Sudio完全ワイヤレスイヤホン「Fem(フェム)」レビュー。AirPodsの「耳からうどん」が嫌いな方におすすめする、北欧デザインのおしゃれなイヤホン【PR】

Sudio完全ワイヤレスイヤホン「Fem(フェム)」レビュー イヤホン・ヘッドホン
SPONSORED LINK

おしゃれな完全ワイヤレスイヤホンが欲しい!「耳からうどん」は嫌!!

Apple「AirPods」から始まった、完全ワイヤレスイヤホンは2018年後半から一気に普及し、今や使っている人を見かけるのは珍しくなくなった。

ただ難点もある。

使っているのはみんなAirPods!!

「耳からうどん」という見た目含めて、AirPodsとすぐ分かるので、圧倒的なシェアを誇っていることは容易に想像できる。

しかし、特にiPhoneとの相性はよいのだが、見た目が受け入れられない人は多く、あえてAirPods以外を探す人もまた多い。

この記事で紹介する、Sudio完全ワイヤレスイヤホン「Fem(フェム)」は以下のような特徴がある。

  • 北欧デザインのおしゃれなイヤホン
  • AirPodsに似たタッチセンサーによる操作
  • 約6時間の連続再生、付属の充電ケースを使えば最大20時間の再生が可能
  • 当サイト限定クーポンの適用で実売価格が「14,365円」

以前、Sudio製品としては「TOLV(トルブ)」というモデルをレビューしたことがあるが、「Fem(フェム)」は後継モデルにあたり、TOLVを使って感じた欠点がほぼ全て解消されていた

Sudio完全ワイヤレスイヤホン「TOLV」レビュー

Sudio完全ワイヤレスイヤホン「TOLV(トルブ)」レビュー。プレゼントに最適なおしゃれなデザイン、7時間の長持ちバッテリーが魅力【PR】

2019年7月19日
チー
完全ワイヤレスイヤホンは、いよいよ製品として完成の域に達してきたなぁと思った。
この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

Sudio完全ワイヤレスイヤホン「Fem(フェム)」の概要

Sudio「Fem」

今回紹介する、Sudio完全ワイヤレスイヤホン「Fem(フェム)」のスペックのうち、僕が気になる部分のみピックアップすると以下の通り。

方式Bluetooth 5.0
対応コーデックSBC, AAC
通信方式完全ワイヤレスイヤホン(左右独立型)
電池持続時間(連続音声再生時間)単独:6時間
ケース込み:合計約20時間
電池持続時間(待受時間)6日間
防水IPX5
ノイズキャンセリングなし
音声アシスタントSiri・Googleアシスタント対応
イヤホンサイズ(幅×高さ×奥行)19 mm × 29 mm × 24 mm
ケースサイズ(幅×高さ×奥行)66 mm × 66 mm × 28 mm
重さイヤホン(片方):5.5 g
ケース:52g
カラーバリエーションBLACK
WHITE
PINK
CLASSIC BLUE
価格16,900円(公式サイト)
※当ブログ限定15%オフクーポンコードあり

完全ワイヤレスイヤホンはかなり普及してきたので、スペックだけで言うと特筆するほどの特徴はない。

メーカーはグラフェンドライバー採用による高品質さなどをアピールしている。

確かに僕が使った感想としても、音質はよいと思うのがそれが購入に繋がるケースは少ないだろう。

個人的に、完全ワイヤレスイヤホンは利便性が重要で、高音質を求める製品ではないと思うので、この点については参考程度として欲しい。

5,000〜10,000円程度の安価な製品と最大の差別化ポイントは、「高級感」にあると思う。

パッケージが上質

パッケージ含めて上質で、プレゼントにも最適。

また、「Fem(フェム)」はAndroidでも使うことができるので、スマホを選ばず使うことができる。

今回は「WHITE」をレビューするが、他にBLACK・PINK・CLASSIC BLUEの3色が用意されている。

\ 送料無料・限定クーポンあります /

Sudio「Fem」をチェック

当サイト限定のクーポンを適用すると、15%オフとなり「14,365円」で購入できます

クーポンコードestpolis
優待内容15%オフ

「TOLV」と比較してさらに装着感が軽いことが魅力

TOLVとFemの比較

左:Fem
右:TOLV

「Fem(フェム)」をはじめとするSudioブランドの製品は、北欧(スウェーデン)デザインのおしゃれなイヤホンを多数展開している。

北欧だからおしゃれなの??

