ドコモショップでiPhone 6sを新規契約しました。頭金やオプション強制もなく顧客対応品質の向上を実感しました

先日iPhone 6s ローズゴールド(docomo版)を購入した。

今回はMNPによる新規契約で購入したため、ドコモショップの店頭で購入したのだが、購入前に1つ不安があった。

要らないオプションの契約をきっと求めてくるんだろうなぁ

という不安。もちろん契約後解除すればよいにしても、その手続きそのものが面倒だし、要らないものを契約させられるというのはあまり良い気分ではない(解約忘れによる課金を狙っているのも見え見えなので)。過去にはそういう事が沢山あったので、以来オンラインショップを利用する事が多かったのだが、なんとこの不安は杞憂だった。

ドコモショップの対応って随分良くなってるんだなぁと少し感動したので、紹介しようと思う。

新規契約時はオンラインショップより店頭での購入がよい理由

僕はiPhone 4S以降毎年最新のiPhoneを購入している。だが、購入方法は様々だ。

モデル 購入方法 利用店舗
iPhone 4S SoftBankで機種変更 SoftBankショップ
iPhone 5 auでMNP新規契約 auショップ(トヨタ店PiPit)
iPhone 5s auでMNP新規契約 auショップ(トヨタ店PiPit)
iPhone 6 docomoで機種変更 ドコモオンラインショップ
iPhone 6s docomoでMNP新規契約 ドコモショップ

近年はどのキャリアもオンラインショップを充実させており、新規・MNP・機種変更に関係なく、利用が可能となっている。

だが、新規・MNPは本人確認書類が必要になるなど、契約手続きが複雑になるため、オンラインショップだと商品が届くまでに時間がかかる。

例えばドコモオンラインショップの場合商品が届くまでに、機種変更だと 2日程度 だが、新規・MNPの場合 10日程度かかる 。この差はめちゃくちゃ大きい。

iPhone 6sのように発売直後の製品なら、なるべく早く手に入れたいしこのタイムラグは非常に大きいのだ。

さらにいえば、docomoの場合機種変更時にオンラインショップで購入すれば、手数料2,000円(税別)がかからないが、ドコモショップ店頭で手続きすると手数料が発生するため、価格的にもオンラインショップを利用するメリットがある。

だが、新規・MNPの場合、新規契約事務手数料3,000円(税別)はどちらにせよ発生するため、オンラインショップを利用するメリットはかなり薄くなる。

メリットは店頭に行かなくて良いこと、オプション契約などが自由に選択出来ることくらいだろう。

店頭で購入すると不要なオプション契約を強制される問題

特にiPhone 5発売時(2012年)に僕はauショップで嫌な思いをした。
店頭で購入しようとしたら、頭金と呼ばれる手数料を求められたり、その頭金を無料にするために、いくつかのオプション契約を強制されることがあった。

今でもこういうものはMNP一括0円や高額キャッシュバック付きの契約をする場合は求められると思うが、これはある意味仕方ないと思っている。何故なら数万円する端末が 0円(無料) で購入出来るなんて美味しい話には、裏があるのが当然だからだ。

しかし、発売直後の端末を 定価 で購入する場合はわけが違う。定価で購入するのに、オプション契約を求めるなんて筋違いだと思う。

事実、SoftBankではこういう事が今でも行われているようで、

docomoもきっと同じだろうなぁと、店頭に行くまで実はかなり憂鬱だった。ところが、全く違った。

ドコモショップ店頭ではオプション契約を勧められることすらなかった

前置きが長くなったが、僕がiPhone 6sを実際にドコモショップで購入した時の話。
店舗は「ドコモショップアリオ倉敷店」。オープン時間に合わせて朝9時に来店予約をして、手続きを行った。

基本プランは「カケホーダイプラン」一択(データプランがよかったが、MNPの場合キャンペーンでカケホーダイプランがドコモにチェンジ割で1年間半額なのでこちらの方が安い)、パケットパックは僕の回線のシェアオプション。

ここまでは円滑に手続きが進んだ。そして、

保証サービスはどうされますか?「AppleCare+」と「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」があります。

と聞かれて、これは「AppleCare+」を選択。
さあ、ここからだ、と思っていたら、それで終了w
てっきり「フォトコレクションプラス」、「dビデオ」、「dマガジン」などのdなんたら系サービスの加入を勧めてくるかと思ったら、提案すらしてこなかった。これには流石に驚き。ただ、お陰で不毛なやりとりもなく、とても気分よく手続きを終えることが出来た。

iPhone 6s発売直後で店頭が混み合う時期で店舗としても短時間で手続きを終えたい(事実この日は夕方まで来店予約でほぼ埋まっていたようだ)、僕が「契約内容はもう決めてます」と事前に宣言していた、などの事情もあったかもしれない。

ただ、店頭で購入することの悪いイメージがかなり薄くなり、ドコモショップ ってちゃんとしてるなぁと感じた事だけは間違いない。

終わりに

家電量販店でiPhone 6sに機種変更した友達は、オプションを勧められたらしいので、全てのお店がこのような対応を取っているわけではない。だが、少なくともドコモショップにおいては、オプションサービスの契約をあまり強く訴求しないような対応が取られているのかもしれない。

docomo・au・SoftBankの大手キャリアの3社は同質化が進み、差別化は非常に難しくなっている。値下げすれば他社がすぐに追随するし、安さ追求ならMVNOには勝てない。そうなると差別化ポイントは、回線品質店頭を含む顧客サポート だと思うが、これらはあまり目に見えないだけに僕もあまり意識しなかったが、今回それを少し実感したような気がする。

僕は別にdocomo信者ではないし、実際au回線も契約しているが、数年前まで叩かれまくっていたdocomoが、いつの間にかかなり巻き返してきてるというのは会計や契約者数の数字だけじゃななくて、本当なんじゃないかと思った。同質化の結果として だったらdocomoにしとこうかな なんて思う人が、増え始めているのかもしれない。

そして、必要なオプションならともかく、「30日経ったら解約していいです」みたいな、店舗都合のサービスの契約を求められず、安心して店頭で手続きできるという安心感は大きい。

まあ、こんな事を気にしなきゃいけない事自体がおかしいという話はあるにせよ、「さすがdocomoだな」と思わずにはいられなかった。

SPONSORED LINK

docomoのサービスに関する記事

docomoユーザーなら必携!dカードの申込はこちらから

  • 年会費無料でとりあえず持つならdカード
  • dカード
  • ポイントの還元率が10%となり一番お得なdカードゴールド
  • dカード GOLD
SPONSORED LINK