ドコモのオンライン予約キャンペーンに当選!キャンペーンの裏にある本音を考察

2016年9月の予約開始日に予約し、10月上旬に入手したiPhone 7 ジェットブラック。今回機種変更として購入したため、店舗はドコモオンラインショップを利用した

ついに入荷!iPhone 7ジェットブラック開封レビュー。スペースグレイとの違いは?

2016.10.03

それで終わっていたのだが、2017年1月上旬に一通のメッセージRを受信。内容は、

オンライン(WEB)予約者限定の『秋の新スマホ予約&購入キャンペーン』に当選し、dポイント『77,700ポイント』に当選しました!

というもの。マジか!

思わず桁数を確認しましたよねw
本当に77,700ポイントかと。

まあ事実なのだが、今回幸運にも当選したキャンペーンの内容や、そこから感じるドコモがオンライン予約限定のキャンペーンを行う理由などを考察しようと思う。

『秋の新スマホ予約&購入キャンペーン』の内容

当選通知のメッセージR

当選通知のメッセージR

今回僕が幸運にも当選した、『秋の新スマホ予約&購入キャンペーン』というのは以下のような内容だった。

◆キャンペーン特典
100人に1人、dポイント77,700ポイントプレゼント

◆適用条件
2016年9月9日(金)〜2016年9月15日(木)までに、iPhone 7、iPhone 7 Plusをオンライン(WEB)予約いただき、2016年11月30日(木)までにご購入いただくこと
※ドコモオンラインショップでのご予約の場合は2016年9月13日(火)までのご予約が対象となります

僕自身としては正直エントリーした記憶すらなかったのだが、どうも自動エントリーだったらしい。

というのも、『秋の新スマホ』とはいっているものの、実際は『iPhone 7の予約&購入』が条件と言うことで、iPhone 7購入者を狙い撃ちにしたキャンペーンだったようだ。

何名と限定されたキャンペーンではなく、何名に1人という事で、確率は100分の1。

今まで数千円分のポイントやギフト券に当選した事はあったが、万単位の当選は初めてで本当に驚いた。

実際に付与されたポイントは『通常ポイント』

とはいえ、このポイント「期間限定ポイントでしょ〜」って思っていた。

当選メールが届いたのは2017年1月6日、メッセージ内にポイント付与は2017年1月中旬予定と記載されていたので、とりあえず待っていた。

で、実際付与されたのが2017年1月17日だったのだが、なんと通常ポイントとして付与されていた

付与されたポイントは期間限定ポイントではなかった

付与されたポイントは期間限定ポイントではなかった

つまり、有効期限がないのでこのポイントは2017年モデルのiPhone(iPhone 7sとかiPhone Xとか言われている)購入にも使える!

気分的にはiPhone 7が実質無料になったとも言えるので、気が早いがiPhone X(10周年だし僕は『アイフォンテン』になって欲しいと思ってる)の購入は決まった。

合計15万ポイント

合計15万ポイント

2017年1月時点で既に15万ポイントあるので、有機ELディスプレイ搭載のプレミアムモデルがでるなんて噂もあるが、もうこれ買いますよねw
※期間限定3,000ポイントは『ドコモ子育て応援プログラム』でもらったもの

SPONSORED LINK

『オンライン予約』限定のキャンペーンをキャリアが行った理由

今回のキャンペーンはオンライン予約を行った人が対象だった。

誤解の無いようにして欲しいが、ドコモオンラインショップでの購入が前提ではなく、オンライン(WEB)予約さえすればよいので、受取はドコモショップ店頭でもエントリー対象になる

つまり、ドコモショップや家電量販店の店頭で予約した人は対象外ということになる。

特にiPhoneの予約時は、docomoに限らずauもSoftBankもApple本体すら、アクセスが殺到し受付できなくなる

iPhone 7の予約は16時スタートだったが、予想通り繋がらず、僕が予約出来たのは16時25分頃だった。結果として発売日の入手はできなかったわけで、こういう話を知っている人ほど、iPhoneの予約は敢えて店頭でするって人も多い。

だが、本音としては辞めて欲しいということなんだと思う。ただでさえ、スマホ購入に伴う店頭オペレーションが増えている中で、予約者で店舗が無駄に混み合うのは好ましくないだろう。

人数を限定しない羽振りの良いキャンペーンの裏にはきっとそういった意図があるのではなかろうか。

ショップ店員の立場だとiPhoneの予約開始日とか憂鬱で仕方無いと思うので、いっそのこと予約開始日だけWEB受付に絞った方がいいんじゃないかと思う。

発売日に欲しい気持ちは僕自身としても分かるが、「そんなにいそぐ必要あるの?」って正直思う面はある。

ドコモオンラインショップを利用するメリット

ドコモオンラインショップは日常的にキャンペーンを行っている

ドコモオンラインショップは日常的にキャンペーンを行っている

僕は今回ドコモオンラインショップで機種変更として購入した

実はここがポイントで、『機種変更』で買うならドコモオンラインショップの方がメリットが大きいと思っている。具体的には、

  • 機種変更の事務手数料2,000円(税別)が『無料』
  • dマガジン、dビデオなど『不要なオプション契約を強いられない』
  • 送料無料
  • 店頭に行く必要が無い(=時間に縛られない)

といった辺りで、機種変更の場合手続きが早い
これが新規契約・MNPの場合だと、身分証明書を送付するなど契約手続きに時間がかかるため、利便性が落ちてしまう。

また、近年の通信用SIMカードはほぼnano-SIM(ナノシム)に統一された
※SIMカードの種類に関しては以下の記事を参照いただきたい

海外旅行時のSIMカード整理・紛失対策に便利!「JAPAEMO製SIMカードケース」レビュー

2016.05.16

iPhoneおよびiPadは随分前からnano-SIMだったが、実はAndroid端末も近年はnano-SIMとなっており、機種変更に伴いSIMカードが変更になるケースはかなり減っている

実はSIMカードが変更になると、オンライン上での『開通手続き』が必要になったり、若干面倒な部分があったりしたが、今はそういうこともほぼない。

docomoの場合は新しい端末が届いたら、今使っている端末のSIMカードを抜き、新しい端末に挿せばアダプタなどを利用することなくそのまま使える

なので、オンラインショップを利用するハードルはかなり下がっていて、

機種変更であればドコモオンラインショップの利用を推奨

とすら思う。

ドコモオンラインショップのメリット・デメリットは?機種変更はネットが安いぞ

2014.09.27

終わりに

今回全く予期しない形でdポイントを大量にゲットした。

2017年の通信業界の潮流は、

  • 総務省は安くしろと頑張って規制するが、結果として携帯料金はそれほど安くならず、スマホの値段だけが高くなる
  • MVNO(格安SIM)のユーザーが増える

だと思うが、確かにランニングコストとしてはMVNOが圧倒的に安いことは否定しない。

だが、こういうキャンペーンやポイント還元が多いのは大手キャリアともいえ、トータルでみた場合実はそんなに変わらないんじゃないかって思う。

特に、2016年9月以降は20GBが6,000円程度で使えるプランが登場し、大容量通信を行うユーザーにとってMVNOは本当に安いのか?という疑問は常に持っている。

とりあえず今回のキャンペーン当選で、僕はMVNOに行く気がほぼ無くなったということだけは間違いなく言える。

docomoユーザー必携!dカードゴールド

docomoユーザーなら利用料金の10%がポイント還元される、「dカードゴールド」の契約をおすすめします。
詳しくは以下の記事をごらんください。

【docomo】dカードゴールドはお得?年会費1万円の元を取るメリットを解説

2016.08.22

dポイントのまとめページ

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)