第4回アイドル楽曲大賞2015の投票内容。2015年はまりえ(34)のメジャーデビューが最大のトピックでした

2015年もいよいよ師走。

振り返りとかをやりたくなる季節だが、アイドル好きには恒例行事がある。その年発売した、Hello! Projectの楽曲の人気投票をしようという2002年から始まった企画 ハロプロ楽曲大賞 のスピンオフとも言える、アイドル楽曲大賞 だ。この企画も今年で既に4回目。

昨年は余りハロプロ以外のアイドル楽曲を聴かなかったが、今年は色々あったので2年振りに投票する事にした。

以下投票内容。

メジャーアイドル楽曲部門

4位~5位

該当無し
※投票サイトの関係上4位と5位も投票したが、あまり意味はない

3位:LoVendoЯ「いいんじゃない?」

モーニング娘。6期メンバーで、2013年5月に卒業するまでグループの中心で有り続けた田中れいなが、メインボーカルを務めているガールズバンドLoVendoЯ(リボン)。

ミニアルバムは発売しているし、ツアーも既に開催しているし、僕はてっきりメジャーデビューしているのかと思っていた。なのだが、何とメジャーデビューシングルってリリースしていなかった。というわけで2015年7月1日に、満を持して(?)メジャーデビューしたLoVendoЯの1stシングル。

曲を聴いて思ったがじっくり育ててきてるんだなぁと思う。こういう活動をする元アイドルは珍しいと思うが、頑張って欲しいし、応援したい。しかし、メジャーデビューシングルに伴い、首都圏では握手会などのイベントも行われたそうで、元とは言え 全盛期に所属していたモーニング娘。メンバーと1,000円で握手できる とかちょっと笑ってしまう。

実際、先日℃-uteコンサートに行った時連番した友人が行ったらしいのだが、

ほんとにれいなだよなぁ

って言いまくってしまったそうで、そんなヲタクに、

うん、れいなだよ!

ってめっちゃ笑顔で対応してくれたんだそうだ。でも、この気持ち分かるんですよね。違和感ww

2位:SUPER☆GiRLS「ギラギラRevolution」

ここ数年僕が応援し続けているのがiDOL Street所属のSUPER☆GiRLS(スパガ)。
2014年最終リリースの曲が、音頭 でこれには呆れるのを通り越して、ガッカリしてしまった。

以来すっかり興味が薄れていたのだが、その次のシングルであり2015年1枚目のシングルである「ギラギラRevolution」。スパガらしい結構いい曲なのです。これが2年前ならもうちょっと話題になったと思う。だが、さっぱり話題にならない事が、グループの置かれている現状を表していると思う、、、

1位:まりえ(34)「EMPTY∞world」

何と言っても今年はまりえ(34)さんに尽きる。
といっても未だに1度もライブ等を見たこともないし、お会いしたこともない。だが、この曲の作詞を担当しているへなぎ氏とは長い付き合いなので、色んな意味で驚いた。

この曲最終的にオリコンウィークリー27位を獲得した。高校生の頃から知っている子が、メジャーの作詞家である。ほんと凄いなぁと。作曲だと「へー凄い」で終わるのだが、作詞だと本人を知っているだけに色々考えてしまって、そういう意味でもハロプロ以外で今年一番よく聞いた曲じゃないかと思う。

ちなみにこのCDは応援の意味も有り最終的に10枚買ったのだが、後日初回限定B盤のジャケットデザインをした岸田メルさんの直筆サイン色紙が届いたw

しかも、僕が大好きな「トトリのアトリエ」のトトリちゃんでw

インディーズ/地方アイドル楽曲部門

何も見てないので該当無し。

が、2015年はこの枠だが、来年は恐らくメジャーデビューすると思っていて、2016年注目のアイドルはiDOL Street所属のわーすた であることだけは宣言しておこうと思うw

アルバム部門

アルバムはは購入していないため該当無し

推し箱部門

SUPER☆GiRLS

先日℃-uteのコンサートに初めて行った時も思ったが、やっぱり僕はハロプロが好きなんだなと最近よく思う。

だが、幸か不幸かこの世界に僕を再び引き寄せたのはハロプロではなく、スパガ。特にその中心メンバーであるあみたこと前島亜美には頑張って欲しいと思っていて応援している。あみたとは今年初めて握手したのだが、

ほんといい子なんですよw
しかし、前述の通り、ブレイクしきれなかったスパガは明らかにグループの勢いが落ちている。中途半端に長くなってしまったキャリアが邪魔しているように思う。

アイドル自身はもちろん、ファンにも訪れる マンネリ というジンクス。スパガは今まさにその状態。これを突き破れるかどうかが今後の鍵で有り、改めて目標に掲げている武道館公演を実現するための最低条件だと思うのだが、来年は何とかその糸口を掴んで欲しいなぁと思う。

終わりに

いつまでアイドル見るんだというツッコミはよく受けるのだが、最近はもうやめるとか・我慢とか・いい年だからとか、考えないことにした。なので積極的に見ていきますw

広い意味でのアイドル業界はとにかく変化が激しい。売上げ的にも露出という意味でも、安定しているのはごく一部で、特に地方アイドルなんて来年存在しているかどうかすら分からない。

これが、組織としての安定感があるハロプロとの大きな違いで、見たいと思うものがあれば、躊躇せず見に行くべきと思っている。来年はそんなアイドルに出会えるかなぁ。楽しみだw

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK