【2017年ディスコグラフィ】わーすたのリリース(シングル・アルバム・Blu-ray)まとめ

2017.7.6 japan expoのわーすた ディスコグラフィ
SPONSORED LINK

2015年3月29日に結成された、アイドルグループ「わーすた」の2017年ディスコグラフィです。

2017年は、

  • シングル2枚
  • アルバム1枚
  • ライブBlu-ray1枚

をリリースしています。

スト生の楽曲および、2016年までのリリースについては、以下の記事をご覧ください。

知って欲しい!鈴木まなかとストリート生とわーすたの深い関係。スト生楽曲ディスコグラフィ

2016.03.27

【2015-2016年ディスコグラフィ】わーすたのリリース(シングル・アルバム・ミュージックカード)まとめ

2018.01.30
記事内で使用している画像は、所属事務所・レーベルから掲載および撮影許可を得ているものです。

SPONSORED LINK

2017年リリース

アーティスト写真

2017年のわーすた楽曲は、

TVアニメ『アイドルタイムプリパラ』の主題歌

を中心に展開されました。

はいずれも、プリパラのオープニング曲に採用された、タイアップ曲です。

2ndシングル「ゆうめいに、にゃりたい。」

ゆうめいに、にゃりたい。
収録曲

  1. ゆうめいに、にゃりたい。
  2. グーチョキパンツの正義さん
  3. ゆうめいに、にゃりたい。 (Instrumental)
  4. グーチョキパンツの正義さん (Instrumental)

2017年2月22日に発売した、わーすた2ndシングル『ゆうめいに、にゃりたい。』です。

マジハイパー過ぎる!わーすた2ndシングル『ゆうめいに、にゃりたい。』リリース

2017.02.21

ゆうめいに、にゃりたい。

役割氏名
作詞鈴木まなか
作曲鈴木まなか・Hiroki Sagawa
編曲Hiroki Sagawa
振付高田あゆみ
衣装デザイン木村優
クリエイティブD福嶋麻衣子(もふくちゃん)

モフモフ衣装が印象的ですが、楽曲も相変わらずぶっ飛んでいます

また、猫か

そう思う方多いと思います。
僕もそうですが、メンバーもそう思ってるんですよね。ちなみに発売日は、

2月22日(にゃんにゃんにゃん)

すぐ、にゃんにゃんに絡めるから〜(by 廣川奈々聖)

なんて発言もありましたが、まあ「にゃんにゃん」な曲ですw

曲の世界観は、タイトルの通り「有名になるために過去を巡る」というものです。元競馬好きとしては、

  • オグリニャップ(オグリキャップ)
  • イナリニャン(イナリワン)

には頭を抱えましたが、、、w

曲調がコロコロ変わる落ち着きのない曲という印象が強いです。

なので、初めて聴いたときのイメージは良くない人が多いと思います。

何度か聴くうちにハマってきます。良くも悪くも印象に残るので、頭から離れなくなりますw

グーチョキパンツの正義さん

役割氏名
作詞鈴木まなか
作曲鈴木まなか、サイトウリョースケ
編曲サイトウリョースケ

2016年9月3日のわーすた定期ライブ『わーすたランド わ-3』で初披露されました。

TVアニメ『ヘボット!』のエンディングテーマ曲です。

かわいらしい振り付けと、コミカルな歌詞が特徴で、特にライブにおいて人気のある楽曲です。

鈴木まなかDJに驚いた!わーすた定期ライブ「わー3」レポート【前編】 #わのさん

2016.09.07

3rdシングル「Just be yourself」

Just be yoursel
収録曲

  1. Just be yourself
  2. NEW にゃーくにゃくにゃ水族館2
  3. 約束だから
  4. いぬねこ。青春真っ盛り
  5. Just be yourself(Instrumental)
  6. NEW にゃーくにゃくにゃ水族館2(Instrumental)
  7. 約束だから(Instrumental)
  8. いぬねこ。青春真っ盛り(Instrumental)