そんなことを思う方もいるだろうし、実際おしゃれかどうかは主観を伴う部分なので、ご自身で判断いただけたらと思う。

たくさんの完全ワイヤレスイヤホンをレビューしてきた僕が、「Fem(フェム)」を使ってよいなと感じたのは装着感。

完全ワイヤレスイヤホンの装着方法は、大きく分けて3種類ある。

  • 一般的なイヤホン
  • カナル型イヤホン
  • イヤーフック型イヤホン

前モデル「TOLV」はカナル型に近かったが、装着方法は耳の穴に押し込むのではなく、はめ込む感じで独特のものだった。

「Fem」ではさらに改良されており、耳の穴に「被せる」感じになった

Femを装着した状態

Femを装着した状態

TOLVを装着した状態

TOLVを装着した状態

これが装着した状態。

「TOLV」は装着感はよいものの、没入感は薄かった。

しかし、「Fem」はいい感じの没入感がある。若干大きくなったが、装着感は特に変わらない。

SONY「WF-1000XM3」やApple「AirPods Pro」が対応する、アクティブノイズキャンセリング機能(ANC)には非対応なので、外音はコントロールできません
チー
僕はカナル型使うと、すぐ耳が痛くなるんだけど、「Fem(フェム)」は長時間付けても痛くならないのが嬉しい!
\ 送料無料・限定クーポンあります /

Sudio「Fem」をチェック

当サイト限定のクーポンを適用すると、15%オフとなり「14,365円」で購入できます

クーポンコードestpolis
優待内容15%オフ

Sudio「Fem(フェム)」開封レポート

Femの外箱

簡単な開封レポートを。

今回は、2020年2月14日までに製品を購入した方にプレゼントされる「Sudioオリジナルミニポシェット」が同梱されているため、パッケージとしては大型だった。

2020年2月14日までのキャンペーン
  • Sudioオリジナルミニポシェットをプレゼント
  • イヤホン2点以上の購入で10% OFF
  • ※クーポンコード併用可

しっかりした梱包 開封

箱を開けると、さらに梱包されていて、「ギフトパッケージだったかな?」と思ったくらい凝っている。

同梱品
  • 「Fem(フェム)」の化粧箱
  • Sudioオリジナルミニポシェット
  • ギフト用の袋

これらが入っていた。

Sudioオリジナルミニポシェット

これがSudioオリジナルミニポシェット。

ギフトケース

ギフト用の袋もあり、プレゼントにも最適。

Fem(フェム)の化粧箱(表) Fem(フェム)の化粧箱(裏)

続いて「Fem(フェム)」の化粧箱。

定価「16,900円」の製品ということで、パッケージに安っぽさは全くない。

パッケージが上質

開封すると本体がお目見え。

同梱品 イヤーチップとUSB-Cケーブル 日本語対応のマニュアル

同梱品は以下。

Fem(フェム)の同梱品
  • Fem(フェム)本体
  • 充電ケース
  • USB-Cケーブル
  • イヤーピース4種類
  • 取扱説明書(日本語対応)

ケースのふたをあけると、イヤホンが登場する。

Fem本体 イヤホン登場

初回利用時は、イヤホンをケースから外すと自動的にペアリングモードとなり、スマホ側で接続すればセットアップ完了だ。

慣れている人なら1分かからない。

高級感のあるデザイン

イヤホンはとてもコンパクト。

Femを装着した状態

装着するとこんな感じ。

AirPodsを装着

これはAirPods。
AirPodsでよく言われる「耳からうどんをぶら下げている状態」にもならず、スッキリしている。

AirPodシリーズと比較

左:AirPods Pro
中央:AirPods
右:Fem

ホワイトモデルということで、AirPods Pro・第2世代AirPodsとも比較してみる。

ケースは大きめ

みての通り、ケースはわりと大きい。

イヤホンの比較

イヤホンはコンパクトなので、ここはちょっと残念な部分だ。

充電はUSB-C端子を利用して行う。

フル充電状態で、イヤホン単体で「最大6時間」、ケースからの充電を含めれば「最大20時間」持つので、普段使いで困ることはまずないと思う。

\ 送料無料・限定クーポンあります /

Sudio「Fem」をチェック

当サイト限定のクーポンを適用すると、15%オフとなり「14,365円」で購入できます

クーポンコードestpolis
優待内容15%オフ

Sudio「Fem(フェム)」を使った感想

Sudio完全ワイヤレスイヤホン「Fem(フェム)」レビュー

Sudio「Fem(フェム)」は、ここまで紹介した装着感の良さ以外に、以下の4点が高評価だった。

Sudio「Fem(フェム)」のここがいい!
  • 音質は良好。動画再生時の「遅延がほぼなし」
  • バッテリー持続時間は「7時間」で十分
  • 充電端子が「USB-C」になった
  • 複数デバイス接続(マルチペアリング)に対応。切替が簡単になった

