早くも出てきたOS X 10.9の噂。iOSとの統合以外の目玉はないか?

OS X/masOS
SPONSORED LINK

Apple製品におけるMac OS Xの話題はすっかり廃れてしまった印象があるが、iOSと同様に年1回に小さなバージョンアップを続けるというリリースペースに入ることが予想されている。

Snow Leopard→Lionの期間も短かったが、Lion→Mountain Lionはもっと短かったことから、そんな予想も十分あり得る。

というわけでOS X 10.9の話が早くも聞こえ始めてきた。例年通りなら来年の夏リリースという形になるのだろうか。名前は「Lynx」というそうな。

SPONSORED LINK

Lynx?

あまり聞いたことがない名前だが、ググってみたら「オオヤマネコ」という意味らしい。OS Xの通称は代々猫化の動物だったので驚く事はないが、ライオンといえば百獣の王。

そこまで上り詰めて、またネコに戻るの?とちょっと思ってしまうが、さて噂の真偽はどうだろう。

どんな機能か

Lion以降のOS XにおけるテーマはiOSおよびiCloudとの統合や、Twitter・FacebookなどのSNS連携。Mountain LionではiMessage・通知センター・リマインダー・Game Center・音声入力まで入ってしまい、もう残っている機能はほとんどないんじゃ?と思ってしまう。

そんな状況で10.9では、

  • Siriの対応
  • Maps対応

が目玉になるとか。Siriは前々から言われていたもの。まあ使えるかどうかはともかく、ほぼ既定路線だと思う。逆にMapアプリは正直意味があるのかなと思う。Macに限らずPCの世界ではもはやWEBで地図を見るのは当たり前。ここに新しい使い方の提案があるのだろうか。

一番気になる部分かもしれない。

OS Xはどこへゆく?

現在使っているのはLion。結局Mountain Lionへのアップグレードはスルーした。理由は単純で特別使いたい機能がないから。

iOSとの統合って普段ずっとMacとiPhone/iPadを使っている人にしかメリットないんですよ。僕の場合、会社はWindowsなんであまり意味がない。もはや完成の域に来ているOS Xはいくら安価でも毎年アップグレードするほどの魅力は感じなくなってきたなぁというのが正直な所。

ヘビーユーザーはともかく、自宅で使う程度なら数年に一度の買い替えに合わせて最新版にする程度で十分な気がする。それくらい今のOS Xは安定しているし、不満が少ない。が、それ故に一抹の寂しさもありますね。お祭り感は薄いw

良い意味でも悪い意味でも話題になるようなOSなんてもうAppleからは出てこないのかな。

iOSの方向性が見えた。WWDC2013基調講演の発表内容の振り返りと雑感

2013.06.11

Macのまとめページ

あわせて読みたい

SPONSORED LINK