12インチMacBook用「Inateck PCケース」を購入。取っ手とポケットがポイント

取って付きなのが嬉しい

12インチMacBook(Early 2016)を購入して3ヶ月程になるが、持ち歩き時のケースは使わない or MacBook Pro 13インチ用のケースを利用していた。

PCケースといえばスリーブケースが定番で僕も大抵はこれを使うのだが、いちいち出し入れするのが面倒という最大の欠点があり、薄くて・軽くて・持ち歩くしやすいことが売りのMacBookの魅力を損なうという考えもあったからだ。

だが、やはりスリーブケースを利用する事にした。とはいえ、あまり高いものを購入する気も無いため、Amazon価格1,400円程度の安価なものだ。

12インチMacBook用にスリーブケースを利用する事にした理由

機動力が落ちるという欠点を含めても、スリーブケースを利用することにした理由は大きく分けると2つ。

  • PCをカバンに入れていることを露骨に見せたくない
  • セットで利用するアクセサリを忘れるのを防ぎたい

この2点だ。

1つ目の事情は少し特殊な事情。
仕事関係で情報セキュリティが非常に厳しい会社に出入りする事が多いのだが、PCを出して利用さえしなければ、持ち込みそのものは特に制限されていないものの、露骨に見えたら怪しまれる。

なので、せめてケースに入れてぱっと見た時、PCを持ってると分からないようにする必要があった。

もう1つはアクセサリの関係。
MacBookはバッテリー駆動時間が長いため、基本的にUSB Type-CのACアダプタ・ケーブルは普段持ち歩かない。だが、アダプタ類が必要になるシーンは結構多い。

例えば、セミナー等でプレゼンを行うときはVGAアダプタ or HDMIアダプタが必要になるが、USB-TypeC対応のアダプタはまず用意されない。

僕は「USB-C VGA Multiportアダプタ」を持っているが、これがないと始まらない。

12インチMacBook用のスリーブケース選定ポイント

というわけで、MacBook用にスリーブケースを購入することにした。

  • 安価であること
  • 12インチMacBook用であること
  • ポケットが最低1つ付いていること

を選定ポイントにした。

今もメインPCとして使用している、MacBook Pro Retina 13インチのスリーブケースは4,000円程するイイモノを購入した。

だが、使って見た感想として自己満足以上のものはなかったので、スリーブケースで高いものを購入する意味はあまりないと僕は感じたので、コストパフォーマンスを追求することにした。

その結果購入したのは「Inateck」というブランドのケースだ。
見栄えがわりとおしゃれなのにAmazon価格1,400円程度の安価なのが決め手になった。

SPONSORED LINK

Inateck 12インチMacBook用ケース

早速Amazonで購入した。

安価なこともありシンプルな梱包

安価なこともありシンプルな梱包

これがパッケージ。
Inateckという名前を僕はあまり聞いたことがなかったが、Mac向けのアクセサリメーカーとしてはわりと有名らしい。

これがケース本体。撥水加工も施されている

これがケース本体。撥水加工も施されている

そしてこれがケース本体。カラーは、

  • グレー
  • ブラック

の2種類で見た目からすると「グレー」と思う方が多いだろうが、実は「ブラック」。
グレーはホワイトという表現の方が正しいくらい、色が薄い。色が薄いのは汚れが目立つので今回は避けた。

地味に嬉しいのは撥水加工が施されていること。急な雨とかで水濡れが何よりも怖いので、絶対的な信頼は無いが、ないよりはいい機能。

「MAID IN CHINA」のイン時があってダサいと思ったが

「MADE IN CHINA」のイン時があってダサいと思ったが

シールなので剥がせます

シールなので剥がせます

とりあえず目に付いたのが「MADE IN CHINA」のマークだった。

ここ強調する必要あるの、、、?、と思ったがシールだったので簡単に剥がせて安心した。

これが内部。柔らかい素材

これが内部。柔らかい素材

これが中身。
まあスリーブケースなので特筆するような特徴はないが、MacBook本体を優しく保護してくれる。

12インチMacBookがピッタリ収納出来る

12インチMacBookがピッタリ収納出来る

12インチMacBookをいれるとピッタリ!

ポケットがついている

ポケットがついている

個人的に購入のポイントとなったポケット。

クリーニングクロスもついていた

クリーニングクロスもついていた

本体に付属していたクリーニングクロス、

USB-C VGA Multiportアダプタ

USB-C VGA Multiportアダプタ

「USB-C VGA Multiportアダプタ」の2つを

「USB-C VGA Multiportアダプタ」も収納可能

「USB-C VGA Multiportアダプタ」も収納可能

ポケットに収納。
これを自宅で使うことはまず無いので、ここに入れておけば外出時に忘れることは絶対に無い。

取って付きなのが嬉しい

取って付きなのが嬉しい

また、購入時には気づいていたものの特に気にしなかった「取っ手」

これがなかなか良かった。カバンから取り出しやすいのはもちろんだが、例えば車に他の荷物は置いたままで、MacBookだけを持ち歩くなんて時に便利。

正直いらないんじゃ、、、って思っていたが、意外にもあると便利だった。

終わりに

モバイルPCのスリーブケースの利用有無は好みが分かれる。

スマートフォンにも共通するが、使おうと思ったときにすぐ使えることが重要なので、あまりガチガチにしてしまうと機動力が失われてしまうからだ。

僕も12インチMacBookについてはケースを買うべきかかなり悩んだのだが、結局は購入する方向となってしまった。

1つの事例として参考になればと思います。

MacBookユーザー必携「USB-C Power Delivery」対応の充電器

MacBook(12インチ)ユーザー必携!USB-C Power Delivery対応マルチポート充電器レビュー

2016.05.28