docomoの転出超過はiPhoneだけが理由なのか

TCA10月の携帯電話・PHS契約数を発表した。とりあえず驚いたのが、docomoのMNP転出超過が18万9800件と過去最大になった事。

10月の契約数、iPhone 5の影響でドコモが苦戦 – ケータイ Watch


iPhone 5の影響とされていて、一番大きな理由であることは間違いないと思うが、それだけじゃないと思う。

docomoスマホ初期ユーザーの移動

docomoがスマートフォンを初めて出したのは2010年。
そして、2010-2011冬モデルからスマートフォンのラインアップが増えた。「LYNX 3D SH-03C」、「REGZA Phone T-01C」なんてのがそれ。僕はIT業界で仕事をしている事もあり、最初に飛びついた人が周りに結構沢山いる。これらのユーザーがそろそろ2年契約を満了してくるんですよね。

で、それらのモデルを使ってる人たちに結構共通しているのが、「Androidはほんま最悪」みたいな事を言っていることだ。今のAndroidが悪いわけじゃない。当時が悪すぎた。で、そのイメージって染みついてて、次はiPhoneにすると言う人が結構いる。

そういう人たちにとって今のAndroidがどうとかって言うのはあまり関係ない。2年間律儀に我慢して使ってきた人の不満はかなり根深い。で、そういう人たちがこれからどんどん増える。周りの印象からすると、2011年夏モデルくらいのを使っている人は、かなりの割合でdocomoのスマホに強い不満を持っている。

LTEの影響

今年から一気に活性化しているLTEサービス。使えば分かるスピードの違いだが、このサービスを先行していたのはdocomo。なのに、docomoユーザーからはLTE最高みたいな話をあまり聞かない。

それもそのはず、エリアが狭い、スピードがそんなに速くないということで、LTEの恩恵にあずかれている人が少ないようだ。特にエリアは深刻で、つい数ヶ月前にサービスインしたau・SoftBankにも劣るような状態となっている。地方でのエリアカバーはdocomoが今でも一番だろうが、都市部に住む人にとってはあまりメリットにならなくなってしまった。

そして、、、

ついに事務手数料の値上げにまで踏み切った。

ドコモからのお知らせ : 各種事務手数料の新設・改定について | お知らせ | NTTドコモ


これまで携帯利用者の半分以上はdocomoという状況なので、各社のサービスが均衡化すると人が流れるのは必然。LTE含めたサービスエリアは2014年あたりには各社ほぼ同じレベルになると読んでるので、ここからはサービス勝負。

docomoのユーザー流出が止まらない理由をiPhoneだけと考えてるんだとしたら、それは間違いだと思うなぁ。ガラケー時代とはいえ実際に端末開発に関わった事があること、同時に10年以上のdocomoユーザーで、ファンだけに今の状況はちょっとつらいっすね、、、

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)

2 件のコメント

  • LTEのdocomoの範囲が狭いと本当に思っているのでしょうか?
    docomo,au,softbankでは人工カバー率の計算の仕方が根本的に違うと言うのに・・・
    そこのところ、ド素人の考えですがどうなんでしょうか?

    まぁ、docomoの殿様商売にも飽々してますがw

    • Xiは使ってないんで分かりませんが、例えばオレが住んでる岡山県倉敷市周辺。この辺りがエリア化したのってつい最近です。au・SoftBankはサービスインの地点でエリアに入ってます。人口カバー率の考え方がキャリアによって違うのは知ってますが、サービス開始からの期間がわりと時間が経っている割にエリアが狭いというのは間違いないと思いますけどね。

      まあ、docomoは3Gのエリアが魅力なのでXiが少しくらい狭いからって、それが悪いって話にはならないですけど。特に地方在住者にとっては。