新旧MacBook Air比較。よく見ると分かるLionへの配慮

現在、手元には2台のMacBook Airがある(2010 late、2011 mid)。
古い方は近々旅立つ予定なので、折角だから新旧のMacBook Airを比較してみた。

新旧の違いとしてわかりやすいのは、

・CPUの高速化
・バックライトキーボードの搭載
・Thunderboltポート搭載

まあそんなところだろうと思う。実際比較してみるまでは僕自身もそう思っていた。ところが、よく見るとOSX Lionに合わせて戦略的にリリースされたものなのかな、、、と思う所が何個かあった。

以下、上の画像が新型、下の画像が旧型となります。

DSC02194.JPG
DSC02195.JPG
パッと見の違いは全くない。

DSC02204.JPG
左側面。ここは違いなし。

DSC02205.JPG
右側面。違いはアイコンだけだが、Mini DsiplayPortがThunderboltになっている。

DSC02200.JPG
DSC02199.JPG
キーボード。よく見て初めて気づいたが、F3・F4のアイコンが新型はLionの新機能であるMission Control・Launchpadに変わっている

DSC02201.JPG
DSC02202.JPG
バックライトキーボードが搭載された事により、F5・F6には明るさを調整する機能が割り当てられている。また、画像ではわかりにくいかもしれないが、印字色の白が少し濃くなった感じだ。おそらく、バックライトで透過しやすいような仕組みなのだろう。

DSC02203.JPG
嫁の希望により並べてみたw
まあこんな事ができるのも今だけ。

CPUの高速化や、バックライトキーボードなどわかりやすい部分に隠れているが、特にキーボード周りはLionに最適化されているのがよく分かった。また、キーボードを打った感触も新旧では微妙に違う。これは完全に好みだが、個人的には新型の方が好き。

そういえば、Lionリリースに関して最初のアナウンスがあったのは昨年MacBook Airが発売された時だった。そして、今回Lionの発売に合わせて新型がリリースされた。iPhoneやiPadを使う人に向けた、新たなコンシューマ向けのMac。それがMacBook AirとLionなんだろう。
ポリカーボネートのMacBookが今回ラインナップから姿を消したのも、今後Macといえば一般的に連想するのはAirということにしたい。
そういうAppleからのメッセージなのかもしれない。

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)