iPhone 6/6Plus用「Apple純正レザーケース・ミッドナイトブルー」レビュー。極上の手触りとフィット感が魅力!

先日購入報告をしていたiPhone 6/6Plus用「Apple純正レザーケース」が届いた。

早速レビューしてみるが、1点だけ気になる事はあるものの、やはり最高のケースだなぁと思った。

「極上」と言っていい手触りと、ケースを装着したとは思えないフィット感は、やはり純正ならではだと思う。

「Apple純正レザーケース・ミッドナイトブルー」の外観

DSC05633
梱包はいたってシンプル。
DSC05634
iPhone 5s用レザーケースでは、「アニリン染め」なんて記載があったが、今回はなくなったようだ。ただし、Apple公式サイトでは記載されているので、仕様は変わっていないと思われる。
DSC05635
開封すると、装着方法を記載したシンプルなイラストがある。
DSC05636
裏側にはAppleロゴ。これこそが純正のシンボルだ!w
DSC05637
DSC05638
内側はマイクロファイバーとなっていて、本体を優しく保護するようになっている。また、「iPhone」の刻印もある。
DSC05639
カメラ周りはiPhone 5s以降、Appleがケースのガイドラインにしているという、黒縁。

iPhone 6 シルバーに「レザーケース・ミッドナイトブルー」を装着

早速装着してみる。
DSC05640
こんな感じで本体上部をはめ込んで、後は押し込むだけだ。至って簡単。
DSC05641
装着後の状態。
ミッドナイトブルー(紺色)が渋い!
DSC05642
裏側。
個人的にはいい感じだなぁと。そして、ケースをつけてもAppleロゴはバッチリだ!w
DSC05643
左側面。
ミュートスイッチはくり抜きとなっていて、爪を使って切り替えるイメージ。ボリュームボタンはカバーに覆われる。
DSC05644
右側面。
スリープ・スリープ解除ボタンはカバーに覆われるが、使いにくいということは全くない。
DSC05645
カメラ周り。
シルバーなのでカメラ周りは白っぽい感じになる。カメラの突起もケースを付けることで解消。
DSC05646
下側。
iPhone 5s用と大きく変わったのがこの部分だ。iPhone 5s用はこんな感じで、
IMG_0118
Lightningコネクタなど必要な部分のみくり抜かれていたが、今回はほぼ全面がオープンになっている。この変更はちょっと悩ましいところだ。

メリットとしては、

  • ケースの着脱が楽(5s用はピッタリ過ぎて外すのが大変だった)
  • Lightning端子やイヤフォン端子の太さによって、ケースに干渉するリスクがない

事だろう。特にApple純正以外のLightningケーブルが差し込めないってことは、結構よくあったのでこれが解消されるのは大きい。

ただ、デメリットとしては防御力が低下することだ。
これだけ大きく開いていたら、本体下部から落とした場合、ここに傷がついたり、ガラスが割れるリスクはかなり高くなると思われる。

Apple純正ケースのメリット

ケースを装着してiPhoneを手に取ると、多分驚くと思う。何にかといえば、軽さとフィット感だ。ケースを付けたらその分重く、分厚くなるという宿命があるが、それを感じさせない。

Apple純正ケースを使うメリットはまさにそこだろう。

  • ケースを付けても重くなった感じがしない
  • iPhone 6/6 Plusの特徴である薄さを、ケースを付けても損なわない
  • ケースを付けたことを意識させない、フィット感

メリットとしてはこんなところだろうか。

Apple純正ケースのデメリット

ただ、デメリットもある。

  • 本体下部(コネクタ周り)の防御力は弱そう
  • 価格が5,000円以上とケースとしてはかなり高額(シリコン製はもう少し安いが、それでも1,000円安い程度)

ケースって消耗品って一面もあるので、やはり価格は導入に当たって大きな壁になるとは思う。なので、一つのケースを長く使いたいような人にお勧めしたいケースだ。

終わりに

Apple純正レザーケースはやはり最高のケースだと改めて思った。レザーケースは自然素材なので経年による変化も楽しめるが、変化というよりは汚れただけって感じにならないことを祈りたい。昨年は覚悟の上でベージュ色を購入し、ちょっと失敗したかなと思っているので。

数ヶ月使った後、またレポートしようと思う。

SPONSORED LINK

Apple純正iPhoneケースに関する記事

購入はApple Storeで!

Apple純正iPhoneケースをチェック

SPONSORED LINK