スマホをシンプルに立てかけたい!Spigen「メタルキックスタンド」レビュー【PR】

これが立てた状態

特にスマホで動画を見る際に、横向きにして立てて使いたいというシーンは結構ある。

そういう時大抵は、ペンケースみたいなものに立てかけることが多いのだが、近年のスマホは大型化した影響もあり、手帳型ケースなどスタンド機能を内蔵するケースが増えて来た。

だが、これらのケースは構造上どうしても大きくなってしまうため、敬遠する人も多い。僕もどちらかと言えばその部類だ。

そんな人におすすめのスタンドが裸のスマホ、薄型ケースに貼り付け可能なコンパクトスタンド。

今回Spigen社から、そんな特徴を持つスタンドのレビュー依頼をいただいたので紹介しようと思う。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

Spigen「メタルキックスタンド」

パッケージ

パッケージ

Spigen「メタルキックスタンド」のパッケージ。
スタンドしかないって感じだ。

ちなみに価格はAmazonで1,690円

スタンドは直径5センチ程度

スタンドは直径5センチ程度

本体とスマホは両面テープで接着

本体とスマホは両面テープで接着

これがスタンド本体。
スマホとは両面テープで接着する形式で、まあこれしかないのだが、非常にシンプル。

取り替え用が付属しているのが嬉しい

取り替え用が付属しているのが嬉しい

地味に嬉しいのが、取り替え用(スペア)の粘着テープが付属していること。

この手のスタンドは、

  • 機種変更
  • 使いたいデバイスが変わった
  • 要らなくなった

などの理由で取り外しは比較的頻繁に行われることは間違いない。

その時に気になるのは、粘着力が落ちることで、スペアがあるとそれが解決するので非常に助かるのだ。

保護フィルムを剥がしたスタンド。とてもシンプル

保護フィルムを剥がしたスタンド。とてもシンプル

これが保護フィルムを剥がしたスタンド本体。

メタル素材で質感は高く、Spigenロゴも嫌みな感じが全く無い。

金属製で中にはマグネットが内蔵

金属製で中にはマグネットが内蔵

キックスタンドのため、スタンドがビヨーンと出てくるのだが、収納時はマグネットで引っ付くため、プラプラして邪魔になるということはない。

取付方法と使い方

任意の場所に貼り付け出来る。ケースの上でも可能

任意の場所に貼り付け出来る。ケースの上でも可能

早速手持ちのiPhone 6sに装着してみた。

取付方法と言っても特別なものはなにもなく、任意の場所に貼り付けたら終わりという非常にシンプルなもの。

今回はiPhoneを裸状態にして貼り付けたが、ケースでも平らな面であれば問題なく使用できる。

ちなみにお勧めの設置場所は、

スマホの上側

だと思う。
理由はスタンドを付けた状態で、机の上とかに置くとスマホ上部が盛り上がった状態になる。

これが下に貼り付けると逆なので、机においた状態で使いにくくなると僕は思う。

必要十分なスタンド

必要十分なスタンド

そして、スタンドを出すとスマホを立てかけることが出来る。

角度は固定となってしまうが、動画視聴とかにはちょうどいい角度だと思う。

これが立てた状態

これが立てた状態

後ろからみた様子

後ろからみた様子

正面と後から見た状態。

シンプル故に完璧なスタンドとはさすがに言えないが、必要十分な機能だと思う。

ただし縦向きでは安定感が悪く、メーカーは推奨していない

ただし縦向きでは安定感が悪く、メーカーは推奨していない

このような仕組みのため、注意点もある。それは、

縦向きでは使用できない

ということだ。
見ての通り安定感が悪く、ほぼ確実に倒れてしまう。メーカーも推奨していないため、この使い方はやめる事を強くお勧めする。

キックスタンドって必要?キックスタンド内蔵ケースの便利さ

Spigen社「スリムアーマー」はキックスタンド内蔵

Spigen社「スリムアーマー」はキックスタンド内蔵

ここまでお読みいただいた方は、

キックスタンドなんているの?

って思う方もおられると思う。基本的には不要だと僕も思う。

だが、僕は2016年3月からiPhone 6sと海外版SIMフリーiPhone 6s Plusの2台持ちとなった。

僕はiPhone 6s PlusをiPadを置き換えるデバイスとして持ち歩いているが、会社では机の横に立てかけている。

イメージは時計なのだが、これが便利。
通知とかが直ぐに確認できるんですよね。

裏側にキックスタンドが内蔵されている

裏側にキックスタンドが内蔵されている

今回紹介したSpigen社のケースだと、スリムアーマー・タフアーマーと呼ばれるケースには、キックスタンドが内蔵されている。

これが地味に便利

これが地味に便利

今回のように後付けではないため、見栄えは良いが、プラスチックなので強度は弱い。

終わりに

キックスタンドの必要有無は、好みが分かれるところかもしれないが、僕はファブレットなど大型のスマホはキックスタンドがあると便利だと思う。

逆にiPhone SEなどコンパクトなスマホにはあまり要らないように思う。

ただ、後付けということで、

  • お気に入りのケースがそのまま使える
  • ケースなしでも使える

というメリットがあるため、キックスタンドってどうなんだろうって悩んでいる人にも、お試しという意味で都合が良いかもしれない。

キックスタンド内蔵ケースに関する記事

動画を快適に視聴するならキックスタンド搭載ケースがお勧め!iPhone 6s Plusにも最適

2016.04.25
SPONSORED LINK