わーすたの『夢』ってなんだろう?ミュージックカード&配信限定曲「WELCOME TO DREAM」発売

WELCOME TO DREAMのミュージックカードデザイン ディスコグラフィ
SPONSORED LINK

2018年3月21日にわーすたが、ミュージックカード&配信限定で『WELCOME TO DREAM』をリリースしました!

楽曲そのものは、2018年1月8日のぱらどっくすツアーファイナルで初披露され、プリパラのエンディングテーマとして流れています。

この記事では、

  • 楽曲の紹介
  • 個人的な感想

を中心に紹介しようと思います。

記事内で使用している画像は、所属事務所・レーベルから掲載および撮影許可を得ているものです。

SPONSORED LINK

わーすた『WELCOME TO DREAM』の概要

WELCOME TO DREAMのミュージックカードデザイン

ミュージックカード&配信限定の『WELCOME TO DREAM』収録曲は以下です。

収録曲

  1. WELCOME TO DREAM
  2. 最上級ぱらどっくす
  3. Just be yourself
  4. WELCOME TO DREAM(Instrumental)
  5. 最上級ぱらどっくす(Instrumental)
  6. Just be yourself(Instrumental)
  7. WELCOME TO DREAM(KARAOKE)
  8. 最上級ぱらどっくす(KARAOKE)
  9. Just be yourself(KARAOKE)

テレビ東京系アニメ『アイドルタイムプリパラ』2018年1月期のエンディングテーマということで、3rdシングル『Just be yourself』から続くプリパラタイアップ曲です。

販売形態は、CDではなくミュージックカードおよび配信となっており、配信は2018年1月から開始されているので、既に音源は入手済みの方が多いと思います。

収録曲について

『アイドルタイムプリパラ』が2018年3月で終了するということで、わーすたが携わった曲が全て収録されています。

わーすたファンにとってはほぼ既出曲ですが、プリパラファンには嬉しいかと思います。

『WELCOME TO DREAM』について

役割氏名
作詞鈴木まなか
作曲加藤裕介
編曲加藤裕介
振付SAYA SHINOHARA
衣装デザインたけうちはるか
クリエイティブD福嶋麻衣子(もふくちゃん)
MV監督荒船泰廣

もはや、わーすた定番の制作陣という感じもしますが、今回も女子クリエイター中心です。

制作メンバーをみて大きく変わったと感じるのは、

振付(コレオグラファー)から高田あゆみさんの名前が消えた

ことでしょうか。
2017年後半から、SNSなどを見ていても接点が減っている感じがしていましたが、そういうことなんでしょうね。

『最上級ぱらどっくす』について

役割氏名
作詞鈴木まなか・渡邉シェフ
作曲安藤啓希・須藤隼太
編曲岸田勇気
振付香衣
振付監修高田あゆみ
衣装デザイン木村優
クリエイティブD福嶋麻衣子(もふくちゃん)

わーすた4thシングルでもある『最上級ぱらどっくす』です。

コールが盛り上がる、わーすたの『沸き曲』に成長しましたが、詳しい解説は以下をご覧ください。

今回もプリパラだ!わーすた4thシングル「最上級ぱらどっくす」リリース

2017.10.18

『Just be yourself』について

役割氏名
作詞鈴木まなか
作曲Kon-K
編曲Kon-K
振付高田あゆみ
衣装デザイン木村優
クリエイティブD福嶋麻衣子(もふくちゃん)

わーすた3rdシングル『Just be yourself』です。

詳しい解説は以下をご覧ください。

プリパラタイアップの勝負曲?わーすた3rdシングル『Just be yourself』リリース

2017.04.18

プロモーションとリリイベ情報

新曲WELCOME TO DREAMを披露

今回はミュージックカードのみの販売ということで、CD販売に比べると少なめです。

リリースイベント(リリイベ)は以下の日程で開催されます。

日時場所
2018/3/21HMVエソラ池袋
2018/3/31品川グランドホール
2018/4/7プレミアヨコハマ 

iDOL Street系アイドルではお馴染みのmu-moショップイベントは、2018年4月7日に開催され、

  • 個別握手会
  • 個別写メ会 or チェキ会
  • メンバー全員グループ写メ会 or チェキ会
  • 個別私物サイン会
  • 個別ゲーム会

があります。

アイドルとのチェキ・写メ撮影会必勝法。わーすたグループ撮影会レポート at 原宿

2016.07.13
SPONSORED LINK

『WELCOME TO DREAM』のミュージックビデオと楽曲の感想

情報は以上で、以降は僕の感想です。

この曲を初めて聴いたのは、2018年1月8日のぱらどっくすツアーファイナルで、その数日後に配信されたので、音源としてすでに何回も聴いています。

ミュージックカード発売

とか言われても正直「今更?」という感覚があります。

  • CDとして販売しない
  • リリースイベントも少なめ

ということで、どちらかと言えばファン向けに音源だけ販売している印象が強い楽曲です。

たけうちはるかさんデザインの衣装がかわいい

個人的に今回の楽曲で印象に残るのは『衣装』です。

派手さはないですが、とにかくかわいい!
たけうちはるかさんデザインの衣装と言えば『制服衣装』シリーズが有名ですが、雰囲気がちょっと近い中で、楽曲衣装らしく豪華になってて好きですね。

MVに関しても、スマホで撮影した動画を使うなど、新しい試みもあります。

わーすたはやっぱり『スマホ』が代名詞なので、もっと活用して欲しいですね。

わーすたの『夢』は?

初披露されたパラドックスツアーファイナル

逆に、楽曲としてのインパクトは乏しい感じもします。

シングルCDではないのも、ある意味納得というか、どちらかと言えば2018年4月以降の展開に向けての『繋ぎ』という印象があります。

ただ、この曲が今出たことにはそれなりの意味があると思ってます。

この曲は、タイトルの通り、

がテーマです。

自分の夢はおいといて、、、w
『わーすたの夢』ってなんだろうと時々思います。

節目となるライブのMCとかで、メンバーはわりと、

わーすたには夢があります

というような発言をします。ですが、具体的な内容を語ったことはないと思います。

  • グループとしての夢
  • 個人の夢

は違うでしょうが、2018年度は、グループとしての夢を重視する年ではないかと思っています。

  • 結成から3年経ち、4年目に入る
  • メンバーの半分以上が高校を卒業
  • 先輩グループであるGEMの解散など、iDOL Streetという枠組みの希薄化
  • そんな中、唯一存在感を出している

わーすたはもはや新人アイドルグループではありません

シングル4枚、アルバム2枚をリリースしているアイドルはそんなにおらず、次のフィールドに向かって行かないとダメでしょう。

結果が求められている

その結果・成果が何なのかは分かりませんが、結果を出せるような活動をしていくのは間違いないでしょう

2018年度は『わーすたの夢』に注目しておくと、より楽しめるのではないかと思います。

終わりに

WELCOME TO DREAM

楽曲面で見るわーすたの魅力は、何と言ってもツインボーカル(廣川・三品)の歌唱力です。

過去のプリパラ曲はツインボーカルが全面に出ていましたが、この曲はパフォーマンスメンバー(坂元・松田・小玉)のパートも多めです

僕の印象では、

  • 2015年はツインボーカル
  • 2016年は分散型
  • 2017年はツインボーカル

みたいな感じで、年毎に歌に対するスタンスが変わったように感じています

2018年はどうなるのか?

そんなことを考えると楽しいかもw

2018年4月から始まる、プリパラ後継番組『キラッとプリ☆チャン』において、エンディングテーマを再び担当することも既に決まってます。

次の新曲は意外と早く発売しそうですが、その辺りの方向性も見えてくるのかなって思います。

わーすたのまとめページ

2016年3月から、100以上書いた記事を整理したページです。

最新記事のチェックには、Twitter(@ktoi_chi)をよろしければフォローしてください。

▼まとめページは以下の画像をタップしてね

あわせて読みたい「わーすた」のおすすめ記事

わーすたについてまとめた総集編記事や、プロデューサー樋口竜雄さんのインタビューです。 かなり長い記事ですが、これを読めばあなたも立派なわーしっぷ?

「わーすた」ってどんなアイドル?グループの魅力・女性人気の秘密をファン目線で解説

2016.03.20

わーすたメジャーデビューと2016年活動秘話 〜iDOL Street樋口竜雄プロデューサーに聞きました vol.1〜

2017.03.09

「わーすた」の全てを知りたい方へ 〜NEW いぬねこ。でもわかる世界標準アイドルのトリセツ2〜

2017.04.15

あわせて読みたい

SPONSORED LINK