RAVPower「10400mAh モバイルバッテリーRP-PB07」レビュー。iSmart機能搭載・1000回の充電可能など高機能かつ安価なバッテリー

スマートフォン・タブレット・カメラなど電子デバイスが増えた今、必需品と言えるアクセサリはモバイルバッテリー。
既に様々なメーカーが販売しており、価格も安くなってきたがRAVPowerというメーカーさんのモバイルバッテリー「10400mAh 大容量モバイルバッテリー」のレビュー依頼をいただいたので、紹介してみる。

これ、なかなか高機能でお勧めですよ!

RAVPower社「10400mAh 大容量モバイルバッテリー」の特徴

モバイルバッテリー自体はもう一般的なもので、容量・サイズなどはどのメーカーも大きな差異はない。
そんな中でRAVPower社のバッテリーの特徴は、

  • 独自技術「iSmart自動検知機能」を搭載し、ポートを選ぶことなく機器に最適な電圧で充電可能
  • 1000回以上の繰り返し充電が可能
  • 18ヶ月の製品保証あり
  • これだけの機能があってAmazon価格3,800円程度と安価

    という事だろうか。

    特に、独自技術「iSmart自動検知機能」はAnker社の製品でいう「PowerIQ」という技術で、これはとても便利である事はガジェットを多く持つ人なら分かっていただけると思う。

    また、3,000円程度の安価なバッテリーは繰り返し充電は500回という事が多いが、RAVPower社は安価で有りながら1000回の繰り返し充電を可能としている。僕はこれが嬉しいから少し高くてもSONYのバッテリーを使っているのだが、

    もはや使うメリットがなくなってしまったw

    RAVPower社「10400mAh 大容量モバイルバッテリー」の外観をチェック

    DSCF1353
    箱は一般的な段ボール使用。
    DSCF1355
    このスペックが魅力!
    DSCF1356
    DSCF1357
    中には本体、Micro USB 充電ケーブル、取説、そしてポーチがある。ポーチがあるのは地味に嬉しい。
    DSCF1358
    これが本体。デカデカとしたロゴが目を引くw
    重量は240gなので、このクラスのバッテリーとしては比較的軽量な部類。
    DSCF1359
    スマートフォンなどを充電するUSBケーブルを差し込むポート。2つあり、2台同時充電が可能。
    DSCF1366
    「cheero Power Plus 3」と比較。
    見ての通りcheeroは電圧によって差し込むポートが分かれているが、RAVPowerは前述の通りiSmartという機能があるため、ポートを選ばず最適な電圧で充電してくれる。
    DSCF1360
    本体の充電はmicroUSBポートを使用する。
    DSCF1361
    バッテリー残量は4段階のLEDインジケータで確認可能なので、分かり易い。

    終わりに

    モバイルバッテリーは様々なメーカーが販売しているが、1000回充電可能で、電圧の自動調整機能(iSmart)があり、保証も長いため、RAVPower「10400mAh モバイルバッテリーRP-PB07」は非常にコストパフォーマンスが高いと感じた。

    敢えて言えば、「いかにも」って感じの無骨すぎるデザインがマイナスポイントだが、モバイルバッテリーを見せびらかすような人はほとんどいないため、それほど問題にはならないかなと思う。ただ、「女子向け」ではないと思うw

    モバイルバッテリーは機能性と容量重視!って人には、お勧めだと思う。

    SPONSORED LINK

    SPONSORED LINK