「cheero Wireless Earphones with Bluetooth 5.0」レビュー。4,000円以下・マニュアルが日本語対応!安心して使える完全ワイヤレスイヤホンの入門機【PR】

イメージ右 イヤホン・ヘッドホン
SPONSORED LINK

こんにちは、三重野です。

cheero Wireless Earphone with Bluetooth5.0(CHE-624)」は、モバイルバッテリーモバイルバッテリーで有名なcheeroが、満を持して発売した完全ワイヤレスイヤホンです

cheero Wireless Earphoneの特徴
  • 「耳からうどん」じゃない見た目
  • 左右独立使用可能
  • 誤動作のない物理ボタン
  • 聞きやすい音質
  • USB-C 充電
  • 「3,780円(税込)」ととにかく安い

完全ワイヤレスイヤホンに求められることは、必要にして充分。

それで「3,780円(税込)」という価格なので、「完全ワイヤレスイヤホン」という製品も、すっかり一般化したなと感じます。

唯一の欠点は、耳から外れやすいこと……。

まあ、耳から外れやすいのは、この形状の他機種でも同じです。

運が悪ければ「海ポチャ」「トイレポチャ」してしまいます。くれぐれもご注意ください。

三重野
左右独立型で片耳での使用が可能です。

だから、左右それぞれ別々のBluetooth対応機器(スマホ等)に接続して、ふたりで片側ずつ使うなんてことができるのが面白いです!

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

「cheero Wireless Earphone with Bluetooth5.0(CHE-624)」のスペック概要

「cheero Wireless Earphone with Bluetooth5.0(CHE-624)」の概要

cheero Wireless Earphone with Bluetooth5.0(CHE-624)」のスペックは以下の通りです。

型番CHE-624
Bluetooth Ver.Bluetooth 5.0
プロファイルA2DP/AVRCP/HFP/HSP
対応コーデックSBC/AAC
通信距離10m
防水規格IPX5
充電端子USB-C
連続通話/音楽再生時間本体:約4時間
充電時間本体:約1時間
充電ケース:約2時間
バッテリー容量本体:3.7V/40mAh
充電ケース:3.7V/580mAh
重さ片耳:4.4g
充電ケース:43g
価格Amazonで「3,780円(税込)」

マニュアルはわかりやすい「日本語」対応。

取説

価格はAmazonで「3,780円(税込)」です。

cheero Wireless Earphoneの開封レポート

パッケージ

cheeroらしい清潔感のあるパッケージ。

開封すると以下が入っていました。

同梱品
  • イヤホン本体
  • 充電ケース
  • イヤーピース3種(S・M・L)
  • 充電用USB-A to Cケーブル
  • 取扱説明書
  • 保証書(1年間)
オンパレ

本体には、「cheeroマーク」が入っていてちょっと可愛い感じです(笑)

ただ、素材・質感はちょっと安っぽいかも……。価格なりと思います。

本体アップ

ケースはシンプルでコンパクト、持ちやすそうです。

500円硬貨との比較 ケース手持ち

完全ワイヤレスイヤホンは、「ケースで持ち歩く」のが基本なので、ケースの形状、コンパクトさも重要です。

丸くて手に馴染み、ポケットに入れても痛くないフォルムです。

ただし、ストラップホールはありません。ここは残念。

充電端子は「USB-C」。

USB-C

電池残量、充電インジケータは、ケースの中です。

充電ランプ 本体なし

使い方は、簡単!

初めて使う時、スマホとペアリングするだけです。

次回からは、ケースから取り出すと自動的につながります。

cheero Wireless Earphoneのここが良かった!

cheero Wireless Earphone with Bluetooth5.0(CHE-624)」を実際に使ってみて、感じたことを紹介します。

まずは良かった点。

良かった点
  • クセのないスッキリした音
  • 二人で片側ずつ使えるように左右対称の形をしている
  • タッチセンサーではないので誤動作がない

クセのないスッキリした音

イメージ左耳
音質は、低音に少し物足りなさを感じました

しかし、「3,780円」という価格相応だと思います。

このあたりのチューニングは、「タイムドメインラボ」による音質監修とのことです。

ふたりで片側ずつ使える

ユニークな機能として、イヤホン本体は左右対称の形で、左右どちらに装着しても大丈夫です。

なので、例えばふたりでそれぞれ別々のスマホに繋ぐこともできます。

こういった使い方は、面白いですね(笑)

独立接続

左右の形は全く同じです。L/R刻印で見分けることができます。

LR

Android(Galaxy Note8)はもちろん、iOS(iPhone SE、第5世代iPad mini)も、接続安定性(左右の再生)は全く問題ありませんでした

もちろん、YouTubeなどの動画再生時も音ズレ(遅延)は、ほぼ違和感がないレベルです(「音ズレチェック用動画」で検証)

シビアなレスポンスが要求されるゲームなどは、自己責任でお願いします。

タッチセンサーではないので誤動作がない

本体アップ

タッチセンサーではないので、イラっとする誤動作がありません。

やっぱり物理ボタンの方が良いですね。

cheero Wireless Earphoneのここがイマイチ

ただ、イマイチだった点もあります。以下の3点です。

イマイチな点
  • 耳から外れやすい
  • ノイズキャンセリング機能なし
  • ちょっと安っぽい?

耳から外れやすい

イメージ左耳

これは完全に主観です。

僕の耳にはあわなかったです。少し耳から外れやすいかな、と感じました。

完全ワイヤレスイヤホン」の弱点は、構造的に重心が外側というか、本体の重量バランスがイマイチなんですよね

このため、急に振り向いたり、しゃがんだりすると耳から外れやすい。

装着したまま、歩いたり走ったりする時にはくれぐれもご注意を。

ノイズキャンセリング機能は「ありません」

本機には、騒音の中で静かに音楽を聴けるような機能、いわゆる「ノイズキャンセリング機能(通称ノイキャン)」には対応していません

SONY「WF-1000XM3」、Apple「AirPods Pro」が対応したことで、「アクティブノイズキャンセリング」はかなり一般化しました

ただ、これらの機能は3万円程度する「高級機」にのみ搭載されており、「3,780円」の本機はさすがに非対応です。

ちょっと安っぽい?

繰り返し書きますが、本機は「3,780円」とかなり安いです。

2019年頃から、完全ワイヤレスイヤホンは随分増えましたが、それでも4,000円以下は少ないんです

三重野
「3,780円」という価格にこだわりを感じる。

高スペックにして価格を上げるのも可能だったでしょう。

しかし、cheeroは価格と品質、機能のバランスを相当考えてこの価格帯を選択したのだろうと想像します。

正直言って、ちょっと安っぽいかもしれないけど、良く頑張っている。欲を言えばキリがありません。

cheeroは、限られたコストの中で最大限のクオリティを提供しようと考えた、その真面目さが伝わってきます。

終わりに

イメージ右

令和2年(2020年)、cheeroから初の完全ワイヤレスイヤホン「cheero Wireless Earphone with Bluetooth5.0(CHE-624)」が登場しました。

  • 乱立する完全ワイヤレスイヤホン市場に、後発としてどうやったら受け入れられるか?
  • ユーザーは今、どんな機能を求めているのか?
  • ノイキャンって本当に必要なの?

たぶん、cheeroはその辺りを冷静に見極め、割り切って、本機を開発したのでしょう。

完全ワイヤレスイヤホン」は消耗品です。2年も使えばバッテリーがヘタって寿命が来ます。

だから、安くて実用的なこと、コスパが良いことが正義です。

cheero初の完全ワイヤレスイヤホンは、4,000円以下で買えるイヤホンの中で、個人的には一番ではないか、と思います。

「見極め」、「見立て」、「見切り」がcheeroらしい

と感じました。

ワイヤレスイヤホン・ヘッドセットに関する記事

AirPodsの登場以来、「完全独立型ワイヤレスイヤホン」が増えています。まだまだ、進化中の製品ですが便利なので是非使ってみてください。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ2019年版

【2020年版】買ってよかった完全ワイヤレスイヤホン5選。iPhoneで使うおすすめと私の選び方

2019年1月29日
チー
今一番のおすすめは、5,999円でこのタイプとしては安価な「Mpow M5」です。

「ケーブルってこんなに邪魔だったの!」と驚くくらい、便利なので1度体験してね!
▼マイナーメーカーですが品質は高いです!
Mpow T5レビュー

「Mpow T5(M5)」レビュー。6,288円で買える、使い勝手もよく、音質に優れ、高級感のある完全ワイヤレスイヤホン【PR】

2019年9月8日
▼価格は高いですが、ノイズキャンセリング機能付き「決定版」と言える品質と機能!
SONY完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」レビュー

SONY「WF-1000XM3」レビュー。遅延・バッテリー駆動時間の短さを解消した、ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンの決定版!

2019年10月22日
▼iPhoneユーザーなら使い勝手含めて一番のおすすめ
第2世代AirPodsレビュー

Apple「第2世代AirPods」レビュー。第1世代と比較して何が変わった?ワイヤレス充電は便利、バッテリー交換も少し安くなったよ

2019年7月20日

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年2月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK