【au】SIMロック解除の手続き方法は?PC・スマホからの手順を解説

DSC01970

総務省タスクフォースの介入により、2016年2月以降一括0円、実質0円などの0円スマホが姿を消した。

その直前に購入した、最後(?)のMNP一括0円スマホである「iPhone 6s 2台」が購入から6ヶ月経過した。

そうなると、やらなければならないことがある。それがSIMロック解除手続き。

2015年5月以降発売したスマホ・タブレットなどは全てSIMロック解除に応じることが義務化されたため、auのiPhone 6sはその対象となる。

というわけで、早速やってみたがauは非常に分かりにくかった、、、

au端末(スマホ・タブレット・携帯・Wi-Fiルーター)のSIMロック解除条件

au端末における、SIMロック解除条件は以下の通り、

  • 2015年5月以降に新たにauで発売されたSIMロック解除機能対応のスマートフォン/タブレット/Wi-Fiルーターなどであること。
  • 2015年4月23日発売の「Galaxy S6 edge SCV31 」についても、SIMロック解除の対象となります
  • 機種購入日から180日以上経過している機種であること。
  • ご購入日翌日を「1日目」とします
  • ネットワーク利用制限中のau携帯電話でないこと

ポイントは購入から180日経過する必要があるという部分で、ここはdocomoでもSoftBankでも同じとなっている。

ただ、auについては他社にない条件がある。それは店頭におけるSIMロック解除への対応だ。

auは「購入者本人でなくてもSIMロック解除が可能」

その大きな違いとは、「auでの購入履歴がある端末」ならば、購入者本人以外でもSIMロック解除可能ということ。

他社はたとえ解約していても購入者本人でなければ手続きできない。

この違いは中古端末を購入した時に違いが出てくる。

  • ソフマップなど店頭での中古端末購入
  • ヤフオクなどによる直接取引

こういう場合、購入者と連絡を取ることは基本的に不可能だ。なので、事前にSIMロック解除しておいてもらう必要があるが、auではそれが必要無い。

ただし、手続きは基本的に店頭のみとのなるが。

SIMロック解除にかかる費用

SIMロック解除にかかる費用は、他社と同様だ。
※価格は税抜き

受付方法 SIMロック解除手数料
パソコン・スマホ(auお客様サポート) 無料
auショップ 3,000円

au回線を解約している人であれば、パソコン・スマホから操作した方がよいと思う

SPONSORED LINK

au端末のSIMロック解除手順

では、ここからは具体的にSIMロック解除手続きを、WEBで行う方法。

今回2台端末があったため、PC・スマホそれぞれからやってみた。これが滅茶苦茶分かりづらかった、、、

特にスマホは分かりにくくて、操作方法をサポートに電話して質問したくらいだ。

前提条件は、

  • auIDを持っていること
  • auお客様サポートサイトにログイン済みであること

となる。

PCからのSIMロック解除方法

まずはPCから。

「操作・設定・トラブル」メニューから「SIMロック解除の手続きをする」を選択

「操作・設定・トラブル」メニューから「SIMロック解除の手続きをする」を選択

お客様サポートサイトにログイン後、「操作・設定・トラブル」メニューを選択。

そこに表示されるメニューから「SIMロック解除の手続きをする」を選択する。

暗証番号を入力する

暗証番号を入力する

ここで暗証番号の入力が求められる。

対象端末をチェック

対象端末をチェック

暗証番号入力をクリアすると、対象端末を選択する画面が表示される。
1つしか無いのだが、いちいち対象端末をチェックする必要があるというのが地味にうっとうしかった。

解除理由は必須入力

解除理由は必須入力

さらに、うっとうしいのが「解除の理由」を必須で選択させられること。

適当でOK

適当でOK

ほっといてくれって思いますよね。
選択肢は色々あるが、まあ適当に選択しておけばよいと思う。

SIMロック解除手続き完了

SIMロック解除手続き完了

手続きとしてはこれで完了。

スマホからのSIMロック解除方法

続いてスマートフォンからの操作。

これは非常に分かりづらかった。何せPCとメニュー構成が微妙に違っており、目的の機能が見つからない。

この為にわざわざサポートに電話してしまった。

「契約照会 手続き」を選択

「契約照会 手続き」を選択

まずメニューから「契約照会 手続き」を選択する。

各種手続案内を選択

各種手続案内を選択

続いて「各種手続案内」を選択する。

SIMロック解除を選択

SIMロック解除を選択

続いて「SIMロック解除」を選択する。

ボタンを押す

ボタンを押す

「SIMロック解除のお手続きはこちら」を選択する。

SIMロック解除可能端末をチェックする

SIMロック解除可能端末をチェックする

SIMロック解除可能端末であるかをチェック。

IMEI番号を入力する

IMEI番号を入力する

IMEI番号を入力し、対象端末であるかを調べる。OKなら先に進める。

製造番号(IMEI)はiPhoneの場合、設定→一般→情報と進み、

設定→一般→情報のIMEIを入力

設定→一般→情報のIMEIを入力

そこに表示されているIMEIを入力すればOK

手続きを進める場合は暗証番号を入力

手続きを進める場合は暗証番号を入力

ここから先の手続きを行う場合は、暗証番号の入力が必要。

対象端末をチェックする必要がある

対象端末をチェックする必要がある

対象端末をチェック

解除理由も必須入力

解除理由も必須入力

解除理由はPCと同様に必須。適当に選択すればよい。

SIMロック解除手続き完了

SIMロック解除手続き完了

これでようやく完了。

SIMロック解除手続きをやってみての感想

わかりづらい!!!

もうauとしてはやりたくないのがミエミエで少し気分が悪くなった。特にスマホの画面は嫌がらせかと思うくらい分かりにくい上、ステップが多い。

一体いつになったら終わるのかと思ってしまう。

その点PCの方がまだ楽だったと思うが、この手続きは大半の方がスマホから行うと思う。SIMロック解除=解約ではないのだから、サクッと出来るように改善してほしいものだ、、、

SIMロック解除後どうする?

手続きが終わったら、しばらくするとSIMロックが解除される。

この際SIMロック解除した端末のインターネット接続が必須となるため注意。そうしなければ、解除されたことが判別できないからだ。

特に案内は無いが解除手続き完了後、10分もすれば他社SIMを差し込んでもつかえるようになった。ただし、iPhoneの場合は最初にアクティベーションが求められる。

終わりに

というわけで、au版iPhoneを例にスマホのSIMロック解除方法を紹介してみた。

ここから先はSIMフリー版iPhoneとなるため、

  • Appleが販売するSIMフリー版
  • docomoのiPhone
  • SoftBankのiPhone

と基本的に違いは無い。これは大きなメリットなので、iPhone 6s以降の端末を持っているなら、是非手続きしておくことをお勧めする。

SIMロック解除に関するお勧め記事

【docomo】SIMロック解除の手続き方法。料金・手順など疑問点をまとめました

2016.05.12

携帯・スマホのSIMロック解除とSIMフリーとはどういう意味?利用者にとってのメリットを解説します

2015.12.12
SPONSORED LINK