これは楽!iPadでWEBやアプリのID・パスワードを、1Passwordから楽にコピペする方法

iPadでログイン情報の入力を簡単に実行する iPadの使い方
SPONSORED LINK

スマホ・タブレットのID・パスワード(ログイン情報)の入力って、面倒じゃないですか?

僕は、ID・パスワードの管理は1Passwordを使って一元管理している。

  • iPhone・iPad
  • Mac(主に自宅)
  • Windows(主に会社)

ほぼこれに保存している。

このため、ID・パスワードの入力はコピペが基本となる

この記事では、Slide Over(スライドオーバー)を利用して、これを楽にする方法を紹介しようと思う。

パスワード管理サービス『1Password』を前提にしていますが、同種のサービスでも基本は同じことができます
SPONSORED LINK

ブラウザ(Safari)からID・パスワードの入力は一発

一番早いID・パスワードの入力方法は、1Passwordの場合エクステンションから起動する方法だと思う。

エクステンション経由のログイン情報入力

こんなものだ。

ただ、これには1つ欠点がある。

ブラウザ(Safari)でしか使えない

ということだ。
さらに言うと、アクセスしているURLと1Passwordで管理しているドメインが一致している必要がある

なので、上記に該当しないケース、具体的には、

  • アプリのログイン情報入力
  • ドメインが一致しないケースでのログイン情報入力

では、コピペによる入力となる。

1Password 7.0.6(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: AgileBits Inc. – AgileBits Inc.(サイズ: 93.1 MB)

一般的なID・パスワードの入力方法

その、コピペでの入力はこんな流れだ。

  1. 対象サイトにアクセス
  2. 1Passwordを起動
  3. IDをコピー
  4. IDを貼り付け
  5. 1Passwordを起動し、パスワードをコピー
  6. パスワードを貼り付け

という感じ。
文字にするとすぐのような気もするが、アプリ切替をいちいちするのは案外面倒くさい

これを解決するために、1PasswordをSlide Over(スライドオーバー)で表示させる。

Slide Over(スライドオーバー)を使ったID・パスワードの入力方法

Slide Over(スライドオーバー)はiOS 9の頃から導入されているが、iOS 11から登場したDock機能とセットにすることでかなり便利になった

具体的には、

Slide Over(スライドオーバー)の起動

下からスワイプしてDockを起動し、このように、Dockにある1Passwordアイコンを、ブラウザの上にかぶせるとSlide Over(スライドオーバー)になる。

下からスワイプしてDockが起動出来る

これがポイントだ。

実際に使う場合、

右端からスワイプすると起動する

画面右端からスワイプすると起動する。

ブラウザに被さる

この時、画面に被さっていることがポイントだ。

この状態で、1Passwordを起動するとID・パスワードが検索出来る。

そして、このID・パスワードはコピペするのではなく、

ドラッグ&ドロップで入力

ドラッグ&ドロップで入力するのが重要だ。
タッチデバイスでは、コピペよりはドラッグ&ドロップの方が早いケースがあり、今回は典型的なパターンだろう。

右にスワイプすると消える

そして、用がなくなった1Passwordは、右にスワイプすると消える

さらに言うと、再表示は画面右端からスワイプで可能となる(記憶されている)

アプリも端末を選ばないのが便利

実はこの方法、僕が元々知っていたわけではなく、岡山スマホユーザー会で聞いたのがきっかけだった。

出来ることとしては何と言うことでもない。

ただ、この機能の素晴らしいところは、

利用するアプリを選ばない

ということに尽きる。

Safariであればエクステンションから1Passwordを起動すればよいが、それができない場合でもこの作戦は使える。

Slide Over(スライドオーバー)はOS標準機能で、アプリ個別での対応は不要

だからだ。
条件はiOS 11対応のみで、iPad Proとかminiというデバイスの種類も関係ない(ただしiPhoneは不可)

Slide View(スプリットビュー)は使いづらい

ちなみに、同種の使い方としてSlide View(スプリットビュー)もあるのだが、これは簡単に消すことができず、表示領域も狭くなるためあまりオススメはしない

【小技】1PasswordはDockの右側に

ちなみにこの使い方をする上で、ちょっと便利になる小技がある。

それは、

1PasswordはDockの右側に配置する

ということだ。

Slide Over(スライドオーバー)の起動

アイコンをドラッグ&ドロップする距離が短くなるのでオススメ!

終わりに

今回紹介したことは、普段iPadをよく使う方にとっては、「何をいまさら」という話かもしれない。

だが、iPadを、

としてしか使っていない僕にとっては、目から鱗と言える使い方だった。

是非試してみて欲しい。

1Password 7.0.6(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: AgileBits Inc. – AgileBits Inc.(サイズ: 93.1 MB)

iPad Pro

Apple Pencilは鉛筆・ボールペンとノート代わりになるか?ガジェット感がなく自然に使えることが魅力

2018年3月31日

iPad ProはAppleおよび、大手キャリアから販売されています。

AppleではWi-Fi版およびSIMフリー版、キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、手数料や頭金がないオンラインショップがおすすめです!

ドコモオンラインショップはお得

スマホをネットで買うメリットは?ドコモオンラインショップは新規契約・MNP・機種変更の事務手数料が無料!

2014年9月27日
ゆうた
ドコモショップでiPad Pro予約しても、ちっとも入荷しないから、我慢し切れずAppleのSIMフリー版買っちゃったよ……。
チー
ドコモに限らず、キャリアのCellular版iPad Proは常に在庫切れだね。

ただ、予約すれば時間はかかっても「確実」に入荷するし、オンラインショップの方が優先的に入荷しているらしいよ。
ゆうた
マジか!オンラインショップで予約しとけば良かった……。
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモでiPad Proを買う

ドコモオンラインショップで在庫無しのiPhone Xを予約購入

ドコモオンラインショップで在庫無しのスマホを予約すると、どのくらいで入荷する?予約分は必ず入荷するよ

2018年12月12日

新生活に向けてスマホを「学割」で買おう

新生活(進学・就職・引越しなど)に伴い、スマホやタブレットを買うなら、「学割」をうまく使うと通信費用が安くなるので購入時期としては一番おすすめです。

「学割」と聞くと、中学生・高校生・大学生くらいが思い浮かびますが、「25歳以下」なら適用対象なのでわりと簡単に使えますよ。

チー
我が家では、小学生になる子供用に「学割」でスマホを買ったよ。キッズ携帯より断然やすい、「月280円」回線!
小学生の子供にドコモの学割でiPhoneを購入した理由

小学生1年生になる子供に、ドコモの学割でスマホを購入。キッズ携帯より安い月額280円と位置情報サービス(GPS)が決め手

2019年1月21日
\ ドコモの学割は最大13ヶ月間1,500円引き /

ドコモオンラインショップをチェック

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

ドコモは店頭が非常に混み合っており、購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
メリットは以下です。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でも大きなメリットがありますよ。
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモオンラインショップをチェック

最新キャンペーン

ドコモオンラインショップ「SPECIAL CAMPAIGN 」
ドコモオンラインショップ「SPECIAL CAMPAIGN 」

ドコモオンラインショップ「SPECIAL CAMPAIGN」開始。Xperia・Galaxy・iPhone・iPad人気モデルが安く買えるチャンスも!?【2019年5月31日まで】

2019年2月1日

iPad Proに関するおすすめ記事

iPadを比較する

iPad・iPad Proの容量(ストレージ)は32GBか64GBで十分足りる?私の選び方は「最小容量」

2015年9月21日
iPad Proおすすめの容量は?

iPad Pro第3世代の容量(ギガ数)はどれがおすすめ?256GBは必要?お絵かき程度なら64GBで十分です

2018年3月17日
iPad Proは手書きデバイスとして便利

遂に見つけたiPad Pro+Apple Pencilの活用術。PDF化して校正・手書きノートとして使うのが便利!

2018年3月11日

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年2月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK