au系MVNO「mineo」のお勧めプランと契約時の注意点とは

mineo.jpg

8/18にau系のMVNOであるmineo(マイネオ)が驚きの発表を行った。

なんと契約期間の縛り無しで、新規契約なら最低6ヶ月、2015年8月中の申込なら9ヶ月1GBなら無料、3GBなら100円で使えてしまうという驚きのキャンペーンだ。

MVNOをお試しするには最適!

このキャンペーンは2015年10月31日で終了しました。

mineoのキャンペーン概要

詳しくは以下をご覧いただきたい。

概要としてはこんな感じだ。

  • 従来au回線のMVNOサービスのみ提供していたが、2015年9月よりdocomo回線のMVNOサービスを開始
  • このサービス開始に合わせて料金は改定。1GBが800円、3GBは900円となる
  • au回線とdocomo回線間のキャリア変更も、手数料2,000円で可能
  • 複数回線割/家族割で1回線あたり50円割引
  • 割引キャンペーンを開始し8月18日~10月31日までに申し込むと、月額基本料6カ月相当分(800円×6)が割引
  • docomoプランを先行予約するとさらに3ヶ月分(合計800円×9)割引される
  • 契約期間縛り無し(2015年7月から開始済)

ポイントは、契約期間の縛り無しで、最低でも6ヶ月間無料で使えるという事だ(新規契約事務手数料は必要)。

プラン 割引期間 割引金額(税別)
auプラン(Aプラン) 6カ月 800円 * 6カ月 = 4,800円
docomoプラン(Dプラン) 9カ月 800円 * 9カ月 = 7,200円
AQUOS SERIEセット購入(Aプラン) 30カ月 800円 * 30カ月 = 24,000円

これはお試しで使うのに最適だし、何より滅茶苦茶安い。
MVNOは既に多くの業者が乱立しており、料金競争も限界になりつつある。なのでここまでの大盤振る舞いも珍しいが、それにはmineoが過去に起こした問題に起因すると思う。

mineoの黒歴史

それは、iOS 8になってau系のMVNOではiPhone・iPadでデータ通信が出来なくなってしまうと言う問題に起因する。当時(2014年9月頃)は契約期間縛りを設けていたため、使えなくなったユーザーは違約金を支払って解約した。これによってかなり信頼を失った。

そういった経緯もあってか、2015年7月1日よりMNP転出を伴わない解約については、手数料がかからなくなった。
今回のキャンペーンはその禊ぎという一面もありそうだ。

キャンペーンでmineoを利用する上での心構え

一見ものすごくお得に感じるが、安いにはわけがあるというわけで、落とし穴があるのは間違いない。その落とし穴とは、契約的なものではなく、「実際使い物になるか」という部分。

僕と同じような事を考える人は当然多いため、一時的にユーザーが激増する。当然mineoの運営会社ケイオプティコムとしても想定はしているだろうが、通信速度の低下は避けられないと思われる。

これで使い物にならなかったら叩かれる事になるため、このさじ加減が難しいところ。
まあ、朝夕の通勤ラッシュ時間帯、平日のランチタイム、ターミナル駅など人が多いところ、こういう場所では1Mbpsも速度が出ず、使い物にならない事が多いという事は覚悟しておいた方が良いかと思う。

ただ、mineoは1つ大きなメリットがある。SMSオプションが無料なのだ。
※auプランのみ。docomoプランは月120円かかる

特にタブレットなどデータ通信専用端末で使用する場合、docomo系MVNOではデータ通信専用SIM(mineoでは「シングルタイプ」という名称)を契約する人が多いが、アンテナピクトが立たない、LTE網を掴むのに時間がかかるなどの難点がある。これを解消するためには、SMSオプションを契約するのが望ましいのだが、

通常は月100~200円の費用がかかる。mineoは無料なのでこれは大きな魅力。

mineo「史上最大のキャンペーン」をフル活用する方法

料金体系はauプラン(Aプラン)、docomoプラン(Dプラン)ともに共通で以下のようになっている。

プラン 500MB 1GB 3GB 5GB
auプラン(Aプラン) 700円 800円 900円 1,580円
docomoプラン(Dプラン) 700円 800円 900円 1,580円

とりあえず無料で使うなら1GBで契約すれば良いと思うが、実質100円で3GBまで通信出来るためこちらの方がお勧めだ。

さらに、2回線以上申し込めば複数回線割が適用され、SIMは分かれるものの月間6GBの通信量が月100円で手に入るという冗談みたいな話になる。

お勧めの契約は?

先日IIJの発表でau系MVNOとiOS 8でのデータ通信に解決策が見えつつあるが、まだ解決には至っていない。つまり、iPhone・iPadで利用する場合実質的にdocomoプラン一択となる。

これは予想だが、docomoプランは通信速度的にかなり厳しくなると予想されるので、穴場はauプランだと思う。特にSIMフリー・SIMロック解除したdocomoのAndroid端末で使おうと思っている人なら、端末によってエリアが狭くなる可能性はあるが(auのAndroid以外だと、少なくともLTEしか使えないと思った方が良い)、十分検討の価値がある。

終わりに

と言うわけで、地雷臭もあるが半年して使えなければ解約すればいいので、僕はauプランを申し込むことにした。

MVNOを体験するにはちょうど良いサービスなので、興味がある人はこの機会に申し込む事をお勧めする。

ちなみにこの契約に当たって、ポイントサイトのハピタスを経由すれば500ポイント(実質500円)ゲット出来るので、アカウントをお持ちで無い方はこの機会に作ってみるのも良いかと思う(ハピタス内で「mineo」で検索し、そこのバナークリックから契約)。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

mineoの契約はこちらから!



お勧めMVNO

2016年12月現在では以下のMVNOがお勧めです。
  • DMM mobile
    MVNO最大手であるIIJmioと同じ回線で、通信量が1GBからとより安価に始められます
  • OCN モバイル ONE
    NTT系列の安心感が魅力。通信速度が低下しても回線増強がわりと早いです
  • mineo
    MVNOはdocomo回線を使うものが多いですが、au系を使うならここ。キャンペーンも充実しています。
  • ぷららモバイルLTE
    速度が3Mbpsに制限されますが無制限に通信出来る事が最大の魅力です

MVNO(格安SIM)の感想・注意点・コラムの一覧

SPONSORED LINK