運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

Spigen「iPad Proケース スタンドフォリオ」レビュー。キーボードはいらない・Smart Folioは高すぎるという方に使って欲しい【PR】

Apple Pencilを装着した「Spigen iPad Proケース スタンドフォリオ」
SPONSORED LINK

Apple純正iPad Proケースが高すぎる!

そう思う方は多いと思う。

2018年11月に発売した第3世代iPad Proは、Macにも引けをとらない性能を持っているが、その分Pro仕様の値段となった。

その結果、本体だけで無く純正アクセサリも高くなっている。

製品名価格(税別)
12.9インチiPad Pro用Smart Folio11,800円
12.9インチiPad Pro用Smart Keyboard Folio22,800円
11インチiPad Pro用Smart Folio9,800円
11インチiPad Pro用Smart Keyboard Folio19,800円
チー
必須アクセサリとも言える、ケース類が1万円スタート……。

僕は「第3世代iPad Pro12.9インチ」を購入したが、キーボードが必要なら「Smart Keyboard Folio」一択だと思う

しかし、「キーボードはいらない」という方に純正ケースは高すぎると思うので、サードパーティー製ケースは有力な選択肢だ。

今回紹介する「Spigen iPad Proケース スタンドフォリオ」は、実売価格「3,442円」と安価なわりに、高品質なケース

早速紹介しようと思う。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

「Spigen iPad Proケース スタンドフォリオ」の特徴

Spigen iPad Proケース スタンドフォリオ

今回紹介する「Spigen iPad Proケース スタンドフォリオ」は、第3世代iPad Pro用ケースだ

特徴は、以下の5点。

  • 耐久性の高い外側のレザーカバー、内側のハードタイプのポリカーボネートの2層構造
  • Apple Pencilが取り付け可能
  • マグネットフラップ搭載で開け閉めが楽
  • オートスリープ対応
  • スタンド機能搭載

特徴は多いが、「iPhone向けの手帳型ケース」をイメージすればよいかと思う。

第3世代iPad Pro」は2種類のサイズ展開なので、それぞれに対応するケースが用意されている。

カラーは「ブラック」のみです
製品名価格(税別)
12.9インチiPad Pro用3,442円
11インチiPad Pro用3,142円

価格は12.9インチが若干高くなる。

今回は「12.9インチ用ブラック」をレビューする。

開封レポート

Spigen製品お馴染みのパッケージ

簡単な開封レポートを。

パッケージは近年のSpigen製品お馴染みといえる、白いパッケージ。

Spigen iPad Proケース スタンドフォリオの外観 裏面

ケースが登場。

開くと、ポリカーボネートケースが登場した

カバーを開くと、ポリカーボネートケースが登場した。これでiPad Proをしっかり固定できる。

表裏両面をカバーするタイプのケースなので、形状としてはシンプルなものだ。

装着後の状態

iPad Proを装着

第3世代iPad Pro」に装着してみた。

iPhoneでいう手帳型ケースなので、カバーを閉じるとこのようになる。

カバーを閉じた状態

続いて、側面をチェック。

USB-Cポート 本体上部 フリップのある側面 カバー面

Apple純正ケースと同じく、コネクタ周りをカバーで覆わないタイプ。

カメラ周りもバッチリ

今や定番(?)とも言える、飛び出したカメラも考慮されている。

マグネットフラップ搭載

カバーの開閉用フラップは、マグネット式となる。

第2世代Apple Pencilを装着したまま使える

Apple Pencilを装着

「Spigen iPad Proケース スタンドフォリオ」の特徴として、第2世代Apple Pencilを装着したまま使えることがある。

第1世代Apple Pencilの欠点は、

  • iPad Proと独立してしまい
  • コロコロとよく転がる

というもので、それを解消したのが第2世代。

なので、ケースをつけたまま、Apple Pencilが使えないと意味が無い

スタンド形状にしてもそのまま使える Apple Pencilの装着状態

2段階のスタンドとして使える

スタンド機能

iPad Proは世代を重ねるにつれて、Macに近くなってきている。

第3世代ではUSB-Cポートを搭載し、仕事で使うならキーボードを使わないと意味が無いとすら思う。

しかし、iPadは元々イラストレーターなどデザイン系の人、動画や書籍を閲覧するユーザーが多かった。

そんな人にとって、角度が調節できるスタンド機能は重要

第1段階 第2段階

このため、「Spigen iPad Proケース スタンドフォリオ」も2段階のスタンド機能を有している。

バンドが着いており「片手」で操作しやすい

バンドがついている

ただ、ここまでの機能は純正ケースでも同じことが出来る。

「Spigen iPad Proケース スタンドフォリオ」ならではの特徴は、バンドが付属していることだと思う。

バンドが着いている

最初見た時、

チー
これは何に使うんだろう?

と思ったのだが、片手で操作しやすいように、iPad Proをホールドするためのものだった

持ち方 片手でも持ちやすい

使った感想は「キーボードがいらないならコスパが高い」

スタンド機能

以下の記事でも紹介したが、僕は「12.9インチiPad Pro用Smart Keyboard Folio」を使っている。

全てが変わったiPad Pro

iPad Pro 12.9インチ Wi-Fi版(2018 第3世代)開封レビュー。私のサイズ・容量・通信の選び方を紹介

キーボードが使いたい場合、残念ながら第3世代iPadでは「Smart Keyboard Folio」一択だと思う。

しかし、キーボードが不要という方も、iPadユーザーには多い。

冒頭にも記載した通り、キーボードがない純正カバー「Smart Folio」も1万円ほどする。

対して、「Spigen iPad Proケース スタンドフォリオ」は3,000円くらい

価格差がかなりあるわりに、品質は高く、非常に使いやすい。

何より重要なことは、仕事で使っても違和感の無いデザインであること

カードなどを挟めるポケット付き

例えば、カードやちょっとした書類が挟めるなんて機能も、プライベートでは不要だが、仕事で使う場合は便利だと思う。

終わりに

Apple Pencilを装着

iPad Proは確かに高機能で便利なのだが、本体もアクセサリも全てが高いという欠点がある。

僕の周りでも第3世代iPad Proを購入した人は結構多いのだが、「オーダーボタン押すときの指が震える」という方も多い。

タブレットとして見た時に、アクセサリも全て揃えると20万円近くするというのは、さすがに高いと僕も思う。

  • アクセサリを少しでも節約したい
  • かといって安っぽいケースは嫌だ

そんな方には、「Spigen iPad Proケース スタンドフォリオ」は有力な選択肢になるだろう。

製品名価格(税別)
12.9インチiPad Pro用3,442円
11インチiPad Pro用3,142円

「iPad Pro」はAmazon・家電量販店・大手キャリアなど幅広く販売されていますが、在庫・納期面で一番おすすめは、Appleでの購入です。

Wi-Fi+Cellular版はAppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除できます。

キャリアで購入するなら、契約事務手数料が「無料」のオンラインショップがおすすめ!

取り扱い店舗Wi-Fi版Wi-Fi+Cellular版
Apple Store
大手キャリア×
Amazon×
家電量販店×

iPadのデータSIMは1年間無料の「楽天モバイル」

楽天モバイル

チー
Cellular版iPadのデータSIMは、1年間無料でauエリアが使えて、設定も簡単な「楽天モバイル」がおすすめ!
\ プラン料金2,980円が1年無料! /

楽天モバイルをチェック

iPadには楽天モバイルがおすすめ

iPad Cellular版のデータSIMはどれがいい?1年間無料で使える、楽天モバイルが使いやすくておすすめ!

iPadはどのモデルのコスパが高い?

チー
iPadは種類が多いんだけど、どれを買うのが一番いいかなぁ?
ゆうた
iPad仕事術」で推奨するのは、「Wi-Fi+Cellular版のiPad Pro」だけど、一般的には一番売れ筋の「Wi-Fi版第7世代iPad」で十分だと思いますよ

正直ショック受けるくらい、処理スピードに差がない割に、値段は3倍近いですからね。
iPad V.S. iPad Pro

iPad仕事術のゆうたが選ぶ、おすすめモデルは?最安値「iPad 第7世代」と最高級「iPad Pro 12.9インチ」で仕事して比べてみた

チー
無印iPadを買うんだったら、ビックカメラAmazonで買うのが無難かな。

あと、SoftBank・Y!mobileユーザーは条件を満たせば、Yahoo!ショッピングで買うと「最大20%還元」なのでお得!
2020年8月時点の第7世代iPad 32GB販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗タイプ定価(税込)値引き実質価格
Apple StoreWi-Fi38,280円-38,280円
Wi-Fi + Cellular54,780円-54,780円
AmazonWi-Fi38,280円383ポイント37,897円
Wi-Fi + Cellular---
ビックカメラ.comWi-Fi38,280円383ポイント37,897円
Wi-Fi + Cellular---
ドコモオンラインショップWi-Fi---
Wi-Fi + Cellular55,440円-55,440円
auオンラインショップWi-Fi---
Wi-Fi + Cellular55,440円-55,440円
SoftBankオンラインショップWi-Fi---
Wi-Fi + Cellular54,720円-54,720円
iPadはどこで買うのが安い

iPadはどこで買うのが安い?値下げはいつ?Apple Store・家電量販店・Amazon・キャリアのオンラインショップで比較してみた

現役社長ゆうたのiPad仕事術

現役社長ゆうたのiPad仕事術

iPad Proを仕事で使いまくる「ガチiPadユーザー」で、「株式会社松本鉄工 代表取締役」のゆうたさんが、仕事に役立つiPad活用術を紹介する連載記事を、2019年3月から公開しています。

ゆうた
iPadは「でかいiPhone」と思ってませんか?

iPadOSに対応したiPadは、パソコン無しで仕事できるポテンシャルがあります。以下の機能を活用すると、凄く便利になりますよ!
iPad仕事術完全版

【iPad仕事術 完全版】iPadで仕事をしたい方に伝えたい、無料で使えるアプリ・テクニック、必須アクセサリのまとめ

iPadのおすすめアクセサリ

ゆうた
iPad仕事術で必須となる、アクセサリは以下です。

あるとないとでは大違いなので、是非合わせて購入してみてください!
iPad仕事術の推奨アクセサリ
\ ガチiPadユーザーのレビュー /

現役社長ゆうたのiPad仕事術を読む

ゆうた
正直iPad仕事術は、文章だけで伝えるのが難しい機能もあるので、操作している様子を撮影して、動画で解説も行ってます。よかったらチャンネル登録しておいてくださいね。
\ 動画でも解説中 /

YouTubeチャンネルをチェック

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年7月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!