フリーランスは複数プロジェクトをまたがる、タスク管理が必要。会社員を辞めて1ヶ月経って感じたこと

フリーランスはタスク管理が重要 仕事
SPONSORED LINK

10年間勤めた会社を退職し、フリーランスになって1ヶ月経ちました。

ピープルソフトウェア株式会社を退職しました。これから就職する方に伝えたいことと、僕が会社員を卒業する理由

2018.08.01

フリーランス1年目に関しては、

あまりジャンルを絞らず、流れに身を任せる

という方針で活動しています。
2018年8月時点での僕のもつスキルっぽいものと言えば、以下でしょうか。

  • システムエンジニアとして、システムの設計ができる
  • プログラミングができる
  • そこそこアクセスのある、個人ブログを運営している
  • イベント運営ノウハウ

基本的にこの1ヶ月の活動も、これらのスキルの延長線上ではありますが、フリーランスになって強く感じるのは、

タスク管理の重要性

なんですよね。

SPONSORED LINK

会社員時代は「タスク管理=プロジェクトマネジメント」

会社員としては単一プロジェクトを管理していればよかった

会社員としての僕の仕事は、システムエンジニアでした。

業種や顧客にもよるでしょうが、いわゆるSIer(システムインテグレータ)として、大企業向けのシステム開発を担当していました。

こういう時は基本的に、WBS(Work Breakdown Structure)と呼ばれるプロジェクトマネジメント用のタスク一覧が作られ、それに従ってスケジュールが組まれます

  • メンバーとしては、スケジュールを守るように作業を進め
  • リーダーとしては、無理のないスケジュールを立て、日々の状況をウォッチする

これで仕事をしていました。

複数PJを掛け持つようなこともありましたが、基本的な考えは、プロジェクト毎のスケジュールをチェックして仕事を進めました。

その他の作業は、基本的にメールかメッセンジャーを通じて依頼されます。

  • Gmailの場合は、「Inboxゼロ」方式
  • メッセンジャーはツールを使う

という感じでタスク管理を行い、そこに入らないものは、スマホのリマインダーを使い、大体回せていました。

会社の仕事は基本的に、

メインの仕事が決まっている

状況が多いので、これで大体は回せたんです。

フリーランスになるとメインの仕事が複数になる

会社員のタスク管理は道を示してくれる

ところが、フリーランスになると、メインの仕事が複数になります。

例えば2018年8月時点の場合で言うと、ざっくり以下のようなことをやっていました。

  • ブログを書く
  • 倉敷市災害ボランティアセンターの支援
  • 美観地区ブログ「倉敷とことこ」の立ち上げ
  • システム開発、WEBサイト運営に関する相談

僕が勝手にやっている活動もあれば、人から頼まれている仕事(=お金をもらっている)もありますが、優先度の差はあっても、メインとサブなんて違いがありません

例えば打合せなど、予定が決まっているものがあれば、もちろんそれをやりますが、時間ができたときに、

チー
さて、まずは何からやろうか……

と考えてしまうわけです。

ブログに関して言えば、僕の活動原点ですし、これを一番大事にしようと思い、意識的に更新ペースは上げています。

僕はブロガーに戻る。今思っていることを発信し、ログとして残すのが「ブログの原点」

2018.08.04

ですが、それ以外については悩みます。

  • 全部すぐにやらないといけないと言えばそうだし
  • 後回しでもよいと言えばよい

となってしまうわけです。

プロジェクトをまたがった、タスク管理が必要

っと感じます。

タスク管理の王道はGTDとタスクシュート

タスク管理は複数必要

タスク管理を頑張っている人は、僕のイメージでは忙しい人が多いです。

忙しい、つまり時間が無いために、時間を捻出するためにタスク管理を使っているのだと思います。

ただ、今僕はフリーなので、時間にはわりと余裕があります。

隙間時間を作るためというより、今やるべきことをすぐに判断できるようにしたいです。

そういう場合に、最適なタスク管理方法ってなんだろうって思うんです。

有名どころで言うと、

この2種類が思い浮かびます。

どちらも名前だけ知っていて、詳しい内容は分かっていません

ただ、必要性だけは認識できたので、今後もっと忙しくなったとして、苦労しないように今から対策打っておこうかなと思います。

終わりに

僕は今までタスク管理を何度か導入したことがありますが、結局続きませんでした。

タスク管理するのが目的になってしまう

これが一番の理由ですが、やはり会社員の仕事だと、スケジュール管理してくれる人(大体は上司)がいるので、必要性が薄いんですよね。

フリーランスのお仕事は、基本的に複数プロジェクトを常に回しているイメージなので、今までの考えは合わなくなって来たなと、1ヶ月仕事してきて感じました。

ピープルソフトウェア株式会社を退職しました。これから就職する方に伝えたいことと、僕が会社員を卒業する理由

2018.08.01

「出世したくない」と言い続けて、40代以降も会社で居心地のいい地位でいられるか?僕が会社を辞めた1つ目の理由

2018.08.28

あわせて読みたい

SPONSORED LINK