけで、購入するLEDライトはフレキシブルタイプで決定した。

購入したのは「グリーンハウス USB 10LEDライト フレキシブルタイプ」

DSC02062
購入したのは、「グリーンハウス USB 10LEDライト フレキシブルタイプ」というもの。

価格はカラー毎に異なるが、僕が購入したブラックはAmazon価格で700円くらい。かなり安い。なので、失敗でもいいやと割りきって購入した。

早速開封してみる。

DSC02064
LEDは10個配置されている。

DSC02063
最大の魅力はフレキシブルなケーブル。グニグニと自由に動かすことが出来る。

DSC02065
直立させるのもOK

DSC02066
曲げるのもOK

これはとても使いやすい。

「グリーンハウス USB 10LEDライト」を設置

DSC02067
というわけで、、液晶ディスプレイ(FlexScan EV2450)の左側面にあるUSBポートに接続し、

DSC02403
グニっと曲げて、液晶ディスプレイの裏側に回し、見えない状態とした。

DSC02405
完全に趣味だがこれならいかにも照明置いてます、って感じがなくていい。

これで行けるぞと思ったのだが、、、そうも行かなかった。

液晶ディスプレイのUSBハブは、PC・Macに接続していなくても、給電は出来るのかと思っていたが、PC・Macに接続しなければ給電すら出来なかった

というわけで、Macにも接続する必要が出てしまった。

SPONSORED LINK

USBハブに繋ぎ「コンセント代わりに使用する」

ただ、これは案外簡単に解決出来た。既にUSBハブを使用していたからだ。

そして、設置してみると、寧ろこの形が最適だったと感じた。その理由は、

LEDライトにはスイッチがなく、ケーブルの抜き差しでしか電源ON・OFF出来ない

ためだ。
液晶ディスプレイの裏側に配置する、LEDライトを抜き差しするのは非常に面倒

というわけで、液晶ディスプレイのUSBポートに接続したLEDライトはそのままで、USBハブのポートをコンセントのように抜き差しする事とした。

DSC02410
Spinidoノートパソコンスタンドの影に設置した、

DSC02409
USBハブには、液晶ディスプレイ側から引っ張ってきたUSBポートを放置(写真手前のもの)。

DSC02408
LEDライトを使いたい時は、コンセントに挿すようにUSBケーブルをハブに挿す

DSC02407
そうするとこんな感じで、明るくなる。
思いの他明るくなったが、液晶ディスプレイの裏側に設置してることもあり、まぶしいと感じる事はなかった。

終わりに

ちょっとした照明ってあると凄く便利だなと今回強く感じた。

明るすぎるのもダメだし、暗すぎるのもダメ。これくらいの明るさが、集中力は一番高くなると感じる。まあ、妻には「目が悪くなるからやめて」って言われるのだがw

というわけで、2015年12月から取り組んできて、PC・Macの作業環境効率UPを目的とした、周辺機器の導入が終了した。

我ながら、なかなかいい出来だと思って気に入っている。しかもこの環境は新しいMacに買い替えてもそのまま使える。

この環境を数年は使い続ける事になるだろう。
全部で10万円近い大きな投資となってしまったが、長く使えるという意味で元は確実に取れる。これでブログをまた頑張って行こうと思った。

疲れ目・姿勢改善の為に導入したMac用周辺機器のまとめ記事

疲れ目・肩こり対策と作業効率UPの為に購入した、Macのおすすめ周辺機器まとめ

2016.04.07

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK