運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

三重から地方のアイドル業界を引っ張りたい。煌めき☆アンフォレントプロデューサー「へなぎさん(木本憲志)」に聞く、2018年下半期まで振り返りとこれから

へなぎさんに聞く2018年振り返りとこれから
SPONSORED LINK

「綺星★フィオレナード」の戦略

綺星★フィオレナード
「煌めき☆アンフォレント以外」のグループとして、中心に据えているのはやはり「綺星☆フィオレナード(スタフィオ)」ですよね。

よくある「妹分ユニット」という位置付けと思っていましたが、その割にはかなり力を入れているように感じます。

へなぎ
2017年12月22日にデビューして、約1年活動してきています。

おっしゃる通り、「妹分ユニット」って本体のバーターになりがちなんです

僕は、そうしたくなかった。なので、

煌めき☆アンフォレントよりも力を入れて楽曲を作り、追い抜くつもりでやる

と決めて、プロデュースしています。

そして、東京のメンバーを加えた2018年夏以降、かなり勢いが出てきました。

客層は、いい意味でキラフォレとバラバラだと思います。

「別物」として売っていきたいと思ってますし、だからこそプロモーションも頑張っています。

今のメンバーが持っている能力以上の、楽曲・ステージを用意しているつもりです。

その上で、まずはキラフォレの横になれるように、頑張って欲しいし、そうなるように僕も頑張ります。

そして、「ゆくゆくは横の移動みたいな仕組みも作りたいな」って思いますね。

さらに、3つ目のユニットも作って、組織として拡大させたいです。

そのためには、所属タレントだけではなく、僕の「ブランド価値」みたいなものも高める必要があります

正直、今までは見せかけだけ大きくして、中身が伴っていないこともありました。

ただ、最近はちゃんと実力をつけて、しっかり地に足を付けて頑張っていかないといけない時期になったかな、って思うようになっています。

2018年12月19日に「fiore d’amore*」でメジャーデビューしましたよね。

これもかなり力が入っている証拠と感じましたが、煌めき☆アンフォレントとは販売戦略が随分違うように思うのですが……。

へなぎ
スタフィオのメジャーデビューは、「長期的なプロモーション」としてのリリースと位置付けています。

メジャーデビューは、やはりCDをある程度たくさん売らないといけません。

目標枚数も大体、レコード会社との話し合いで決めるんです。ちなみに、煌めき☆アンフォレントは「2万枚」でした。

ですが、スタフィオは目標枚数をこちらで決めさせてくれました

綺星★フィオレナードが2019年に、東海地方で頭1つ抜けるための仕掛け、と理解していただけたらと思います。

運営者チーのおすすめ記事

チー
2児の父親でありながらアイドルヲタクという、残念な大人ですが、記事を書き続けていることには、それなりの理由があるんです。
アイドル記事を書き続けている理由

アイドルが好き!ヲタク歴20年の僕が、アイドル記事を書き続ける理由と推しのアイドル

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!