音質は良好。動画再生時の「遅延がほぼなし」

音質は良好

「Fem(フェム)」の売りの1つが、

グラフェンドライバーを採用し、クリアかつダイナミックな高音質

というものだ。

正直僕は完全ワイヤレスイヤホンに「音質」をそこまで求めていないが、AirPodsよりは明らかに音質がよいと感じた

また、完全ワイヤレスイヤホンの重要な評価ポイントは、動画再生時の遅延

2019年以降発売したモデルは、この問題を解消したモデルが多いが、「Fem(フェム)」も問題なかった。

チー
iPhoneはもちろん、Androidの「Pixel 3」でもほとんど遅延は感じなかった。地味だけどこれはポイント高い!
\ 送料無料・限定クーポンあります /

Sudio「Fem」をチェック

当サイト限定のクーポンを適用すると、15%オフとなり「14,365円」で購入できます

クーポンコードestpolis
優待内容15%オフ

バッテリー持続時間は「6時間」で十分

バッテリー駆動時間は6時間

また、完全ワイヤレスイヤホンの宿命とも言える欠点は、バッテリー持続時間の短さ。

平均的には「3〜4時間」くらいと思うが、「もうちょっと持って欲しい」というのが本音だった。

僕は岡山在住で、イヤホンを最も長く使うシーンは「東京出張」。

新幹線の場合、自宅から都内の目的地だと大体4〜5時間かかるので、東京駅に着く頃バッテリーが切れることが多い

チー
もうちょっと頑張ってくれよ〜

と言いたくなるのだが、「Fem(フェム)」は6時間持つ

前モデル「TOLV」と比較すると減ったが(TOLVは7時間)、問題になるレベルではないと思う。

ちなみに、付属の充電ケース使用で最大20時間の再生が可能となる

ただこれは「Fem(フェム)」に限らず、バッテリーを使う製品全般に言えることだが、バッテリーは使えば使うほど消耗する。

使用頻度にもよるが、2年も使えば半分くらいになるわけで、バッテリー交換が難しい完全ワイヤレスイヤホンは、「使い捨てのデバイス」であることは認識しておいて欲しい

AirPodsのバッテリーが消耗

AirPodsのバッテリーが寿命間近。消耗(へたって)してきたら、交換と買い替えのどちらが良いか?

2019年1月12日
\ 送料無料・限定クーポンあります /

Sudio「Fem」をチェック

当サイト限定のクーポンを適用すると、15%オフとなり「14,365円」で購入できます

クーポンコードestpolis
優待内容15%オフ

充電端子が「USB-C」になった

ここからは、以前レビューした「TOLV」と比較した進化ポイント。

Sudio完全ワイヤレスイヤホン「TOLV」レビュー

Sudio完全ワイヤレスイヤホン「TOLV(トルブ)」レビュー。プレゼントに最適なおしゃれなデザイン、7時間の長持ちバッテリーが魅力【PR】

2019年7月19日

これは時代の流れと言うべきかも知れないが、充電端子が「USB-C」となった。

「TOLV」はmicro-USBで、USB-Cになって機能的に進化したわけではない。

しかし、2020年現在販売されているAndroidスマホは、ほぼ全てUSB-Cなので、イヤホン充電のためのケーブルを持ち歩く必要がないのは、メリットと言える

複数デバイス接続(マルチペアリング)に対応。切替が簡単になった

複数デバイスのペアリング切替が楽

「TOLV」最大の欠点は、複数デバイス接続(マルチペアリング)に非対応だったこと。

今や、スマホ・タブレット・パソコンのうち2台くらいを持っている人は珍しくないし、そんな人は双方で使いたくなる。

  • スマホとタブレットに同時接続したい(マルチポイント)
  • 一時的に別のスマホへ接続を切り替えたい(マルチペアリング)

こんなことをやろうとした時、「TOLV」ではいちいちリセットしないといけなかった

チー
これがまた、とても難しい操作で……。

「Fem」はマルチペアリングに対応した。

切替時に、接続中のデバイスから「切断」する必要はあるが、複数デバイスのペアリング情報が保持されるので、リセットする必要はなくなった。

例えば、iPhoneからAndroidに接続する場合、以下の操作となる。

接続切り替え手順
  1. iPhoneのBluetooth設定から、Femを選択し「切断」する
  2. AndroidのBluetooth設定から、Femを選択し「接続」する

一手間はかかるが、これだけで接続切替できるので、随分楽になった。

マルチポイントに対応していません

Sudio「Fem(フェム)」のここがイマイチ

Sudio完全ワイヤレスイヤホン「Fem(フェム)」レビュー

音質など基本的には高評価のSudio「Fem(フェム)」だが、もちろん欠点もある。

僕が気になったのは以下の3点

Sudio「Fem(フェム)」のここがイマイチ
  • ケースがちょっと大きい
  • タッチセンサーの反応がイマイチ
  • ノイズキャンセリング機能に非対応

ケースがちょっと大きい

AirPodシリーズと比較

左:AirPods Pro
中央:AirPods
右:Fem

「AirPods」と比較したときに、一番大きな欠点はケースの大きさだ

比べるとこんな感じ。

ポケットには入るが、さすがにかさばって邪魔になるサイズ感……。

TOLVとの比較

TOLVも大きかったので、このモデルに限った話ではないが、もうちょっとコンパクトになると嬉しいなぁと思った。

イヤホンの比較

イヤホン自体はFem(フェム)の方がコンパクトなので、ここはちょっと残念だった。

タッチセンサーの反応がイマイチ

タッチセンサーの操作方法

「Fem(フェム)」はタッチセンサーを搭載しており、本体をタッチすることで音楽の再生などの操作を行う。

AirPodsににていると言えばそうなのだが、この反応がイマイチ……。

操作内容動作
1回タッチ音楽の再生停止
受話・終話
2回タッチ進む・戻る
3回タッチ音量の増減

例えば2回タッチするとき、AirPodsの感覚だと「トントン」という感じで、素早く2回タッチする。

しかし、Femの場合は「トーン、トーン」という感じで、少しゆっくりタッチしないと認識してくれない

チー
慣れの話かもしれないけど、ちょっと使いづらかった

アクティブノイズキャンセリング機能に非対応

WF-1000XM3の目玉機能はノイズキャンセリング機能

2019年の完全ワイヤレスイヤホンは、アクティブノイズキャンセリング機能(ANC)がトレンドだった

この分野で先行していたのは、SONYとBOSEだったが、SONYが「WF-1000XM3」を発売しこれが品薄になるほど売れまくった。

僕自身も購入したが、本当に使い勝手がよく、ノイズキャンセリング機能の便利さを実感したのだが、この市場にAppleも参入する

2019年10月に発売した「AirPods Pro」は、独自のチップセットを使い、この機能を実現。

正直技術的には、何年も前から導入しているSONYとBOSEの方が上だろうと思っていたのだが、驚くべき完成度だった

その証拠に、発売から3ヶ月経つ2020年1月現在も品薄。

このことで、

高価な完全ワイヤレスイヤホンは、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載する

という流れができてしまった。

「Fem(フェム)」は価格的に非対応となるが、長い目で見ると1万円台の完全ワイヤレスイヤホンにおいても、アクティブノイズキャンセリング機能は必要になるだろう。

SONY完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」レビュー

SONY「WF-1000XM3」レビュー。遅延・バッテリー駆動時間の短さを解消した、ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンの決定版!

2019年10月22日

終わりに

Sudio完全ワイヤレスイヤホン「Fem(フェム)」レビュー

Sudio「Fem(フェム)」は、以下のような方におすすめと感じた。

  • Androidユーザー
  • 安価な製品より、高級感のある製品を好む人
  • 完全ワイヤレスイヤホンを、プレゼントしたい

特に3点目はポイントで、本体の高級感やギフトパッケージの豪華さは10,000円以下の安価な製品とは一味違う。

手に取ったときに「おっ」と思ってもらえる、イヤホンだと思う。

Apple製品のような高級感もあるので、AirPodsのデザインが受け入れられない方にもおすすめだ。

是非使ってみて欲しい。

\ 送料無料・限定クーポンあります /

Sudio「Fem」をチェック

当サイト限定のクーポンを適用すると、15%オフとなり「14,365円」で購入できます

クーポンコードestpolis
優待内容15%オフ

ワイヤレスイヤホン・ヘッドセットに関する記事

AirPodsの登場以来、「完全独立型ワイヤレスイヤホン」が増えています。まだまだ、進化中の製品ですが便利なので是非使ってみてください。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ2019年版

【2020年版】買ってよかった完全ワイヤレスイヤホン5選。iPhoneで使うおすすめと私の選び方

2019年1月29日
チー
今一番のおすすめは、5,999円でこのタイプとしては安価な「Mpow M5」です。

「ケーブルってこんなに邪魔だったの!」と驚くくらい、便利なので1度体験してね!
▼マイナーメーカーですが品質は高いです!
Mpow T5レビュー

「Mpow T5(M5)」レビュー。6,288円で買える、使い勝手もよく、音質に優れ、高級感のある完全ワイヤレスイヤホン【PR】

2019年9月8日
▼価格は高いですが、ノイズキャンセリング機能付き「決定版」と言える品質と機能!
SONY完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」レビュー

SONY「WF-1000XM3」レビュー。遅延・バッテリー駆動時間の短さを解消した、ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンの決定版!

2019年10月22日
▼iPhoneユーザーなら使い勝手含めて一番のおすすめ
第2世代AirPodsレビュー

Apple「第2世代AirPods」レビュー。第1世代と比較して何が変わった?ワイヤレス充電は便利、バッテリー交換も少し安くなったよ

2019年7月20日

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年1月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK