ハロプロ楽曲大賞1997-2006

ハロプロ楽曲大賞1997-2006の投票内容を決定した。終わってみればほとんどが2000~2002年に集中するという結果。

まあこれが今のハロプロに対するスタンスって事だ。今のハロプロと昔のハロプロが好きな人。これははっきりと分かれていると思う。ワンダとエルダに分けるのもいいけど、違うよね。

ハロプロ10周年でなんで混合メンバーの記念隊以外に特別な事ができないのか。ハロプロの代表曲を歌い継ぐって事は必要なのかもしれない。でもそれをやるならできる限りオリジナルメンバーでやるべきだと思う。そうすることで当時には無かった新たな魅力も生まれるかもしれないんだから。逆も当然あるだろうけど、せっかく大半のメンバーが残っているのにもったいなぁと思う。

楽曲部門

1位:ザ☆ピ~ス!/モーニング娘。

これはもう自分の中では最高に思い入れのある曲だ。
ハロプロの歴史的には中澤裕子卒業後の第一弾シングルであり、後に「黄金期」と呼ばれたモーニング娘。が一番輝いていた時代を象徴する曲だと思う。ハロプロに興味が無い人でもここまでのシングルは知ってる人が多いのではないかな。この時期のモーニング娘。は今考えても一番好きだった時期だけど、個人的にはもっと大きな思い入れがある。

それは初めてまともに買ったシングルCDだったということ。娘。にはまるまではアイドルはおろか音楽にもそれほど興味がなかったので、たまにアルバムを買う程度だった。そんな僕が発売日の何日も前から心待ちにして購入したシングルは後にも先にもこれしかない。そして、ここからはアイドルヲタク的な行動なのだろうが、出演するすべての番組を録画して何度見たか分からないくらい見た。2001年の夏はピースとともに過ごした夏だったと言える。今考えれば学生時代最後の夏なのにアホな過ごし方をものだと思うが、それはそれでいい思い出かなと。

2位:I WISH/モーニング娘。

10年というハロプロの歴史の中で名曲として昇華された曲だと思う。
当時売り上げ的には失敗した曲だが、数々の卒業コンサで歌われたことからもメンバーにとっても思い入れが強い曲なんだろう。「人生って素晴らしい」なんてそう思いたくても、そこまでプラス思考にはなれないものだ。当時のモーニング娘。にはそれが言える輝きがあったし、そんな力を与えてくれる曲だった気がする。
そして、今考えても後藤真希の卒業コンサで歌われなかったのは謎だ、、、。

3位:恋をしちゃいました!/タンポポ

ハロプロの楽曲に対して「幸福感」という言葉が使われていた事があったが、その代表は2期タンポポの楽曲だと思う。こんな歌詞を男であるつんくが考えたのかと思うとちょっと笑えるが、野郎が考える純愛のイメージってこんなものなのかもしれない。

個人的には娘。にどっぷりとはまるきっかけになった楽曲だ。僕は元々”乙女パスタに感動”で初めて娘。に興味を持つようになったので、この頃はどっちかといえばタンポポの方が好きだった。娘。がいいと思うようになったのはもうちょっと後の話だ。

この曲は歌う人を最高にかわいく見せる曲だと思う。もう一度この曲を歌う姿を見られるならば2期タンポポで見たいけど、違うメンバーで歌ってもきっと魅力は失われないだろう。そんな力を持った曲だ。

4位:トロピカ~ル恋して~る/松浦亜弥

あややの楽曲はこの曲が断然好きだ。
デビュー曲ではさっぱり興味がわかなかったけど、この曲で爆発した。たまたまPVを落として見たのが運の尽きだった感じ。曲よりも映像から入った曲だ。それでもあの衝撃は忘れられないなぁ。

以来、コンサで見るのが楽しみで仕方ない曲だった。あややもすっかり路線変更してしまって、こういう曲はもう歌わなくなってしまっているけど、これがあるならまたコンサに行く。この曲を歌うあややのかわいさもいいが、突き抜けた爽快感が一番の魅力だと思う。

5位:Go Girl~恋のヴィクトリー~/モーニング娘。

個人的にはモーニング娘。の楽曲においてターニングポイントになったと思う曲。
それまでの曲は年の割に背伸びした楽曲だったり、アイドルには似つかわしくないくらい激しいダンスを踊ったり、フォーメーションで見せてみたりモーニング娘。だからこそできる曲というのが多かった。それに対してこの曲はかわいらしさを全面に押し出して簡単な振り付けとベタな歌詞でせめて来たので普通のアイドル楽曲だと感じた。「モーニング娘。でなければできない」と感じなかった最初の楽曲だったかもしれない。

コンサに行く回数という意味ではこの頃がピークであり、普通に見るだけでは飽き始めていた時期だった。そんな時に取っつきやすい振り付けで「振りコピ」ができるという意味で楽しかったし、コンサで別の楽しみ方を覚えたのもこの曲が出た頃だったと思う。そういえば「ヲタ芸」なんてものが増えてきたのもこの頃だったな。でも、後期のヲタ活動を支えた曲なので思い入れは結構深い。

ハロプロに関するお勧め記事

SPONSORED LINK