iPhoneとAndroidの地味だけど大きな違いは買取価格の高さ

iPhone4Sを購入して9ヶ月くらいになる。
以前使用していたのはiPhone 3GSなのだが、一応記念品と言うことでとっていた。だが、最近いらないものを色々処分していてさすがにもう使う事はないと悟ったため、iPhone 3GSを売り飛ばすことにした。

数ヶ月前、知人に聞いてみたら「記念にもっとけばいいんじゃねレベルの価格にしかならない」と聞いていたが、改めて調べて見ると驚きの価格。発売から3年が経つiPhone 3GSは今でも中古市場で1万円以上で買い取られているんですね。これデジタルガジェットとしては驚異的な高さだと思う。

iPhone 3GSの状態

ちなみに僕が使っていた3GSは、

  • 約1年半使用
  • ケースは付けていたが2回ほど落として角に傷あり

という状態。傷があるのでお世辞にも状態は良くない。ほんとならヤフオクで売りさばいた方が高くなるが、今回は状態もあまり良くないためトラブルを避けて業者に売る事にした。合わせて嫁がiPhoneに移行した事でいらなくなった、「ARROWS Kiss F-03D」も。利用したのはこちらのサイト。

スマートフォンの買取ならゲオのSmarket | iPhone・Androidなど高額買取

買取価格

買取価格は以下のような感じだった。

iPhone3GS:5,700~13,000円
ARROWS Kiss F-03D:4,800~11,000円

まず価格に驚きますよね。3年前に発売したiPhone3GSと発売から1年も経たないArrows KissでiPhone3GSの方が高いとか。Androidは機種が乱立しすぎて製品寿命が短いというのはよく言われるが、中古価格にもそれはストレートに反映されている事がはっきりと分かる。

で、最終的な買取価格だが、
ScreenSnapz086
iPhone3GS:6,100円
ScreenSnapz085
ARROWS Kiss F-03D:7,400円

という結果になった。

終わりに

ARROWS Kissはほぼ新品同様だったのに随分安くされたなぁという印象だが、iPhone 3GSはまあそんなもんかなと。まあ1年半使い倒してこれなら十分すぎるくらいの買い取り価格と思ったので売却することにした。

Macにしても言えることだが、Apple製品はリセール価格が高いのが一つの魅力。その為買取価格も高く、新しい端末を買う時に今まで使っていた端末を売却した資金が、それなりにあてに出来るというのが大きい。今持っているMacBook Airはまさにそれで購入したわけだし。

ただ、一昔前に比べてAppleユーザーは驚くほど増えた。それはすなわち、中古市場にもApple製品が増えるわけで、そうなると価格は下がる。買取価格をあてにするというのは段々難しくなるだろうが、それでもまだまだ高い。3年前のiPhone 3GSが数千円で売れることの方が逆に驚く。

iPhoneやiPadの場合はAppleCare+を契約して、機種変更前か2年契約満了前に4,400円払って新品交換して、それをヤフオクで売却すればほぼ新品として売れるので活用できるかもしれないなんてけち臭い技も使えるかななんて思ってしまった。

SPONSORED LINK