デスクワークしながら運動できる?総距離100kmこいで1,500kcalを消費したぞ!「FlexiSpot デスクバイク V9」レビュー【PR】

FlexiSpot デスクバイク V9:使ってみる 家電製品
SPONSORED LINK

日夜、「FlexiSpot デスクバイク V9」をこぎまくっているパパンダ(@papanda_life)です。 (´・ω・`)どうも

前回組み立てた「FlexiSpot デスクバイク V9」。早速毎日デスクワークをしながら活用していますよ。

ママンダ
不思議な光景なのよねぇ
パパンダ
デスクワークしながら運動できるなんて、画期的よ~~

レビューの流れとして、

  1. 「FlexiSpot デスクバイク V9」の開封レポートと少し使ってみた感想
  2. 「FlexiSpot デスクバイク V9」を数日間使ってみた感想

と2部に分けていて、今回の記事では実際に使ってみた感想をお伝えしますね。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

FlexiSpot デスクバイク V9の概要

今回紹介する『FlexiSpot デスクバイク V9』の概要は、以下のようになっています。

項目スペック
耐荷重サドルは130kgまで
推奨身長150~190cm
可動範囲
  • デスク:1080~1230mm
  • サドル:755~945mm
パッケージ寸法823x815x318mm
製品重量約34.5kg
キャスターホイール360度回転する耐久性
負荷調節8段階

エアロバイク+机が付いているタイプなので、上下幅とも結構な大きさがあります。

パパンダ
そして、とっても重い!(;゚Д゚)/

本体にはスムーズに動くキャスターが付いていますが、念のため気を付けてくださいね。

価格はAmazonで56,800円と高額商品となっています。

▼その他特徴として以下のことがあげられます。

  • ガススプリング制御の無段階調節
  • 組み立てがほぼ不要
  • メーター機能あり
  • 2018 CES Innovation Awards 受賞

デスクワークしながらダイエットもできて一石二鳥!?「FlexiSpot デスクバイク V9」レビュー【PR】

2018.06.11

本体を見てみよう!

準備が一通り出来たので、本体を見てみますよ。

▼まずは横から。FlexiSpot デスクバイク V9:横

なんか、かわいい形してますよね(*´ω`*)。反対側も基本的同じです。

▼今度は前後から。机のようなエアロバイクのような不思議な感じですね。

FlexiSpot デスクバイク V9:前後

机を見てみよう

机の部分は『前後』と『上下』に動きますよ。

▼前後に動かす場合は、机の下にある『左側のレバー』で操作します。

FlexiSpot デスクバイク V9:机の下の左側のレバー

▼このぐらい動きますぞ。

FlexiSpot デスクバイク V9:机の下の左側のレバーで机を動かす

机の部分を前に出さないと、ペダルをごく時に膝が当たってしまいます。でも、机を上にあげると当たりませんよ。好みの位置にしてくださいね。

最初の状態は、コンパクトに収納するための位置ですね(*´ω`*)

▼上下に動かす場合は、机の下にある『右側のレバー』で操作します。FlexiSpot デスクバイク V9:机の下の右側のレバー

▼このぐらい動きますぞ。

FlexiSpot デスクバイク V9:机の下の右側のレバーで動かす

▼机が前後・上下に動く理由は、その人の体格で調整するのはもちろん、ペダルをこぎ疲れた場合『スタンディングデスク』にも早変わりするためです!

エクササイズバイクにも、スタンディングデスクにも
ママンダ
2度おいしいデザインね!

サドルを見てみよう

サドルは、自転車のような細長いタイプではなく、横長タイプになっています。長時間座っていても痛くないようにしている感じですかね。

▼硬すぎず柔らかすぎない絶妙なクッションです。

FlexiSpot デスクバイク V9:サドル

▼サドルも上下するんですよ。サドル下の左側にレバーがあり、操作します。

FlexiSpot デスクバイク V9:サドル下の左側にレバー

▼このぐらい動きますぞ。

FlexiSpot デスクバイク V9:サドル下の左側にレバー

▼公式ページによりますと、『使いやすいガス圧式調節レバー』が付いているそうです。

イスは簡単に高さ調節が可能

実際に使ってみよう

FlexiSpot デスクバイク V9:机にパソコンをセット

では実際に、使ってみたいと思います。座ってからサドルや机の位置を調整してくださいね。

▼ふむふむ、これはいい感じ(*´ω`*)。机の上はとても広いので、作業空間は快適です。

FlexiSpot デスクバイク V9:使ってみる

▼机の手前側には、腕を置いても痛くならないようにウレタンの『腕置き』があります。

FlexiSpot デスクバイク V9:机のウレタンの腕置き

▼あとはパソコンで作業をしながら、ひたすらペダルをごきますよ。

うぉぉぉぉぉぉぉ!!!マッスル~~~!!!