2017年4月19日に発売した、わーすた3rdシングル『Just be yourself『です。

アニメ『アイドルタイムプリパラ』のタイアップ曲で、楽曲・MV・歌詞全てがプリパラの世界観です。

プリパラタイアップの勝負曲?わーすた3rdシングル『Just be yourself』リリース

2017.04.18

Just be yourself

役割氏名
作詞鈴木まなか
作曲Kon-K
編曲Kon-K
振付高田あゆみ
衣装デザイン木村優
クリエイティブD福嶋麻衣子(もふくちゃん)

3rdシングル『Just be yourself』は、わーすたの楽曲としてはターニングポイントだと思っています。

前述の通りタイアップ曲と言うことで、その影響が強い面があるものの、

  • 初めて作曲担当から鈴木まなかさんが外れる(作詞のみ担当)
  • ツインボーカル(廣川・三品)体制への回帰

というのは2016年5月のメジャーデビュー以来、あまり見られなかった変化です。

楽曲的にも、わーすたのシングルは「敢えて王道を外しているのか?」と思うくらい、歌詞もサウンドも変わってましたが、今回はベタなアニソン(アイドルソング)だと思います。

楽曲的には議論する要素がゼロの『普通にいい曲』なんですが、わーすたファンならほとんどが「ちょっと物足りない、、、」って感じたかもしれません。

ただ、ストレートな曲であるが故に、ツインボーカルの魅力を再認識した面も大きいです。

近年のアイドルソングはほぼユニゾンなので、ユニゾンだと何の変哲もない曲だったと思うのですが、ツインボーカルのお陰で、魅力のある楽曲になっていると思いました。

いぬねこ。青春真っ盛り

過去作品である、

に収録済みの楽曲です。
※再録でもなく、音源としては全く同じ

特に新鮮味はありませんが、最大のポイントは、

公式音源としてInstrumentalを収録したこと

じゃないかと思います。

『わーすたのいぬねこ。』は地下アイドルなどがカバーする楽曲としても人気です。イベンターやアイドル運営にとって、『いぬねこ。のInstrumental』は音源として価値が高いと思います。

NEW にゃーくにゃくにゃ水族館2

役割氏名
作詞鈴木まなか
作曲鈴木まなか、u.z.
編曲u.z.

2016年10月22日に広島で開催された、『完全なるライブハウスツアー2016 ~猫耳捨てて走り出すに゛ゃー~』の初日で披露されました。

何が「NEW」で、何故「2」なのか

というツッコミどころが面白いです。結局よく分かりませんw
余談ですが、僕が2017年4月に公開したわーすたまとめ記事のタイトルは、この曲をもじったものですw

「わーすた」の全てを知りたい方へ 〜NEW いぬねこ。でもわかる世界標準アイドルのトリセツ2〜

2017.04.15

楽曲は2ndシングルに収録されていた『グーチョキパンツの正義さん』に少し似た雰囲気で、

  • ゲームミュージックっぽい『ピコピコ音』
  • 水族館の名の通り、歌詞に魚の名前が多数登場する
  • 振り付けに魚の顔真似がある

というのが特徴です。

僕は、『廣川奈々聖さんのエイ』がお気に入りですw

松田美里初の広島凱旋ライブ!わーすた「完全なるライブハウスツアー2016 ~猫耳捨てて走り出すに゛ゃー~」広島レポート【前編】

2016.10.27

約束だから

役割氏名
作詞鈴木まなか
作曲鈴木まなか、Hiroki Sagawa
編曲サイトウリョースケ

『NEW にゃーくにゃくにゃ水族館2』と同じく、2016年10月22日に広島で開催された、わーすた『完全なるライブハウスツアー2016 ~猫耳捨てて走り出すに゛ゃー~』の初日で披露されました。

