倉敷らーめん升家-地元の食材にこだわった煮干しラーメンが魅力

昼ご飯を食べようと思って美観地区の辺りを歩いていたら、初めて見るお店を見つけた。

「倉敷らーめん」という聞いたこともないジャンルの看板を掲げた、「升家」というラーメン屋さんだ。

お店の外観

IMG_5672
店舗はJR倉敷駅から徒歩10分程度。
美観地区の手前くらいにある、最近は古民家をリニューアルしたようなお店が多くなっている一角。目印は「倉敷ラーメン」という提灯だ。
IMG_5671
こんな店いつからあったけかと思ったが、調べて見たら1年くらい前からあったらしい。
IMG_5664
平日のランチタイムだが、お客さんは結構沢山いた。
この近くには最近雰囲気のいいお店が多くできているので、ランチ目的でこの辺りに来る人はわりと多いのかもしれない。
IMG_5666
メニュー。
ラーメンは「倉敷醤油ラーメン」「倉敷煮干しラーメン」がメイン。
初めてなので今回は「倉敷煮干しラーメン」を頼むことにした。
IMG_5665

ちなみに何が「倉敷」なのかって辺りは、こんな感じで解説されていた。
まあ「とら醤油」とか、確かに倉敷って感じですね(倉敷にある老舗の醤油屋さん)。

「倉敷煮干しラーメン」を食らう

IMG_5668
で、やってきました倉敷煮干しラーメン。
IMG_5667
ラーメンとしての見た目はまあ普通だが、器がちょっとおしゃれな感じだ。
IMG_5669
麺は細麺。とろとろの煮卵が付いているのが嬉しい。
IMG_5670
あと、特筆すべきはメンマかもしれない。
とにかく太いw
これだけしっかりしたメンマはあまり食べた記憶が無い。
好きな人にとっては魅力だろうが、太いだけにかむのが結構大変で、メンマが歯に挟まる可能性が高いって言うのは、宿命とはいえちょっと微妙だったかもしれない。

全体的に煮干しの出汁がよく効いていて、あっさり系のラーメンであった。
これが!っていうほど大きな特徴があるわけではないが、万人受けする味だったと思う。

また、「倉敷」の食材としてネギがアピールされていたが、これが何気に美味しかった。
地元民として「やっぱ倉敷のネギだからだよね!」とまで推しはしないが、これは意外なところだったかもしれない。

終わりに

ランチタイムについてはラーメンとのセットメニューがあり、もっとがっつり行きたい人でも1,000円以内でかなり食べる事ができる。
次はベーシックな「倉敷醤油ラーメン」でセットメニューを頼んでみようかなぁとおもった。

倉敷らーめん升家の近くには、小豆島ラーメン HISHIO(ひしお 醤)があり、何気にこの辺りにあるラーメン屋さんはレベルが高い。
今まで美観地区でラーメン食べるなんてイメージはなかったが、この地域の新たな魅力になりつつあるのかもしれない。

美観地区観光の際に、足を運んでみてはいかがだろうか。

店舗情報

店舗名 升家
住所 岡山県倉敷市阿知2-22-3-2 1F
電話番号 086-427-5225
営業時間 11:00~15:00、17:00~23:00
定休日 水曜日

SPONSORED LINK