わーすたサンタがかわいすぎた!「わーしっぷ大感謝祭2016 ~うるとらみらくるくるクリスマス~」レポート

僕の2016年はわーすたとの出会いで一変しました。

当初ライブハウスツアーファイナルで終わりにしようと思っていましたが、2016年はどうしても最後までわーすたを見たいと思い、無理矢理見に行くことに。

  • 「わーしっぷ大感謝祭2016」というタイトル
  • その日だけの衣装

と言われたら、行きたくなるじゃないですかw
さらにいえば、この日がわーすたとしては2016年最後の活動日でした。

わーしっぷ大感謝祭2016は昼公演・夜公演の2部制で、

  • 1部(昼公演)はクリスマス
  • 2部(夜公演)は新年

がテーマになった公演でしたが、この記事では昼公演(1部)の内容をレポートします。

記事内で使用している画像は、所属事務所・レーベルから掲載および撮影許可を得ているものです。

わーすた「わーしっぷ大感謝祭2016 ~うるとらみらくるくるクリスマス~」(昼公演)の概要

会場は新宿BLAZE

会場は新宿BLAZE

日時 2016年12月28日 13:00~14:30
都道府県 東京都
場所 新宿BLAZE
会場キャパシティ 800人
座席形式 オールスタンティング
チケット代 3,900円
専用エリア 女性・子供専用エリア、撮影集中エリアあり

昼公演(1部)は「うるとらみらくるくるクリスマス」というサブタイトルが付けられており、

ちょっと遅いクリスマス

というのがコンセプトの公演でした。また、この日だけの衣装というキャッチコピーもあったんですが、まあほぼ全員が、

サンタ風の衣装

を想像していましたよねw

衣装は「ホワイトサンタ」

登場した瞬間から高まった

登場した瞬間から高まった

で、登場した衣装は白いサンタ衣装

この公演僕は整理番号16番で2列目にいたんですが、心の中でガッツポーズしました。

それくらいかわいかったですねw

ちなみにデザインはたけうちはるかさんです。

女性・子供専用エリア、撮影集中エリア

衣装が凄くかわいかった

衣装が凄くかわいかった

わーすたライブの定番とも言える、女性限定エリア(女限)と撮影集中エリアもありました。

  • 女性・子供専用エリアはステージに向かって左側前方
  • 撮影集中エリアはステージ後方センターの1段上がったところ

という感じでした。

新宿BLAZEは初めて行ったんですが、後方は段差があって、凄く見やすい会場でしたね。

そして、今回も設置されていた女性限定エリアですが、入りきらないくらいの女性客だったそうです。

この日の客入りは500〜600人ってところだったと思います。

アイドルのライブを「女性専用エリア」で観るメリットってあるの?実際に体験してみました

2016.09.02

セットリスト

セットリストはカバー曲が目玉

セットリストはカバー曲が目玉

セットリスト

  1. Overture
  2. Doki Doki♡today
  3. ワンダフル・ワールド
  4. 〜MC〜

  5. NEW にゃーくにゃくにゃ水族館2
  6. 好きな人とかいますか(廣川奈々聖・三品瑠香)
  7. Zili Zili Love
  8. 〜MC〜
    〜クリスマスソングカバー〜

  9. 恋人がサンタクロース/FLOWER
  10. Last Christmas/BoA
  11. サンタさん/ももいろクローバーZ
  12. 〜わーすたサンタからのプレゼント企画〜

  13. ゆうめいに、にゃりたい。
  14. 完全なるアイドル
  15. らんらん・時代
  16. いぬねこ。青春真っ盛り
  17. 〜MC〜

  18. 約束だから
  19. ちいさな ちいさな(クリスマスアレンジVer.)
  20. うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ

セットリスト的には、わーすたのオリジナル曲を中心にしたもので、普通のライブとの大きな違いは、

  • クリスマスソングのカバーを3曲披露
  • プレゼント企画
  • 「ちいさな ちいさな」がアレンジバージョンだった

といった辺りでした。

ちなみにクリスマスソングの時だけは撮影禁止で、その他はいつも通り、スマホ限定で写真撮影・録画OKでした。

ライブ全体の感想

目玉企画はプレゼント会

目玉企画はプレゼント会

今回のライブはファン感謝祭的な位置付けです。

なので、随所にファン向け企画がありました。具体的には、

  • メンバーがそれぞれ『2016円分のプレゼント』を用意したプレゼント企画(チケットの半券によって当選者を決定)
  • 終演後のハイタッチ会
  • 個別撮影会(写メ会)の開催

あたりでしょうか。

参加しているファンも、新規って言うよりもリピーターの比率が高かったように感じましたし、全体的に暖かい空間だったと思います。

廣川奈々聖(なっちゅん)の歌のコンディションが良くなってた

なっちゅんの「アイスクリーム」が抜群だった

なっちゅんの「アイスクリーム」が抜群だった

あと、パフォーマンス的な部分で言うと、廣川奈々聖さんの歌のコンディションが良くなっていたように感じました。

2016年10月〜12月にかけて行われたツアーの間、喉の調子が悪かったようで、特に高音が出しづらそうだったんですよね。以下のレポート記事でも少し書いたんですが。

神戸で最幸のライブを見た!わーすた「完全なるライブハウスツアー2016 ~猫耳捨てて走り出すに゛ゃー~」神戸レポート

2016.11.16

それがすっかり無くなっていたように感じて、安心しました。

僕はなっちゅんの歌い方大好きですからねぇ。
あれは、アイドル好きには反則ですよw

SPONSORED LINK

開場までのドタバタ劇

以降は僕の個人的な感想や、出来事の振り返りです。

僕はこの日(12月28日)は朝移動で新幹線を使って東京に移動していました。品川駅の到着は11時45分頃。

そこから、新宿BLAZEに向かうと12時20分着という感じでした。開場は12時30分。つまりギリギリでした。

にも関わらず品川到着直前で、

山手線事故ってるよ

という情報。おわった、、、w

実はこのライブでは整理番号16番を持っていて、最悪でも2列目はいけるはずでした。なのでどうしても間に合いたかったのです。

とはいえ、止まってるという情報も無かったので、そのまま品川で降りて山手線のホームに向かいました。

そしたら、ダイヤは乱れていたものの動いていて、ホームに着いたらすぐに電車来たので事なきを得ました。

会場内で位置をツイートしたら、話しかけられた

で、何とか時間に間に合い無事入場したんですが、残念ながら最前は取れませんでした。

多分突破してた人いましたね。明らかに入ってる人が番号以上にいたと思います。というわけで、左端の2列目をキープ。

いわゆる松田ポジションになるわけですが、実は初めてだったんですよね。なので、こんなツイートしたら、

直後に前にいた女性2人組が振り返り(つまり最前にいた)、

「チーさんですか?」

とw
ビックリしましたねぇ。かわいらしい女性2名がいるわけですから。わーすたってほんと都会の女の子が普通に見に来てるっていうのに毎回驚かされます。

「近いは正義」と実感したライブ

近くでみた梨々華ちゃんがかわいかったw

近くでみた梨々華ちゃんがかわいかったw

というわけで、このライブ2列目で見てました。
この距離感初めてでしたが、

最高でした

わーすたにもおまいつ(「お前いつでもいるな」の略)と呼ばれる常連客がいます。彼らは大抵最前の辺りにいるんですが、「その気持ち分かるぞ!」と言いたくなりましたよね。

それが、終わった後のカメラロールを見れば明らかで、

撮らずにはいられないよね

とw
最近はあんまりライブで写真は撮らないようにしてたのです。記事で使う写真は後から探せば大抵提供してもらえますし、撮ることに集中すると見られないので。

が、無理でしたw

やっぱりアイドルのステージを近くでみるのは最高ですよね。

これ、握手会みたいなので近くに行くのとは意味が違うんです。

近いは正義だなと。

推しメンは「松田美里」を再認識

やっぱりみりてこちゃんはかわいい

やっぱりみりてこちゃんはかわいい

で、近くで見ると、見る対象はよりどりみどりなわけです。

メンバー全員がかわいいわーすたちゃんなんで、目移りしまくりなんですけど、誰を見てることが多かったかと言えば、

松田美里>廣川奈々聖>その他のメンバー

って感じで、何だかんだ言ってやっぱ僕は松田美里ちゃんが好きなんだなぁと思いましたw
あと、なっちゅんも。

わーすたの記事を書きまくってそれなりに知名度が出てきたこともあり、なるべくフラットなスタンスで見るっていうのは結構意識してるんですけどね。

近くで見たら、本能にはあらがえませんでしたw

みんなかわいい!
なんだけど、やっぱ松田・廣川の2本柱だと。

何言ってるかわからねーでしょうがw

終演後のハイタッチ会

終演後には開場入り口でハイタッチ会が行われました。

これ、開始前には案内されていなかったサプライズ企画だったと思うんですが、凄く嬉しかったですね。

今回のライブでは、撮影会(写メ会)はありましたが、握手会はありませんでした。ハイタッチ会だと会話するほどの時間は無いですけど、一瞬でも感想が伝えられてそれが良かったですよね。

何というか、

ファンの気持ちよく分かってるなぁ

って思わずにはいられなかったです。

「ヲタルTシャツ」で挑むわーすた撮影会(写メ会)

写メ券は昼が松田・坂元、夜が松田・廣川

写メ券は昼が松田・坂元、夜が松田・廣川

ハイタッチ会が終わり外に出た後は、そのまま撮影会(写メ会)に移ったわけですが、この時1つネタを仕込みました。

神戸のわーすたライブで出会った、お笑い芸人ヲタルさんのTシャツを着て、撮影会に行くゲームですw

ちなみにこんなデザインなんですけどね。

ヲタルさん本人を含め3人でTシャツ着て、同時に並んで立ち向かいました。ターゲットは、

  • ヲタルさんの推しメン坂元葉月さん
  • 僕の推しメン松田美里さん

の2名。

ポーズはもちろんヲタルさんの「キャハポーズ」です。

まずははーちん。

坂元葉月さんとの写メ。めっちゃご機嫌でしたw

坂元葉月さんとの写メ。めっちゃご機嫌でしたw

めっちゃ受けましたね。

はーちん
何これ!めっちゃかわいい〜

って感じで。かわいいのか?って思いましたがw

しかし、この発言に気をよくしたヲタルさんは、写メ券をもう1枚買い増して、並んでましたw

ヲタルさん最近暴走気味な気がしますw
Tシャツ着替えてるときにも、前日のイベントで販売されたサイン入りのスマホケースをドヤ顔で見せびらかし

はーちんのサイン入りスマホケース

はーちんのサイン入りスマホケース

行ったんすか?

と聞くと、

ヲタル
どうしても仕事で行けなかったので、連れに代行してもらいました!!!

と再度ドヤ顔w

必死すぎww

話が逸れました。
続いて松田美里ちゃん。

松田美里さんとの写メ。勝手に「チンアナゴ」の顔されたw

松田美里さんとの写メ。勝手に「チンアナゴ」の顔されたw

ヲタルポーズでとリクエストして(有名な方なんでそれで通じる)、写真撮った後何故かニヤニヤする松田美里ちゃん。

みりてこ
いい表情しといたけん

なによって思いましたが、後で見て吹いたw

正直ネタとしての反応はイマイチだったかもですが、、、。ただ、

みりてこ
みんな同じTシャツ着てどうしたの?

仲いいね〜

ってニコニコしながら話してくれて、そこにほっこりしましたねw

実はネタとしては、

多分やったらはーちんにどん引きされたと思う、、、

多分やったらはーちんにどん引きされたと思う、、、

こっち側を正面にして撮影会に向かうって案もあったんです。
でも、特にはーちんはピュアだからやめとこうってなって、結果的にはそれで正解だったかなとw

ヲタルさんと撮った写真

ヲタルさんと撮った写真。地味に目線が難しくて、実は何度も失敗し、それでも上手く行かないから諦めた

ヲタルさんと撮った写真。地味に目線が難しくて、実は何度も失敗し、それでも上手く行かないから諦めた

最後に会場前で、ヲタルさんと一緒に写真撮ってお別れしました。

神戸のライブで初めてお会いして、以来1度一緒に写真撮ろうっていいつつ、ずっと忘れてたんですよねw

わーすたの現場に行くようになって、色んな人にお会いしてるんですけど、わざわざ事前に連絡してまで声かけてくれた方ってヲタルさんだけなんです。

僕は別に芸能界の人間でも、関係者でもないんですが、

わーしっぷ(わーすたのファン)としてフラットにお付き合いできる友達

っていいよなって思っているので、この出会いはほんといい縁だったなと思ってます。

僕は真冬のライブにはあまり行かないので(インフルエンザとかの感染で仕事的にも家庭的にも迷惑をかけるリスクが高いので)、わーすたライブは春までしばらくお休みです。

つまり、会う機会もしばらくなくなるんですが、春の再会が楽しみだなぁと。

終わりに

満足度の高かったファン感謝祭

満足度の高かったファン感謝祭

この公演はライブと言うよりはイベントに近い緩さがありました。

つまり、ツアーの時のような集中した感じや高揚感はあまりなかったんですけど、それがむしろ良かったなぁと思いました。

そういう意味でわーすたのライブは12月11日で既に終わっていて、シーズンオフの感謝祭という感じでした。

新規で見に来た人にはちょっと物足りない内容だったかもしれません。ですが、僕は大満足だったわけで、それだけ、『わーすたという沼』にどっぷり浸かってるんだなぁと再実感した公演でした。

夜公演のレポート

まさかの半纏衣装!?「わーしっぷ大感謝祭2016 ~完全なるフライングニューイヤー~」レポート

2017.01.07

わーすたメンバーのブログ記事

わーしっぷが撮影した動画

わーすたのまとめページ

あわせて読みたい「わーすた」のおすすめ記事

わーすたについてまとめた総集編記事や、プロデューサー樋口竜雄さんのインタビューです。 かなり長い記事ですが、これを読めばあなたも立派なわーしっぷ?

わーすたメジャーデビューと2016年活動秘話 〜iDOL Street樋口竜雄プロデューサーに聞きました vol.1〜

2017.03.09

「わーすた」の全てを知りたい方へ 〜NEW いぬねこ。でもわかる世界標準アイドルのトリセツ2〜

2017.04.15
SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)