FlexiSpot デスクバイク V9:使ってみる

▼実際に動く様子は、公式の動画を見てね♪

気になるのは、駆動音じゃないでしょうか(`・ω・´)

僕もね、最初気になっていたんですよ。集合住宅に住んでいるから、音が大きかったら騒音になっちゃう!!

でも大丈夫!!一生懸命こいだとしても、とても音は静かでした!!

ぱんさん
そうなんだよね、すごく静かなの~~

▼『静かでスムーズ:ささやくように静かなペダルシステムで、周りの人を邪魔することなくサイクリングできます』って書いてますよね。

静かでスムーズ ささやくように静かなペダルシステムで、周りの人を邪魔することなく サイクリングできます。

▼ペダルの負荷は全部で8段階。アナログ式のダイヤルを回して調整します。

FlexiSpot デスクバイク V9:負荷は8段階
パパンダ
『4』が一番よかった。動いているときは軽く感じるけど、続けていくとだんだん負荷がかかってくる感じ~

▼注意点として、以下のようなことが取扱説明書に書いてありました。

ストレス解消、ウォームアップやクールダウンなどの軽い運動に『1』から『4』までが推奨です。

30分以上の高強度の連続作動はおやめください。駆動部品などの劣化を早めます。

パパンダ
いやいや!『お客様の体にとって、よろしくありません』じゃないのかい!

なので、『3~4』くらいの負荷にして室内サイクリングをしていますよ。

▼クルクルとペダルを回した結果は、液晶に表示されます。

FlexiSpot デスクバイク V9:液晶

▼項目の内容は以下のとおり。

項目内容
TMR(時間)運動経過時間
SPD(速度)1分あたりのペダル回転スピード
DIS(距離)運動中の走行距離
CAL(カロリー)運動中の消費カロリー
ODO(総距離)総走行距離
RPM(ホイール速度)1分あたりのホイール回転スピード

ペダルをこいでいるときは液晶をマジマジと見る事はなく、『FlexiSpot デスクバイク V9』から降りたあとに、「へぇ、これだけ運動したのかぁ」と思う程度です(´・ω・`)

数日間使ってみた感想

何事も使い続けるためには、習慣化させることが重要です。

僕は午前中の仕事時間に「FlexiSpot デスクバイク V9」にまたがりました。

そしてクルクル、クルクルとペダルをこぐのです!

普通の椅子に座って作業をしているよりも、『あぁ!今運動しているなぁ!デスクワークしているのに、運動している!!』という満足感が高いです(*‘ω‘ *)

少し気になるのは、『本当に運動になっているのかどうか』ではないでしょうか。

**大丈夫です!!これ1時間もこいでいると、めっちゃ疲れますから!**

▼1時間くらい乗っていたときの、各メーターの一例です。

項目内容
TMR(時間)77分39秒
DIS(距離)17.35km
CAL(カロリー)260.2kcal

ちゃんと数値化され見えることって、重要ですよねぇ。満足!

そして、10日間ほどかけて走行総距離100kmを達成しました。数値は以下のようになりましたよ。

項目内容
TMR(時間)リセットされたため不明
DIS(距離)100km
CAL(カロリー)1,500kcal

1,500kcalも消費できているのであれば、ラッキーですよねぇ(*´ω`*)。ちなみに、ペダルの負荷レベルは4にしていましたよ。

さいごに

この商品、デスクワーク中心で運動不足のひとはもってこいですね。

パパンダ
まさに僕向き
チー
それ以外のひとは読書しているときとか、テレビを見ているときでも良さそうだね
ぱんさん
ブログを書きながらやってもいいよねぇ

そうですね、使い方はそのひと次第。

僕はたまたま在宅でWebライターをしているので、パソコン作業がぴったり合った感じ。

ぜひ、お好みの使い方をしてみてくだいさいね。

お読みいただきありがとうございました。それでは(´・ω・`)ノシ☆

デスクワークしながらダイエットもできて一石二鳥!?「FlexiSpot デスクバイク V9」レビュー【PR】

2018.06.11

あわせて読みたい

SPONSORED LINK