わんだふるYEARの集大成!3rdアルバム「CAT’CH THE WORLD」全曲解説

CAT’CH THE WORLD(CD+Blu-ray) ディスコグラフィ
SPONSORED LINK

2019年3月6日にわーすたの3rdアルバム「CAT’CH THE WORLD」がリリースされました。

2018年4月から「わーすたわんだふるYEAR」と称し、活発な活動を行っていたわーすたですが、

  1. 2018年6月20日にミニアルバム「JUMPING SUMMER」
  2. 2018年10月31日にミニアルバム「GIRLS, BE AMBITIOUS!」

をリリースし、2018年度の集大成と位置付けられるアルバムです

全13曲でミニアルバム収録曲も多いですが、5曲が初収録の音源となります

この記事では、

  • 楽曲の紹介
  • CDの開封レポート
  • 個人的な感想
  • ランキング・売上情報

をピックアップして紹介しようと思います。

記事内で使用している画像は、所属事務所・レーベルから掲載および撮影許可を得ているものです。

SPONSORED LINK

わーすた3rdアルバム「CAT’CH THE WORLD」の概要

CAT’CH THE WORLD(CDアルバム)

わーすたとしては3枚目のフルアルバム「CAT’CH THE WORLD」の収録曲は以下です。

収録曲

  1. プロローグ
  2. くらえ!必殺!!ねこパンチ★ ~私達、戦うにゃこたん【レベル5】~
  3. 大志を抱け!カルビアンビシャス!
  4. デデスパボン!
  5. PLATONIC GIRL
  6. JUMPING SUMMER
  7. タピオカミルクティー
  8. Love Unmelt
  9. スタンドアロン・コンプレックス
  10. やーだー
  11. ぐるトレ
  12. 暮れないハート
  13. スーパーありがとう

販売形態は以下の3種類で、いつもの構成となっています。

販売形態価格備考
CD+Blu-ray3,500円Blu-rayは以下を収録

  • くらえ!必殺!!ねこパンチ★ ~私達、戦うにゃこたん【レベル5】~ MUSIC VIDEO
  • 大志を抱け!カルビアンビシャス! MUSIC VIDEO
  • タピオカミルクティー MUSIC VIDEOMUSIC VIDEO
CD only3,000円
ミュージックカード2,000円
チー
「積まない」人なら、CD+Blu-rayが一番お得感あるかなぁ。

わーすたちゃんは、MVでみるのが一番満足度高いよ

3rdアルバム「CAT’CH THE WORLD」の収録曲

CAT’CH THE WORLD(CD+Blu-ray)

3rdアルバム「CAT’CH THE WORLD」の収録曲は13曲です。

以降、楽曲毎に簡単な解説をします。

プロローグ

作詞鈴木まなか
作曲Hiroki Sagawa・岸田勇気
編曲岸田勇気

この後の曲「くらえ!必殺!!ねこパンチ★ ~私達、戦うにゃこたん【レベル5】~」に続く、セリフのみの楽曲です

「うるチョコ」のエピローグ部分のメロディを再構築した仕様になっているそうです。

てっきりセットかと思ってましたが、実は制作メンバーが微妙に異なってましたね(笑)

くらえ!必殺!!ねこパンチ★ ~私達、戦うにゃこたん【レベル5】~

作詞鈴木まなか
作曲岸田勇気
編曲岸田勇気
衣装デザイン木村優

2019年1月12日の、「わーしっぷ新年会2019」披露された「1月の新曲」です。

僕にとって「わーすたが始まった曲」である、「うるチョコ」。

わーすたがメジャーデビュー!RPGサウンドの「うるチョコ」と魔法少女衣装にドはまり

2016年3月2日

その続編的位置付けの楽曲です。

大志を抱け!カルビアンビシャス!

作詞みきとP・てにをは
作曲みきとP
コレオグラファーLICO
衣装デザイン木村優

2018年9月16日の、「わーすた Summer LIVE TOUR 2018 ~JUMPING SUMMER~」東京公演で披露された「9月の新曲」です。

2018年10月31日に発売された、ミニアルバム「GIRLS, BE AMBITIOUS!」のリード曲でもありました。

GIRLS, BE AMBITIOUS!

わーすたにピッタリの曲ってなんだろう?わーすたミニアルバム「GIRLS, BE AMBITIOUS!」全曲解説

2018年10月31日

デデスパボン!

作詞・作曲・編曲みきとP

2018年10月5日の、「わーすたぷらねっと~Nature~」で披露された、「10月の新曲」です。

PLATONIC GIRL

作詞・作曲・編曲みきとP

2018年5月5日の、「富士わーすたパーク」で披露された、「5月の新曲」です。

JUMPING SUMMER

作詞SHIROSE from WHITE JAM
作曲SHIROSE from WHITE JAM
Sota Kawashima(Ganmi)
ATSUSHI SHIMADA
編曲SHIROSE from WHITE JAM
ATSUSHI SHIMADA

2018年6月2日の、「わーすたぷらねっと〜future〜」で初披露された、「6月の新曲」です。

タピオカミルクティー

作詞SHIROSE from WHITE JAM
作曲SHIROSE from WHITE JAM
Taiki Kudo
編曲SHIROSE from WHITE JAM
Yusuke Morita
Sota Kawashima(Ganmi)

2018年4月29日の、「わーすたぷらねっと~funtasy~」で初披露された、「4月の新曲」です。

ミニアルバム「JUMPING SUMMER」のリード曲となります。

JUMPING SUMMER(CD+Blu-ray)

みきとPの「PLATONIC GIRL」に震えた!わーすたミニアルバム「JUMPING SUMMER」全曲解説

2018年6月21日

Love Unmelt

作詞・作曲・編曲浅利進吾

2018年12月27日の、「わーしっぷ大感謝祭2018」で初披露された、「12月の新曲」です。

わーすたとしては珍しい「バラード曲」です。

スタンドアロン・コンプレックス

作詞・作曲・編曲みきとP

2018年3月29日の、「わーすた 3rd Anniversary LIVE」で初披露されました。

やーだー

作詞SHIROSE from WHITE JAM, GASHIMA from WHITE JAM
作曲SHIROSE from WHITE JAM, Sota Kawashima(Ganmi), ザッキモKatoo from 純国産ボイス
編曲SHIROSE from WHITE JAM, ザッキモKatoo from 純国産ボイス

2018年7月15日の、「わーすた Summer LIVE TOUR 2018 ~JUMPING SUMMER~」札幌公演で披露された、「7月の新曲」です。

ぐるトレ

作詞SHIROSE from WHITE JAM
鈴木まなか
作曲SHIROSE from WHITE JAM
Taiki Kubo
Sota Kawashima(Ganmi)
編曲SHIROSE from WHITE JAM
Taiki Kubo
Yusuke Morita

2018年11月22・23日の、「わんわんにゃんにゃん秋祭り」で披露された、「11月の新曲」です。

暮れないハート

作詞・作曲・編曲みきとP

2019年3月6日のCD発売時点としては、パフォーマンス的にはまだ披露されていない楽曲です。

3月31日に開催される、4周年ライブで披露されると思われます。

スーパーありがとう

作詞SHIROSE from WHITE JAM
作曲・編曲SHIROSE from WHITE JAM
NAOTO OKABE

2018年6月〜9月にかけて開催された、「わーすた Summer LIVE TOUR 2018 ~JUMPING SUMMER~」で、ライブの締めとして使われた「6月の新曲」です

全編撮影OKではない

わーしっぷの想いを受け止めながら、今の道を信じて進んで欲しい。わーすた Summer LIVE TOUR 2018 ~JUMPING SUMMER~@福岡DRUM Be-1 レポート

2018年8月17日

CDの開封レポート

CAT’CH THE WORLD(原品)

というわけで、早速購入しました!

購入したのは「CD+Blu-ray盤」です。CDのみの通常盤と500円差なので、どうせ買うならこれかなと思います。

ちなみに、

など音楽配信サービスでも配信されて&定額で聴けるため、楽曲だけが欲しいならCDを買う必要はありません

CAT’CH THE WORLD(フィルムを剥がしたあと) CAT’CH THE WORLD(裏面) CAT’CH THE WORLD(CD) CAT’CH THE WORLD(Blu-ray)

中身はCDとBlu-rayです。

CAT’CH THE WORLD(歌詞カード)
チー
かわいい……。

「CAT’CH THE WORLD」の感想

情報は以上で、以降は僕の感想です。

2018年度として最大のトピックは、2015年3月の結成以来、わーすたの世界をコントロールしていた「鈴木まなか」さんが退任したことです。

これによって、新たな制作メンバーを迎えることになりますが、12月連続新曲披露の影に隠れて、それなりの混乱はあったように感じます。

チー
良くも悪くも「バラバラ」で、統一されたコンセプトを感じない

その分、今までにない魅力を発見できましたし、パフォーマンスの幅も広がったと思いますけどね。

「PLATONIC GIRL」なんて、鈴木まなか楽曲では絶対になかったでしょうが、約1年経ってかなり評価は上がったと思いませんか?

わーすたぷらねっと

アイドルの寿命は3年

なんて言われることが多いです。

起点は必ずしも「結成日」ではないと思いますが、ステージに立つメンバー・スタッフ・ファン、皆が同じ方向を向いて頑張れる期間はこれくらいが限界なんだと思います。

これはアイドルに限らず、あらゆる物事で思うわけで、「必要な変化」です

実験も含めて色々やって来て、辿り着いたのが、

「RPG」と「まほうしょうじょ」の世界観

となったことには、色々意見もあるでしょう。

2016年の「うるチョコ」の世界観がまさにこれで、原点回帰と言えば聞こえはいいですが、「迷走しただけじゃないか」と思うファンも多いでしょうから。

だた、僕は大歓迎ですしこれこそが「わーすたの武器」なんだと思います

わーすたファン歴「3年」

2016年5月がわーすた初現場

わーすたのファンになって、2019年3月で3年経ちます。

多分に漏れず、3年も経つと当初の熱さはなくなりますし、中途半端に知りすぎたゆえに、評論家みたいになってしまいます

なので、僕自身のリソース的問題もありますが、わーすたの記事は意図的に書かないようにしてます。

チー
今のファンには、過去との比較ではなく、今のわーすたをみて欲しいから

僕がここ1年くらい、言っていることは一つだけです。

わーすたのゆめの続きが見たい

2017年4月の「Zeppライブ」の先が見たい

あのライブは僕が過去にみた数百本のアイドルライブの中で、3本の指に入る「最高のライブ」でした。

  • メンバーのパフォーマンス
  • バンドセット
  • 映像やセットリストなど、ライブ全体の演出・構成
  • 会場の熱気

あれほど楽しかったライブはそんなにありません。

メンバーのパフォーマンスは当時より成長しています。

ドームやアリーナのライブを求めているわけではないし、普段のライブは手を抜いているなんて思いません。

ただ、

チー
みんなで辿り着いた「達成感」が得られる、ライブがまた見たい

そう思ってます。

わーすたの夢の途中を見た!フルバンドライブ「The World Standard~夢があるからついてきてね~」レポート

2017年4月25日

発売初週のデイリーランキング推移とウィークリー売上げ

CDリリースということで売上やランキングはやはり気になるので、リリース週のデイリーランキング推移とウィークリーランキングを以下にまとめます。

対象日付ランキング枚数
2019/3/5付8位
2019/3/6付
2019/3/7付18位
2019/3/8付
2019/3/9付
2019/3/10付

終わりに

CAT’CH THE WORLD(CD+Blu-ray)
チー
歳はとりたくないものだ……

そう思うことが最近多いです。

アイドルというのはエンターテインメントですが、「会社の事業」として行われていることは、ほとんどの方が理解していると思います。

会社というのは、大きくなればなるほど、ある程度の計画にもとづいて行動し、年度など主に会社の会計年度が「大きな区切れ目」になります

なので、2017年度末の3周年ライブで、「わんだふるYEARと12ヶ月連続新曲披露」が発表された時、

チー
年度末の締めに3rdアルバムを持ってくるだろうな

ここだけは容易に想像がつきました。

  • 半期毎にミニアルバム or シングルリリース
  • 年度末にこれらを収録したフルアルバムリリース
  • 年度末に総決算と言える、大規模ライブ

これが、1年前の2017年3月に予想した、2018年度のわーすた活動予想でした

楽曲の制作陣まで全て決まってはいなかったでしょうが、予算としては当然決まっていたはずで、社内的にはこの計画にもとづいて行動したはずです。

12ヶ月連続で楽曲を制作するのは、かなりのコストが発生するので、恐らく例年より大きな予算を確保していたでしょう。

会社的にはそれなりに期待されていた

それが2017年度末の状況なので、2019年度の活動方針をみると、わんだふるYEARの社内的評価が大体見えてくると思います

チー
こんなこと考えちゃうから、大人にはなりたくないでしょ(笑)

わーすたのまとめページ

2016年3月から、100以上書いた記事を整理したページです。

最新記事のチェックには、Twitter(@chiidolwota)をよろしければフォローしてください。

▼まとめページは以下の画像をタップしてね

あわせて読みたい「わーすた」のおすすめ記事

わーすたについてまとめた総集編記事や、プロデューサー樋口竜雄さんのインタビューです。 かなり長い記事ですが、これを読めばあなたも立派なわーしっぷ?

らえ!必殺!!ねこパンチ★ ~私達、戦うにゃこたん【レベル5】アー写

「わーすた」ってどんなアイドル?グループの魅力・女性人気の秘密をファン目線で解説

2016年3月20日

わーすたメジャーデビューと2016年活動秘話 〜iDOL Street樋口竜雄プロデューサーに聞きました vol.1〜

2017年3月9日
好きでないと3万文字の記事とか書けない

「わーすた」の全てを知りたい方へ 〜NEW いぬねこ。でもわかる世界標準アイドルのトリセツ2〜

2017年4月15日

運営者チーのおすすめ記事

チー
2児の父親でありながらアイドルヲタクという、残念な大人ですが、記事を書き続けていることには、それなりの理由があるんです。
アイドル記事を書き続けている理由

アイドルが好き!ヲタク歴19年の僕が、アイドル記事を書き続ける理由と推しのアイドル【2019年5月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK