MacBook Air (2011 Mid)開封レポート。データ通信端末とセット購入して格安でゲット!

昨日、勢いで購入してしまったMacBook Air (2011 Mid)。スペックは以下のような感じだ。

CPU:1.7GHz デュアルコア Intel Core i5
SSD:256GB
ディスプレイ:13inch

内部は大きく変わったが、ディスプレイサイズが13inchなので、ほとんど見た目は変わらない。というわけで、早速開封の儀。
旧MacBook Airを買った時、不具合により新品交換になった時、そして今回、と今年で3回目です。アホですな、、、

開封の儀

DSC02185
箱は旧モデルとほとんど同じ
DSC02186
何度見ても高級感のある佇まい
DSC02187
3極タイプの電源コードかと思ったが、ちゃんと普通のだった
DSC02188
このシールをはがす時のワクワク感がたまらない(3度目でも)
DSC02189
ご尊顔を拝見
DSC02190
Welcome画面がLionから変わったらしいです
DSC02191
何事もなくLionが起動
DSC02193
どーん!バックライトキーボード!!
実際これが役にたつ機会がどれだけあるかは置いといて、かっこ良すぎ。

せっかくなので、新旧2台並べてみた。
DSC02192
どどーん!生きててすみません、、、

後は、普通にセットアップしてデータ移行して完了。まあ普通に触った感じでは旧型と比べて劇的にスピードが早くなったとか、そういう印象は正直全くない。最も違いを感じるのはキーボード。打った感触が微妙に違う。

今回の買い物明細

さて、こんなお馬鹿な買い物して、さぞ金持ちなんだろうなぁなんて思ってる方もいるでしょうが、実際それほどお金はかかっていないのです。まだ旧Airを売っていないので最終的な収支は出ていないけど、こんな感じ。

<本体>

MacBook Air 13inch Corei5 SSD256GB
価格:136,800円
ポイント:13%(11,284ポイント)
     ※データ通信契約による5万円引き後の価格に適用
【小計:125,516円】

<データ通信契約>

Xiデータプランにねん L-02C
本体価格:0円
契約手数料:0円(※Xiは2011年9月まで無料)
PC一括購入割引:-50,000円
JCBギフト券:-2,000円
2年間の維持費:1,000☓24=24,000円
【小計:-28,000円】

<実質価格>

本体:125,516円
データ通信割引:-28.000円
旧Mac下取り:-60,000円(※見込み)
Lionアップグレード料:-2,600円(※新型はプリインストールのため)
【合計:34,916円】

SSDが128GBのものと考えたら、手出しは7,000円程度。こんなものなのです。
注意することは2年後にXiを忘れずに解約することぐらい。
あぶれた費用の殆どはSSDのアップグレード分なので、なかなかお得な買い物だったかなと自己満足している。CPUは大幅に進化し、バックライトキーボード搭載、今のところ使うあてはないがThunderboltもついた。

これで、このAirとは3年くらい付き合えるはず!
さすがに当分嫁の前でパソコンが欲しいなんて言えません、、、w

MacBook Airが新旧2台並ぶ事も滅多にないので、明日は両者の比較でも。

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)

2 件のコメント

  • 見た目はほとんど同じですね。
    キーボードの感触はどう違うのですか?やはりバックライトの関係で違うのでしょうか?
    ThunderboltはAppleの製品ではこれから使うことも多くなるのでしょうね。
    しかし、こうして実物の写真を拝見したらますます羨ましくなってきました。
    またこれからの記事楽しみにしています。(読めば読むほど欲しくなりそう)

  • うーん。説明しにくいんですが、旧型の方が打つときにペチペチいう感じです。新型の方が、押した感触が深いというか、、、
    店頭で一度触ってみたらわかるんじゃないかと思います。

    Thunderboltはおそらく今後もあまり使うことはなさそうですが、あるに越したことはないのでなんか使う機会があれば積極的に使ってみようとは思ってます。