約束=小指での指切り

ということで、小指を立てるのが振り付けに組み込まれています。

初披露時はアンコールで披露されましたが、ツアー中盤からセットリスト内に組み込まれました。

わーすた1stツアーのファイナルでも最後に披露され、ツアーを象徴する楽曲だったと思います。

わーすた1stツアーファイナル!「完全なるライブハウスツアー2016 ~猫耳捨てて走り出すに゛ゃー~」東京夜公演レポート

2016.12.15

4thシングル「最上級ぱらどっくす」

4thシングル『最上級ぱらどっくす』
収録曲

  1. 最上級ぱらどっくす
  2. GOGO!プリパライフ
  3. ハロハロフレンズ
  4. 最上級ぱらどっくす(KARAOKE)

2017年10月18日に発売した、わーすた4thシングル『最上級ぱらどっくす』です。

2ndアルバム『パラドックス ワールド』との同時リリースでした。

今回もプリパラだ!わーすた4thシングル「最上級ぱらどっくす」リリース

2017.10.18

『最上級ぱらどっくす』について

役割氏名
作詞鈴木まなか・渡邉シェフ
作曲安藤啓希・須藤隼太
編曲岸田勇気
振付香衣
振付監修高田あゆみ
衣装デザイン木村優
クリエイティブD福嶋麻衣子(もふくちゃん)

もはや、わーすたの定番制作陣という感じもしますが、今回も女子クリエイター中心です。

ただ、3rdシングルまでと若干異なるのは、

  • 作曲だけで無く、作詞も共作
  • 振り付けは香衣さん

という感じで、わーすた結成時からのメインスタッフである、鈴木まなかさん・高田あゆみさんのカラーが薄まっているという印象があります。

『GOGO!プリパライフ』について

役割氏名
作詞三重野瞳
作曲菅原幸枝
編曲サイトウ リョースケ

『ハロハロフレンズ』について

役割氏名
作詞三重野瞳
作曲菅原幸枝
編曲サイトウ リョースケ

『GOGO!プリパライフ』と『ハロハロフレンズ』は、ゲーム『プリパラ』で登場するキャラクターが歌唱する楽曲です。

今作ではこの2曲をわーすたがカバーしていることが特筆すべき点です。

ちなみに、2017年8月に開催された『アイドルタイムプリパラ サマーライブツアー2017』でパフォーマンスとしては披露済みです。

2ndアルバム「パラドックス ワールド」

わーすた2ndアルバム『パラドックス ワールド』

2017年10月18日に発売した、わーすた4thシングル『最上級ぱらどっくす』と同時リリースされた、2ndアルバム「パラドックス ワールド」です。

など、2016年6月~2017年10月の、わーすたの全てが詰まった作品です。

収録曲

  1. 恋するにゃこたん 〜フリもフラレもあなたのまま〜
  2. Just be yourself
  3. 最上級ぱらどっくす
  4. Magical Word
  5. ねぇ愛してみて
  6. Stay with me baby
  7. ゆうめいに、にゃりたい。
  8. NEW にゃーくにゃくにゃ水族館2
  9. ぱわわわわん!!! パワーパフ ガールズ
  10. グーチョキパンツの正義さん
  11. 完全なるアイドル
  12. 約束だから

個別の楽曲解説は、シングル曲など重複するものが多く、長くなるため紹介記事を参照いただけたらと思います。

特筆すべき点は、ライブのみで披露されていた下記4曲が『初音源化』されました

  • 恋するにゃこたん 〜フリもフラレもあなたのまま〜
  • Magical Word
  • ねぇ愛してみて
  • Stay with me baby

わーすたの『歌』を堪能してほしい!2ndアルバム「パラドックス ワールド」全曲解説

2017.10.19

Blu-ray「完全なるライブハウスツアー2016 ~猫耳捨てて走り出すに゛ゃー~」

mu-moショップ限定盤

2017年2月22日にリリースされた、わーすたとしては初の映像単体作品です

ライブBlu-rayは、アルバムに同梱されることが多い

2016年10月~12月に開催された、わーすたの1stライブハウスツアー「完全なるライブハウスツアー2016 ~猫耳捨てて走り出すに゛ゃー~」が収録されています。

3種類のバージョンがあり、それぞれ収録内容が異なっていました。

エディション収録内容価格備考
mu-moショップ限定盤Blu-ray3枚組
※広島・福岡・札幌・名古屋・神戸・東京
Tシャツ(限定完全なるツアーT)
10,800円TシャツはXLのみ
初回限定盤Blu-ray3枚組
※広島・福岡・札幌・名古屋・神戸・東京
8,100円
通常盤Blu-ray1枚
※東京
2,700円

通常盤以外は、ファイナル東京の昼公演(1部)を除く全公演が収録されています。

わーすた1stライブハウスツアー「完全なるライブハウスツアー2016 ~猫耳捨てて走り出すに゛ゃー~」全公演レポートまとめ

2016.12.24

わーすた初の映像作品。Blu-ray「完全なるライブハウスツアー2016 ~猫耳捨てて走り出すに゛ゃー~」レビュー

2017.03.14

第6回アイドル楽曲大賞2017

アイドル楽曲大賞2017

2017年もメジャーアイドル楽曲部門にノミネートされました。

わーすたのみ抜粋するとこんな感じです。

メジャーアイドル楽曲部門

順位タイトル
12位最上級ぱらどっくす
18位Just be yourself
30位NEW にゃーくにゃくにゃ水族館2
56位ゆうめいに、にゃりたい。
63位Stay with me baby
72位ねぇ愛してみて
72位恋するにゃこたん ~フリもフラレもあなたのまま~
140位グーチョキパンツの正義さん
140位約束だから
237位Magical Word

アルバム部門

順位タイトル
8位パラドックス ワールド

推し箱部門

順位名称
4位わーすた
  • 2015年の『いぬねこ。』
  • 2016年の『うるチョコ』

と比較すれば、インパクトは弱かった2017年楽曲ですが、全体的な認知度が高まっている傾向が見て取れます。

具体的には、

  • ほぼ全楽曲が100位以内
  • 推し箱部門で4位(9位→13位→4位)

というあたりに、その傾向を感じます。

活動3年目に入ったわーすたは、勢いのある『新人』という雰囲気は薄れ、ベテラン領域に入ったため、ファン層も変化が出て来ています。
※古参が減り、新規が増える、など

少し停滞感も出てきているわーすたですが、この状況を突き破ってブレイクするか、徐々に沈んでいくのか、岐路に来ています。

終わりに

japan expo2017

2017年のわーすたリリースをみると、メジャーアイドルらしい活動をしていたな、と感じます。

この中で特筆すべき点は、

1stアルバムリリースから、わずか1年半で2ndアルバムをリリースした

ことでしょうか。

アイドルはシングルCDを中心に販売します。理由は、リリースイベントで枚数を稼ぎ、オリコンランキング上位を目指すのがスタンダードな戦略だからです。

なので、

  • 単価が高く
  • シングルの寄せ集め

になりがちなアルバムの存在意義は低く、シングルをたくさんリリースするアイドルも、アルバムはリリースしないというのは珍しくありません。

そんな中で、アルバムをコンスタントにリリースするわーすたは、クリエイティブに対するこだわりを感じるわけで、年単位でみるとその傾向が読み取れる辺りが面白いです。

こういうアイドルは、近年は少ないので、わーすたの魅力と言えるかもしれません。

わーすたのまとめページ

2016年3月から、100以上書いた記事を整理したページです。

最新記事のチェックには、Twitter(@chiidolwota)をよろしければフォローしてください。

▼まとめページは以下の画像をタップしてね

あわせて読みたい「わーすた」のおすすめ記事

わーすたについてまとめた総集編記事や、プロデューサー樋口竜雄さんのインタビューです。 かなり長い記事ですが、これを読めばあなたも立派なわーしっぷ?

「わーすた」ってどんなアイドル?グループの魅力・女性人気の秘密をファン目線で解説

2016.03.20

わーすたメジャーデビューと2016年活動秘話 〜iDOL Street樋口竜雄プロデューサーに聞きました vol.1〜

2017.03.09

「わーすた」の全てを知りたい方へ 〜NEW いぬねこ。でもわかる世界標準アイドルのトリセツ2〜

2017.04.15

あわせて読みたい

SPONSORED LINK