Google PayにQUICPay(クイックペイ)を登録する方法。登録できるクレジットカードの種類と使い方まで解説

Google PayでQUICPay Google Pay
SPONSORED LINK

キャッシュレス化とともに、いろいろな決済方法が増えてきた。

その中でも、スマホを使った決済方法が、最近増えてきている。

Google Payで利用できるQUICPay(クイックペイ)も、そうした決済方法の1つだ。

QUICPayの特徴は以下の2点。

  • スマホで決済できる
  • ポストペイ型なので、プリペイドのようなチャージが不要

今回は、Google PayでのQUICPayの使い方を紹介する。

SPONSORED LINK

Google PayでQUICPayが使えるスマホの条件

まず、Google Payがインストールできるからと言って、すべてのAndroidスマートフォンで、QUICPayが使えるわけではない。

条件は、以下の3つだ。

QUICPayの利用条件
  1. Google Pay」アプリがインストールされている
  2. おサイフケータイ」アプリがインストールされている
  3. FeliCaに対応している

Androidのバージョンが5.0より古いなど、あまり古いスマホだと、利用できない場合がある。

また、海外メーカーのスマホで、FeliCaに対応していないものも、利用できない。

ちなみに、Googleは以前、Nexus 5X/6Pを日本で発売したが、FeliCaが搭載されていなかったため、おサイフケータイなども利用できなかった。

Pixel 3/3 XLでは、FeliCaが搭載されたため、QUICPayも利用可能だ。

Google Payに対応したQUICPay

Google Payでは、すべてのQUICPay対応カードが、使えるわけではない。

現在、Google Payが対応しているのは、この4サービスの対応カードだ。

対応サービス対応カードカードタイプ
KyashKyash Visa カードプリペイドカード
JACCSJACCSが発行する全てのVisa/Master/JCBクレジットカードクレジットカード
JCB対応カード一覧はこちらの「JCB対応カード」クレジットカード
プリペイドカード
LINELINE Pay カードプリペイドカード

それ以外のサービスに関しては、残念ながら現在は対応していない。

おすすめはLINE Payカード

そんな中でも、僕がおすすめしたいのは、LINE Payだ。

LINE Pay

なぜ、僕がLINE Payをおすすめするかというと

  • LINEで管理できる
  • LINEポイントが貯まる
  • チャージ式なので、使いすぎの心配がない

というメリットがあるからだ。

LINE Payの管理や、利用履歴の閲覧は、LINEアプリで可能だ。

LINE利用者にとっては、使い慣れたLINEアプリで管理できるのは、嬉しい。

もちろん、LINE PayでQUICPayを使えば、LINEポイント(0.5〜2%)も貯まる。

LINE PayはLINEで管理できる

また、LINE PayのQUICPayを使う場合、LINE Payの残高から支払われる

LINE Pay自体は、チャージ式なので、クレジットカードのように、使いすぎの心配もない。

チャージ方法も、銀行口座からコンビニなど、複数用意されている。

LINE Payのチャージ画面

Google PayへのQUICPayの登録

Google Payで、QUICPayを使うには、対応カードをGoogle Payに登録する必要がある。

登録方法は大きく分けると、以下の2種類に分かれる。

  • LINE Payカード
  • LINE Pay以外の「一般的なクレジットカード」

LINE Payカードの登録はLINEアプリから

LINE Pay カードでQUICPayを利用したい場合、カードの登録はLINEアプリから行う必要がある

その手順は、以下の通りだ。

LINEアプリの右端のタブを開く

まず、LINEアプリを開き、一番右のタブを開く。すると、LINE Payの残高が表示されるので、その数字付近をタップする。

もし、LINE Pay自体の登録がまだであれば、以下のページを参考に、LINE Payの登録が必要だ。

QUICPayをタップする

残高をタップすると、LINE Payの管理画面が表示される。

その中の「QUICPay」というアイコンをタップすると、Google Payへの登録が開始される。

以降は、画面に沿って進めていくだけだ。

最後まで進めると、Google PayアプリにLINE Payカードが追加されている。

Google PayにLINE Payカードが登録された

LINE Pay以外の「一般的なクレジットカード」は、カード情報をスマホに入力して登録

LINE Pay以外の一般的なクレジットカードは、Google Payアプリから、利用したいカード情報をスマホに登録する

手順としては以下の通りだ。

Google Payアプリからカードを追加する

まず、Google Payアプリを開き、「支払い」タブを選択する。すると、画面下に「+お支払い方法」というボタンがあるので、これをタップする。

「クレジット/デビット/プリペイド」を選択する

追加するカードの種類を聞かれるので、「クレジット/デビット/プリペイド」を選択する。

Google Payアプリでカードを読み取る

スマホのカメラが起動するので、フレームにカードを合わせる。

もし、うまく読み取れないのであれば、「カード情報を手動で入力する」から、手入力も可能だ。

カード情報の読み取りが完了すると、住所入力画面や、利用規約に関する説明が表示される。

問題なければ、画面最下部の「保存」をタップすれば、完了だ。

QUICPayを使うにはメインカードの設定が必須

Google PayでQUICPayを使うには、最後にメインカードの設定が必要となる。

このメインカードとは、実際にQUICPayで支払うときに、利用されるカードだ。

メインカードを設定していなければ、QUICPayが使えないので、注意しなければならない。

Google Payの「支払い」タブを開くと、QUICPay対応カードには「Q」のようなアイコンが付いている。

QUICPay対応のマーク

その中から、メインカードに設定したいものを選び、「QUICPayのメインカード」をONにする。

QUICPayのメインカードに設定

これで、QUICPayで支払いを行うときは、スマホでの操作が不要だ。

支払い時にQUICPayのカードは選択できない

Google Payに、複数のQUICPay対応カードを登録していると、支払い時にカード使い分けたい。

しかし、Google Payの場合、支払い時にカードを選ぶことが出来ない

もしも、メインカード以外のQUICPay対応カードを使う場合、その度にメインカードの設定をしなければならない。

しかも、メインカードの変更には、処理に10秒近くかかる。

正直、これはかなり面倒だ。

Apple Payでは、iPhoneの電源ボタンを2回押すだけで、簡単に支払うカードを切り替えられる。

それに比べて、Google Payのこの仕様は、不便すぎる。

QUICPayの使い方

QUICPayでの支払いは、とても簡単だ。

QUICPay対応店舗でQUICPayを使うには、支払い時に「QUICPay(クイックペイ)で」と、店員に伝える。

すると、店員がレジを操作するので、「どうぞ」などと言われたら、スマホをリーダーにかざす。

このとき、メインカードを設定していれば、スマホの操作は一切不要だ。

QUICPayでの支払い

ここで注意してほしいのが、処理に1〜3秒ほどかかる、ということだ。

この間に、スマホをリーダーから放したりすると、エラーになるので、注意が必要だ。

終わりに

Google PayでQUICPayを使うメリットは、

  • QUICPayの登録が簡単
  • スマホさえあれば決済出来る
  • 決済はスマホをかざすだけ

という点だ。

Google PayとQUICPayであれば、誰もが日常的に持ち歩いている、スマホだけで決済が可能になる。

スマホをかざすだけなので、カード決済よりも簡単で早い。

また、コンビニなどを中心に、多くの店舗がQUICPayに対応している。

僕もコンビニなどでは、すべてQUICPayを利用しているが、その便利さは実感しているので、今後更に普及していくのを期待したい。

Pixel 3について

Google製品のレビューは、Google Product Expertsの「Yuhei FUJITAさん」が、徹底的にレビューをしています。

Pixel 3

Google Pixel 3開封レビュー。iPhone 8を意識した、Androidユーザー待望のリファレンスモデルをチェック

2018年11月20日
Pixel 3純正ケース

Google Pixel 3純正ケースレビュー。ファブリック素材の高級ケースの魅力と欠点をチェック

2018年11月25日
Google Pay

Pixel 3から日本で本格展開したGoogle Payとは?おサイフケータイやApple Payと何が違う?比較してみた

2019年1月26日
Xperia XZ3とPixel 3の比較

Pixel 3とXperia XZ3 比較レビュー。操作性・画面の美しさはどちらが上?2018年ハイエンドAndroidを使って分かったことを解説

2019年3月19日
チー
今、ドコモオンラインショップでPixel 3を買うと、端末購入サポート対象なので、かなりお得に買えます。

2019年3月一杯のキャンペーンと思うので、お早めに!
ドコモオンラインショップ特価情報2019年3月1日以降

【セール情報】ドコモ最新モデルの「Pixel 3」、旧モデル「Xperia XZ2・Xperia XZ2 Compact」などがMNP・新規契約・機種変更でも端末購入サポート入りで値下げ(2019年3月1日〜)

2019年3月1日
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモでPixel 3を購入する

Pixel 3はGoogleおよび、docomo・SoftBankから販売されています。

GoogleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、手数料や頭金がないオンラインショップがおすすめです!

ドコモオンラインショップはお得

スマホをネットで買うメリットは?ドコモオンラインショップは新規契約・MNP・機種変更の事務手数料が無料!

2014年9月27日

新生活に向けてスマホを「学割」で買おう

新生活(進学・就職・引越しなど)に伴い、スマホやタブレットを買うなら、「学割」をうまく使うと通信費用が安くなるので購入時期としては一番おすすめです。

「学割」と聞くと、中学生・高校生・大学生くらいが思い浮かびますが、「25歳以下」なら適用対象なのでわりと簡単に使えますよ。

チー
我が家では、小学生になる子供用に「学割」でスマホを買ったよ。キッズ携帯より断然やすい、「月280円」回線!
小学生の子供にドコモの学割でiPhoneを購入した理由

小学生1年生になる子供に、ドコモの学割でスマホを購入。キッズ携帯より安い月額280円と位置情報サービス(GPS)が決め手

2019年1月21日
\ ドコモの学割は最大13ヶ月間1,500円引き /

ドコモオンラインショップをチェック

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

ドコモは店頭が非常に混み合っており、購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
メリットは以下です。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でも大きなメリットがありますよ。

そして、万一「在庫無し」でも、予約すれば必ず入荷することは覚えておこう!
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモオンラインショップをチェック

最新キャンペーン

ドコモオンラインショップ「SPECIAL CAMPAIGN 」
チー
年度末の3月は最もスマホが安く買える時期で、キャンペーンも毎日やっているので購入のチャンス!
ドコモオンラインショップ「SPECIAL CAMPAIGN 」

ドコモオンラインショップ「SPECIAL CAMPAIGN」開始。Xperia・Galaxy・iPhone・iPad人気モデルが安く買えるチャンスも!?【2019年5月31日まで】

2019年2月1日

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年3月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK