iPhone 6/6Plus用「Apple純正レザーケース」長期利用レポート。今回は汚れが目立ちません!

iPhone 6購入から3ヶ月が経過した。
その間、一時期Spigen SGPのケースに浮気していた事はあるが、基本的にほぼApple純正ケースを使い続けて来た。Apple純正のレザーケースは確かにフィット感や質感は最高なのだが、iPhone 5/5s向けのレザーケースは色にもよるが汚れが付きやすいという避けがたい欠点があった。

今回はその反省を踏まえ、汚れが目立つホワイト系の色ではなく、ミッドナイトブルーという濃い色のケースを選択した。で、約3ヶ月使った後の状態を公開してみる。

3ヶ月使用後のiPhone 6/6Plus用Apple純正レザーケース(ミッドナイトブルー)

DSCF0508
DSCF0509
こんな状態だ。画像では恐らく何が変わったの?という感じだと思う。実際、パッと見た感じは購入時とそれほど変わらない。ただ、細かい点を見てみると、
DSCF0510
傷があったり、
DSCF0512
DSCF0511
一番触れることが多い側面は、汗などが染みこんだせいか色が濃くなっている。

また、文章ではどうしても伝えられないが、レザーなので臭いを吸い込んだ結果、生活臭など染みついている。が、使用上は何の問題もないし、この間地面に落としたことはない事もあり、目立った破損はない。至ってきれいに使えている。

購入時の注意書きにもあった通り、レザーならではの経年による変化を楽しめている感じだ。

もちろん、ホワイト系のケースだったらそうはいかなかっただろうと思う。しかし、それを踏まえても予想以上に丈夫だし、5/5s向けのものと比較しても汚れは付きにくくなっているように感じる。

残念すぎたiPhone 5/5s用Apple純正レザーケース

参考までに、iPhone 5/5s用を3ヶ月使用した後に書いた記事を紹介しておこうと思う。

この時はベージュという汚れが目立ちやすい色を選択したこともあるが、まあ見るも無惨な姿になってしまった、、、。それでも、質感が良いから使い続けていたのだが、余りに汚いから嫁がやめてくれと言ってきて、使用を中止した経緯がある。

確かに、細かく比べると肌触りは5/5s用と6/6 Plus用では微妙に違う。全体的に汚れが付きにくいような作りになっているのは、確かな気がするのだ。

終わりに

というわけで、Apple純正レザーケースは3ヶ月どころかまだまだ使えそうな感じだ。

iPhoneはユーザーが多いため、ケースによって差別化を図っている。そのケースをApple純正にするというのは、全く面白みはないのだが、案外純正ケースを使っている人は見ない。僕の経験上、Appleファン以外はその存在すらあまり知らないのか、価格がネックなのか使っている人を見たことがない。

なので、普通にお勧めできるケースだと思う。Appleの純正レザーケースかなり使えます!

SPONSORED LINK

Apple純正iPhoneケースに関する記事

購入はApple Storeで!

Apple純正iPhoneケースをチェック

SPONSORED LINK